2017.02.03更新

レンジフードを比較して理想的な換気扇を選びましょう

レンジフードとは、ガスコンロやIHクッキングヒーターのような加熱器具の上部に設置してある換気扇で、覆い(フード)とセットになっていることが特徴です。フードが調理の際に発生する煙や蒸気を効率よく回収してくれるため、効率的な換気が実現できるのです。
レンジフードは機能のシンプルさからどれでも同じと思いがちですが、実は最新のレンジフードは各メーカーの企業度力により種類や形状、機能も様々で目移りしてしまうほどです。
今回はレンジフードのタイプから、最新のレンジフード情報までレンジフードについてお届けしていきます!
レンジフードの買い替えを検討している方や、新築住宅でのレンジフードをどうするか迷っている方という方は必見です。



こんなにもある!レンジフードのタイプ


換気扇 まずは形です!インテリアやキッチンの雰囲気にこだわりのある方にとってはとても大切ですよね。
レンジフードの形には大きくわけて3の種類があります。

▼ブーツ型
現在普及しているブーツ型は名前の通りブーツの形です。ほとんどのキッチンに取り付けが可能なことから、スタンダード型とも呼ばれているようです。広がった煙を素早く捕えて吸い込むことができます。

▼フラット型
平型、浅型とも呼ばれます。天井が低い場合や、設置する場所が狭いなどの条件でも設置できる形状です。吸い込み口が殆ど天井と平行なため、上を向いての掃除を強いられるのと、音が大きいという難点があります。

▼スリム型
インテリアにこだわりのある方や上で挙げたタイプが少し野暮ったく感じる方にはスリムタイプがおすすめです。凹凸がほとんどありません。現在人気が高く、新しく取り付けられる方はスリム型を選ぶ方が多いようです。清掃のしやすいさはNO1と言って良いでしょう。

次はファンのタイプですが、これも大きく分けて3つです。

▼プロペラファン
昔から換気扇!と呼ばれるものです。レンジフードの中ではブーツ型にのみ組み合わされていますが、元からあったプロペラファンの換気扇にフードを取り付けただけ、というケースも多いです。排気量も多く、音も小さいというメリットがあります。外に直接排気できるのが特徴ですが、このため集合住宅には適していません。

▼シロッコファン
吸い込んだ空気は直接外に排出するのではなく、長いダクトを使用して外に排出するので集合住宅に向いています。レンジフードのファンは現在、シロッコファンが主流であり、スリム型やフラット型はほとんどがプロペラファンではなくシロッコファンが搭載されています。

▼ターボファン
プロペラファンとシロッコファンの長所を合わせたハイブリットファン。音は少し大きめですが、3つのファンの中で最も効率良く排気を行うことができます。

レンジフードを選ぶポイント

ではレンジフードはどうやって選べば良いのでしょうか?
ほとんど毎日使用するレンジフードですから、好みだけではなくお手入れ方法や掃除のしやすさなどを確認したうえで選ぶことも大切です。 日々のメンテナンスで寿命や劣化スピードを緩めることもできます。現在、あらゆる機能を兼ね揃えたレンジフードが登場しています。

・フィルターレス
・汚れが付着しにくいようにファンにコーティングがされたもの
・自動洗浄機能付

各社特に力を入れているのは日々の手入れの手間を軽減できるような機能です。
日々、どれだけレンジフードユーザーの方が換気扇のメンテナンスに苦労しているのかが良くわかりますよね。

レンジフードの交換時期は?


いま、最も交換時期を迎えているものはブーツ型と言われています。
レンジフードの交換時期、ご存知でしょうか?ご自宅や店舗で使用されているレンジフード、もしかして交換時期が迫っているかもしれません。
レンジフードの寿命はおおよそ10年と言われています。意外と短いですよね。10年という目安はありますが、いくつか交換を知らせるサインというのがありますので、下記をご参考ください。

▼レンジフードの掃除頻度が高くなった
残念ながら汚れが目立つ頻度が高くなれば交換時期かもしれません。壁紙やキッチン周りの油汚れが気になったときも、レンジフードがうまく機能していない可能性があるので要注意です。

▼異音がする・ときどき止まる
モーターが異常や故障を起こしている場合が多いです。この場合も、修理より交換した方が良いと思われます。

いずれにしても完全に故障して使用できなくなると室内の汚れや、臭いの染み付きなど、かなり大変です。故障してしまう前に換気扇の不調を察知して交換することをおすすめします。

換気扇掃除

レンジフードの交換はプロにまかせよう!


レンジフード設置工事はプロの仕事です。ただ取り外して取り付けるだけでは終わりません。専門知識豊富なプロにまかせましょう。台所の換気設備は資格を持った電気工事のプロでなければできないこともあります。また、レンジフードはむき出しのプロペラタイプの換気扇と違い、構造が複雑なものも多いです。清掃やメンテナンスはプロにまかせた方が得策かと思います。
清掃の手間が極力減らされているものに関してもずっとメンテナンスが不要というわけではありません。機能が多く、複雑なものほど専門知識豊富なプロにまかせた方が良いでしょう。

まとめ


いかがでしたか?
デザインや機能、キッチンの雰囲気に合うかももちろん大切ですが、日々のメンテナンスのことを考えることも重要です。また、住宅の環境やキッチンの形によっても取り付けられるものが違う場合もありますので、1度プロに相談してみるのもいいかもしれません。 レンジフードを選ぶ参考になれば幸いです。

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼