2017.04.28更新

漏電ってどんな現象? 安全対策と必要な工事について

漏電は、電気器具の中や配線に流れている電気が、外に漏れ出してしまう現象です。もし感電すれば人の命に関わる事故に発展することが考えられます。また、漏電した電気による火災事故の危険性もあります。そのため消費電力の少ない家電製品の漏電でも油断はできません。 万が一漏電を起こしたとしても感電死亡事故や火災に発展するようなことのないようにする対策が必要で、電気工事のプロの力が必要な部分もあります。ここでは漏電が起きるしくみと、漏電による事故を起こさないための対策についてご紹介します。



電気工事

漏電のしくみ


漏電とは読んで字のごとく『電気が漏れている』ことを指します。
屋内の配線や電気機器・電気製品は、本来電気が外に漏れ出さないように絶縁物で覆い、保護されています。しかしこれらが劣化したり、何らかの原因で傷ついたり、防水されていない部分に水をかぶったりすると電気の通る道の外に電気が漏れ出てしまい『漏電』が起こります。

漏電対策は漏電遮断器とアース線で行なう


こういった重大な事故を防ぐために『漏電遮断器』を取り付けることで防止出来ます。漏電遮断器は、少しでも異常な電流が流れると一瞬で自動的に電気を切ることの出来る装置です。
そしてもうひとつ、漏電事故を防いでくれるのが『アース線』です。
電気遮断器で完全に電気を断ったと思っても、微量な電気が流れている場合があります。弱い方や敏感な方はこれでも感電してしまう可能性もあるため、アース線で電気を大地(地面)に放流することが大切です。名のごとく、地球に電気を流してくれるのがアース線です。
電気コードに緑の線が控えめについているのを見たことはありませんか?知らない方も多いようですが、あの緑の配線がアース線です。
漏電ブレーカーがあるから大丈夫と思っている方も多いようですが、漏電ブレーカーはアース線が電気を大地に流したのを察知して作動します。ご自宅の電気機器についているかしっかり確認してください。

新規の取り付け・修理については漏電工事業者に依頼する


いずれにしても、こういった取り付け・修理などの電気工事を専門知識なく自分で行うことは危険です。最初に説明した通り、電気が人に流れると命に関わります。安全に、確実に取り付けを行うためには、電気工事のプロにおまかせしましょう。また、定期的にご自宅の電気設備が安全か確認してもらうことも大切です。

まとめ


電気工事2 いかがだったでしょうか?
普段、生活していて漏電を心配することはあまりありませんが、無頓着で何の対策をしていないのは危険です。漏電遮断器・アース線の取り付けの電気工事をまだ行っていないという方は早めにお願いします。漏電対策は必ず行い、安全に生活しましょう。

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼