電気工事110番 トップページ > ブレーカーが落ちるのはなぜ?原因や症状、対処法

ブレーカーが落ちるのはなぜ?原因や症状、対処法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーが落ちてしまう…その状況から原因と適切な対処法を見つけましょう!

家で電気を使っていると、突然ブレーカーが落ちて家じゅうが真っ暗に!こんな経験を人生で一度は経験したことがあると思います。何度も何度も頻繁に起こるご家庭もあるかもしれません。

 

なぜブレーカーは落ちてしまうのでしょうか?ブレーカーを落ちにくくする方法はないのでしょうか? じつは、ブレーカーの落ち方によって原因が違います。

 

原因が違えば、もちろん対処方法も違います。ここでは、ブレーカーが落ちる原因と、症状別の対策方法を伝授します。

 

落ちたときにどんな症状がありますか?

落ちたときにどんな症状がありますか?

 

ブレーカーが落ちたときの原因は、「家全体の電気が落ちるのか」「一部の部屋だけで電気が落ちるのか」という症状の違いによって判別できます。電気が落ちたら、まずは2つの症状と3つのブレーカーを確認してみましょう。

 

 

家全体の電気が落ちる場合

 

ブレーカーが落ちたときに家中の電気が止まってしまう場合は、アンペアブレーカーが落ちているか、漏電ブレーカーが落ちているという2つの原因が考えられます。

 

アンペアブレーカーは家全体の電力にかかわるもので、ブレーカーの中でもひときわ目立つように設置されているスイッチです。

 

もう一つの漏電ブレーカーとは、漏電を察知すると自動的に電気を止める機能を持ったブレーカーです。赤と黄色のライトと一緒に埋め込まれています。

 

 

家の一部の電気が消える場合

 

一つの部屋だけで電気が使えなくなる場合、安全ブレーカーが落ちてしまっている可能性が高いです。安全ブレーカーは、一つの部屋で電力を管理するものです。

 

小さめのスイッチがいくつも並んでいるのが安全ブレーカーであり、それぞれのスイッチがご自宅の各部屋のコンセントにつながる回路に対応しています。

 

ブレーカーが落ちる原因と対処法

よく起こるのが「電化製品をいくつも使ってブレーカーが落ちた」というトラブルですが、それ以外でも、「家電の消費電力は大きくないはずなのになぜかブレーカーが落ちた」という状況が起こります。

 

先ほどご紹介した3種類のブレーカーは、それぞれどんなことが原因となって電気が使えなくなるのかを知る指標となります。ブレーカー別の対処方法を見てみましょう。

 

アンペアブレーカー

 

【原因】

アンペアブレーカーが落ちる原因はずばり電力の使いすぎです。エアコンや電子レンジ、IHコンロなどの消費電力が高い電気機器を同時に使うことで突然落ちてしまいます。

 

【対処法】

アンペアブレーカーが落ちないようにするには、電気会社と契約しているアンペア数を変えましょう。アンペア数が変わると今までのブレーカーでは電力に対応できなくなることがありますので、ブレーカー交換も同時におこないます。

 

漏電ブレーカー

 

【原因】

漏電ブレーカーが落ちたときは、ご家庭のどこかの回路で絶縁体が破損し、漏電している可能性があります。

 

【対処法】

① まず漏電ブレーカーを落としたままにする

② 安全ブレーカーを全てオフにする

③ 漏電ブレーカーをオンにする

④ 安全ブレーカーを一つずつオンにしていく

全ての安全ブレーカーを確認すると、オンにした安全ブレーカーが自然に落ちる箇所があります。そのスイッチに対応している部屋で漏電が起きているという証拠です。

 

安全ブレーカー

 

【原因】

対応する部屋の電気を使いすぎると安全ブレーカーが落ちてしまいます。

 

【対処法】

落ちた安全ブレーカーがどれかを見て、どの部屋で電力を使いすぎたのかを確認します。そしてブレーカーが落ちた部屋のコンセントからすべてのプラグを一度抜き、安全ブレーカーを入れなおしましょう。

 

ブレーカーが頻繁に落ちるときは、契約アンペア数を見直してみましょう

アンペア・安全ブレーカーが頻繁に落ちるときは、契約アンペア数の見直しが必要です。

 

何度も落ちるということは、契約中のアンペア数ではご自宅での家電の使用に見合っていないということなので、電気会社に連絡してプランを変更してアンペア数を増やすことで改善できるでしょう。

 

ここで注意していただきたいのが、プランを変更するとブレーカー交換も必要になってくるということです。ブレーカー交換は業者にお任せください。 また、漏電が原因の場合にもすぐの対処が必要です。漏電ブレーカーが頻繁に落ちる、異常に電気代が高い、というようなときは漏電しているかもしれないので、早めに電気工事業者にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーが落ちる…依頼したときの料金

電力会社とのアンペア数の契約を変えたときにはブレーカーを交換しなければならず、漏電したときには回路を安全に直してもらう必要がありますので、電気工事業者にお世話になります。

 

しかし、業者に依頼するとなると、費用が気になってしいますよね。どの業者なら安心してまかせられるのだろう…と頭を悩ます方もいるかもしれません。

 

業者に依頼する前の不安を取り除くためには、まずは業者依頼にかかる費用がどのように決められるのかを知り、信頼できる優良業者の探し方をマスターすることが大切です。

 

ブレーカーが落ちたときにかかる費用の計算方法

ブレーカーが落ちたときにかかる費用の計算方法

 

ブレーカーが落ちたときに電気工事を依頼する場合、費用のポイントとなるのは原因となるブレーカーの種類です。

 

修理対象のブレーカーの種類によって費用を設定している業者が多く見られるのです。 3種類のブレーカーの中でも、とくに漏電ブレーカーの工事の場合は費用が高くなる傾向にあります。

 

漏電してしまっている場合や、漏電していなくても漏電ブレーカー自体が壊れてしまってる場合には、費用が高くつくと考えましょう。

 

また、状況に応じて、また業者によっても費用は大きく左右されます。できるだけ安く施工してほしいという方は、いくつかの業者に費用を見積もってもらい比較しましょう。

 

ブレーカーが落ちたときはどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

業者選びをするうえで費用のほかに重要なのが、「信頼性の高さ」です。安心・安全な業者を見つけるためには、次のような点に注目してみましょう。

 

・実績を確認する(施工件数が多い)

・自分が頼みたい修理・交換に対応しているかチェックする

・業者ホームページの料金設定を見る

・実際に見積りを依頼してみる

・電話をかけて相談してみる

 

 

各業者のホームページを見るほかに、実際に業者を使用した人の口コミを見て聞いてみることでも業者の善し悪しを知ることができます。

 

しかし、口コミや感想はあくまでも他人の意見です。自分なりの判断基準で業者を見極めることも大切です。

 

まずはお見積りからはじめてみませんか?

気になる費用をしっかりと把握することで、業者依頼のハードルがいくらか下がります。また、信頼性の高い業者をしっかりと見極めることも大切です。

 

安心してまかせられる業者の探し方をいくつかご紹介しましたが、その中でも一番大事なのが見積もりです。

 

弊社では、完全無料で見積もりを依頼していただけます。じっくりと業者を見て選びたいという場合でも、他社様との相見積もりで比較していただくことも可能です。

 

自分にとって最適な業者選びの選択の一つとして、まずは電気工事110番で無料見積もりをしてみませんか?不安なこと、ご相談等ありましたら、24時間365日いつでも当相談窓口にご連絡ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!