ブレーカーが漏電してるかも?確認方法と対処法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーが漏電しているときの症状、身に覚えはありませんか?漏電個所の特定と対処方法

何度もブレーカーが落ちてしまう場合は、ブレーカーが漏電しているかもしれません。雨漏りなどが漏電の原因になります。心当たりはありませんか?


ここでは、漏電しているかの確認方法や対処法をご紹介します。漏電しているとさまざまな被害が発生するので、できるだけ早く発見することが大切です。

 

漏電だと確認できた場合は、大変危険な状態なので業者に相談しましょう。また、業者に依頼するときの費用なども紹介するので、参考にしてみてください。

 

ブレーカーが漏電してしまうと、こんな症状が……

ブレーカーが漏電してしまうと、こんな症状が……

 

ブレーカーは危険なときに電気の流れを阻止して、教えてくれる役割をしています。そのため、ブレーカーが漏電していたら、さまざまな症状が起こります。ブレーカーが漏電しているときに発生する症状をご紹介します。

 

ブレーカーが落ちる
ブレーカーが危険を察知して電気の流れを止めたら、使用している電気類が一気に消えます。

電気代が高くなる
漏電が発生していると、電気回路の外に電気が漏れてしまいます。そのため、家電を稼働するための電気が余分に必要になり、電気代が高くなってしまうのです。

 

上記のような現象がみられたら、漏電しているかもしれません。

 

漏電していたら、漏電個所の特定と適切な対処を

漏電しているかもしれないと心配になったら、漏電箇所を探してみましょう。漏電している場所の特定方法や、対処法を紹介するので参考にしてみてください。

●漏電場所の特定方法

ブレーカーが落ちてしまったときに確認をすることができます。

 

① ブレーカーが落ちてしまったら、まず安全ブレーカーを全て「切」にしてください。分電気の中に漏電ブレーカーがあります。安全ブレーカーを全て「切」にしたら、漏電ブレーカーを「入」にしてください。


② 安全ブレーカーを1つずつゆっくりと「入」にしていきます。1つずつスイッチを入れていく中で、「入」にしたらすぐにブレーカーが落ちてしまうスイッチがあるでしょう。「入」にしてもすぐにブレーカーが落ちてしまう場所が漏電していると考えられます。

 

 

●漏電したときの対処法

漏電している場所を特定したら、対処していきましょう。漏電してしまう原因は2つあります。

 

湿気などの環境状況が原因
家電に原因がある

 

湿気などの環境状況が原因の場合も家電に問題がある場合も、むやみになおそうとするのはやめてください。電気が通っているものなので、知識がないまま触ってしまうと感電してしまう可能性もあります。

 

ケガをしないためにも業者に相談するのが一番安全です。被害が広がらないようにできるだけ早く対応するといいでしょう。

 

漏電の解決は危険!安全のためにも必ずプロに相談しましょう

漏電してしまうと以下のような被害が発生します。

 

家電の故障
生活をするうえで不自由
電気代が高くなる

 

ブレーカーは生活するうえで、必要な電気を流してくれているものです。突然電気が流れなくなってしまったら困ってしまいます。また、他の電化製品が壊れてしまう可能性もあり、被害はご家庭内でどんどん広がっていきます。

 


ブレーカーの漏電を放っておくと最悪の場合、火災が発生します。このように危険なことが多発してしまうので、ブレーカーが漏電したときはできるだけ早く修理しましょう。

 

漏電の修理は、業者が行ってくれます。業者は正しく作業してくれるので、安心して今までのような生活を送ることができるでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーの漏電を解決したい…依頼したときの料金

業者に漏電の修理を依頼するときに気になるのが、費用です。費用の目安を知ることができないと不安で、依頼することをためらってしまうでしょう。費用の計算方法をご紹介するので、費用を計算してみてください。

 

ブレーカーは生活をするうえで、とても大切なものです。修理後も安心して生活できるように、信頼のできる業者に依頼しましょう。信頼のできる業者の選び方のポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

ブレーカーが漏電したときにかかる費用の計算方法

ブレーカーが漏電したときにかかる費用の計算方法

 

明確な費用を知るために、業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

 

費用の目安を知るためには、漏電箇所や原因を見つけることが大切です。これらがわからないと具体的な金額を提示することができません。

 

上記で紹介したように漏電箇所を確認してから依頼すると、スムーズに見積もりを行えるでしょう。原因がわからない場合などは、現地調査から依頼してみるといいかもしれません。

 

漏電の費用は、状況や依頼する業者の設定金額によって異なるので、明確にしにくいです。


見積もりを無料で行っている業者もあるので、一度相談してみましょう。無料であれば損をすることもなく、業者選びに役立てることができます。

 

ブレーカーの漏電はどこに依頼する?安心してまかせられる業者の選び方

ブレーカーの漏電に対応している業者は数多くあるので、業者選びに迷ってしまいます。ブレーカーの漏電は電気工事を行うケースもあるので、信頼のできる業者に依頼することが大切です。信頼のできる業者を選ぶためのポイントをご紹介するので、参考にしてみてください。

 

見積もりを依頼する
すぐに業者を決めてしまうのではなく、見積もりを依頼して検討しましょう。無料で見積もりをしてくれる業者もあります。事前に費用を明確にしておいた方が、安心です。また、複数の業者に依頼することで比較することもできます。

 

電気工事士の資格をもっている
ブレーカーの漏電は電線などの電気工事を行う可能性があるので、電気工事士の資格をもっている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、電気工事を正しく行えると認められた人に与えられます。業者のホームページに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

 

ホームページや口コミを見る
ホームページや口コミを見ることで、業者の雰囲気や金額設定を知ることができます。口コミは実際に依頼した人が記入しているため、参考になるのではないでしょうか?事前に業者について詳しく調べておくことが大切です。

 

上記のことを確認して業者を決めましょう。事前に業者について詳しく調べておくことで、トラブルも減らすことができるかもしれません。

 

ブレーカーの漏電にお困りの方は、まずは調査とお見積りをしてみませんか?

電気工事110番では、無料で見積もりをしています。この記事でも何度も紹介しましたが、見積もりはとても大切なものです。費用の目安を知ったうえで依頼した方が、安心してまかせることができます。

 

まずは、見積もりから相談してみてはいかがでしょうか?「料金を知りたい」「見積もりをみてじっくりと検討していきたい」という方にもおすすめです。

 

また、24時間365日お電話の対応をしているので、緊急時にも最適です。ブレーカーの漏電について少しでも不安なことがあれば、電気工事110番にご相談ください。些細な相談にも丁寧に対応いたします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼