電気工事110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > 分電盤の工事に関するお問い合わせも多く頂いております

当サイト相談スタッフから

分電盤の工事に関するお問い合わせも多く頂いております

 分電盤とは漏電遮断器や配線用遮断器を一つにまとめた箱のことであり、電気を安全に使用するために必要なものです。業務用分電盤(電灯盤など)の場合には、漏電遮断器や配線用遮断器のほかに、電力量計や制御用のリレー、照明をリモコンで制御するための制御ユニットなどが、組み込まれている場合があります。また、住宅用分電盤では、遮断器の他に電流制限器(アンペアブレーカー)を取付けられるように設置スペースを設けてあるものがあります。当方へ「メインブレーカーが頻繁に落ちてしまう。」や「分岐ブレーカーが頻繁に落ちてしまう。」、また「ブレーカーの増設についての質問。」などと、分電盤の工事に関するお問い合わせも多くいただいております。
 分電盤は、建物用途や設置される電気機器の使用方法によって、選定方法が全く違うものになります。その為、分電盤の工事を行ううえで、盤設計の内容について箱の扉や鍵の種類などまで様々なことを考えておく必要があります。分電盤の工事は、第二種電気工事士以上の資格を有する者しか行うことができないため、自分で行うようなことはせず、近くの電気工事店や電力会社などに相談へ行き電気工事のプロに依頼するようにしましょう。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!