電気工事110番 トップページ > 当サイト相談スタッフから > ブレーカーの工事についてのお問い合わせを多数頂いております

当サイト相談スタッフから

ブレーカーの工事についてのお問い合わせを多数頂いております

 ブレーカーの工事は、とりわけ古い住宅やアパートなどで多い電気工事のひとつです。ブレーカーがよく落ちるという場合、原因は大別すると3つあり、それによって適切な対策を講じなければなりません。メインブレーカーが落ちる原因は、電力会社との契約アンペアが小さすぎることです。契約を変更するだけなら無料ですが、配電盤までの電線を交換したり、ブレーカーの工事が必要になったりする場合もあります。漏電ブレーカーが落ちるときは、電化製品やコンセントの漏電を疑う必要があります。電化製品を濡らしたときなどに発生しがちです。
 できるだけ速やかに、どこで漏電しているかを測定し、漏電改修工事を行なう必要があります。回路別の小さなブレーカーが落ちるときは、特定の部屋で電気を使いすぎているのが原因です。足りない回路を増やし、コンセントを増設すれば解決できるのが普通です。配線・コンセントやブレーカーの工事は、感電や火災の危険を伴うため、電気工事士の資格がなければできません。ブレーカーに問題が発生したときは、当社までお気軽にご相談ください。電気工事のプロが、常に安全第一を意識して、さまざまな状況に対応させていただきます。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!