電気工事110番 トップページ > 電気スイッチの修理は自分でできる?対処法や費用

電気スイッチの修理は自分でできる?対処法や費用

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

電気スイッチが故障しているときの適切な対処法!優良業者を見分けるポイントも紹介します

電気スイッチを押しても電気がつかない場合は、電気スイッチが故障している可能性があります。生活をするうえで電気は必要不可欠なので、故障したら困ってしまいます。

 

電気スイッチが壊れた場合は、修理をする必要があります。しかし、故障ではなく一時的な症状な場合もあります。この記事では、故障のセルフチェックの方法や、対処法を紹介するので実践してみてください。また、修理ではなく交換をした方がお得になるケースもあります。記事を参考にして、状況を確認してみるといいでしょう。

 

電気スイッチの押しが悪くなった…対処は自分でできる?

電気スイッチの押しが悪くなった…対処は自分でできる?

 

電気のスイッチがつかない場合は、中のバネが折れている可能性もあります。その場合は、バネを交換することで、解決できるでしょう。

 

しかし、電気のスイッチの修理は、電気事業法で有資格者が対応しなくてはならないと定められています。素人が無理に作業するとケガをしてしまう可能性もあり、大変危険なので注意しましょう。さまざまなリスクを背負わなくてはいけません。

 

作業内容も知識をもっている人でないと難しいため、完成できない可能性もあります。その場合、業者に依頼することになるので、二度手間になってしまいます。安心安全のためにも、初めから業者に依頼することがおすすめです。

 

電気がつかない、スイッチが故障している…そんなときはここをセルフチェック!

電気がつかない場合は、本当にスイッチが故障しているのか確認しましょう。電気がつかない理由は、スイッチが原因ではないケースもあります。そのため、心当たりのある方は、業者に相談する前に確認しておくといいでしょう。

 


一時的な不具合なのにも関わらず、業者を呼んでしまうと手間も時間もかかってしまいます。自分で簡単に確認することができますので、参考にしてみてください。

 

電球や蛍光灯が消えていないか
電球や蛍光灯を一度新しいものに交換して、電気スイッチを押してみましょう。電気がついた場合は、スイッチの故障ではなく電球が切れていたと考えられます。

 

ブレーカーに問題はないか
ブレーカーが落ちていたり、漏電している可能性も考えられます。一度ブレーカーが落ちていないか確認しましょう。一度全てのブレーカーのスイッチを切り、ひとつひとつスイッチを入れていくことで、確認できます。漏電している場合は、ブレーカーのスイッチをあげることができません。

 

このようなことを確認しても原因が見つからない場合は、業者に相談するといいでしょう。

 

電気スイッチの修理より、交換する方がメリットが多い場合も!

電気のスイッチは修理するより交換した方がお得になるケースもあります。交換の方がお得になる状況や、交換することのメリットを紹介します。

 

・交換の方がお得かも?
状況によっては、修理をするより交換をした方がお得なケースもあります。スイッチが劣化している場合は、何度修理をしてもいずれかまた不具合が起きてしまうでしょう。何度も修理を続けると費用も重なっていきます。交換した方が安かったと後から気づくかもしれません。修理か交換どちらで対応した方がいいか業者に相談することが大切です。

 

・交換のメリット
スイッチを交換することで、おしゃれなスイッチにすることもできます。最新のデザインを取り入れることも可能です。また、デザインによってお部屋の雰囲気を変えることもできるのです。ちょっとした雰囲気作りにもいいかもしれません。

 

上記のように、修理を行うより交換をした方がお得な可能性もあります。自分で判断するのが難しい方は、業者の人に相談するといいかもしれません。

 


電気工事110番では、24時間365日お電話の対応を行っていますので、ご気軽にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

電気スイッチの修理を依頼したときの料金

電気スイッチの修理を業者に依頼すると費用が発生します。費用が多く発生するため、業者に依頼することをためらっている人もいるのではないでしょうか。

 


不安な方は、事前に見積もりをしておくといいでしょう。費用の目安を知っておくことで、安心して業者にまかせることができます。

 

また、トラブルをなくすためにも信頼のできる業者に依頼することが大切です。費用の計算方法や業者の選び方を紹介するので、参考にしてみてください。

 

電気スイッチの修理でかかる費用の計算方法

電気スイッチの修理でかかる費用の計算方法

 

電気スイッチの修理を業者に依頼したときの費用を紹介します。以下のものを明確にして計算することで、費用の目安を出すことができるでしょう。

 

材料費
電気スイッチの故障状況によって部品などの材料が必要になるかもしれません。故障状況によって、必要な材料は異なります。場合によっては、交換した方がいいケースもあるでしょう。

 

工事費
業者が工事を行うために発生する費用です。業者によって価格設定は異なります。

 

また、電気工事が必要になることもあります。状況によって対応も異なるので、電気スイッチの修理の費用を自分で明確にするのは、難しいかもしれません。

 

費用を明確にしたい方は、業者に見積もりを依頼するといいでしょう。また、現地に来てもらうことで正確な状況を業者が知ることができます。そのため、より正確な金額を出してもらえるでしょう。

 

電気工事110番では、電気スイッチ修理の見積もりを無料で行っています。費用や電気スイッチの修理にお困りの方は、ご相談ください。

 

電気スイッチの修理はどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

電気スイッチの修理は、電気工事が必要になる可能性もあります。電気工事は危険なので、知識をもっている業者に依頼することが大切です。また、修理後にも安心して電気スイッチを使用するためにも、業者選びは慎重に行いましょう。

 


信頼のできる業者選びにはポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

電気工事士の資格をもっている
電気工事士の資格は、電気工事を正しく行えると認められた人に与えられます。そのため、技術にも期待できるでしょう。状況によっては難しい工事になるかもしれないので、資格をもっている業者に依頼すると安心です。

 

無料で見積もりを行っている
電気スイッチの修理を無料で見積もりをしてくれる業者もあります。費用の目安を知らないまま依頼するのは不安です。事前に見積もりをしてもらうことで、安心してまかせられるのではないでしょうか。また、複数の業者に見積もりを依頼して比較するのもいいかもしれません。いい業者を見極めることができます。

 

ホームページを見る
業者のホームページを見ることで、料金設定の目安や、業者の雰囲気を知ることができるでしょう。また、電話番号など詳しい情報が記載されているかの確認もしておくといいかもしれません。

 

上記のように、業者について詳しく調べておくといいでしょう。安心してまかせるためには業者について知っておくことが大切です。

 

電気スイッチの修理をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

電気工事110番では、無料で見積もりを行っています。上記でも紹介しましたが、事前に見積もりを行うことで安心して業者にまかせることができるでしょう。また、のちに思っていた費用と違った…というトラブルもなくすことができます。

 

見積もりは無料なので損をすることはないですし、電気工事110番は無理やり施工を誘導することもありません。初めてのお客様にも安心してご相談いただけるよう、丁寧に対応しています。

 

また、24時間365日お電話の対応をしているので、緊急時にも最適です。些細なことでもお気軽にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!