電気工事110番 トップページ > lan配線の方法やケーブル選び!業者依頼の費用

lan配線の方法やケーブル選び!業者依頼の費用

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

DIYでlan配線をしたい!方法や注意点をまとめます

lan配線とは、配線を使ってパソコンやルーターなどの電子機器をつなぐことです。
LANには有線LANと無線LANとがあります。有線LANは、物理的なケーブルで繋がったネットワークで、無線LANは、無線電波を利用して有線を使用することなくネットワークを使うものです。

 

配線がたくさんあり、コードがごちゃごちゃしていると困っているご家庭も多いのではないでしょうか。そんなときにうまく配線を行うと、ごちゃごちゃした見た目もすっきりさせることができます。

 

また、いつでもどの部屋でもデーター容量を気にすることなくインターネットを使用できるのです。さまざまなメリットがある「LAN」についてわかりやすく説明してきます。

 

DIYでlan配線をするには?lanケーブルの選び方と配線方法

DIYでlan配線をするには?lanケーブルの選び方と配線方法

 

ご自宅にLANをつなげるならば、LANケーブルを選ぶ必要があります。また、配線をしなくてはなりません。LANケーブルの選び方と、配線方法を紹介します。

 

●LANケーブルの選び方
LANケーブルには「ストレートケーブル」と「クロスケーブル」があります。ストレートケーブルはコンピューターとルーターなどをつなげるときに使い、クロスケーブルは2台のコンピュータをケーブルだけでつなぐときに使用します。

 

また、強度や長さにも違いがあります。これらは利用場所に合わせて選ぶことが大切です。狭いところにも通すことができる細いケーブルや、平らなケーブルなどさまざまあるので、使いやすいものを選びましょう。

 


●lan配線のやり方
壁に穴をあけて壁から配線を出しましょう。壁から配線を出す場合は、LAN専用の差し込み口を設置する方法と壁から配線を直接出す方法があります。壁から直接ケーブルを出すときに使う化粧板は、ホームセンターなどで購入することができます。

 

では、作業の手順を解説していきます。

 

① コーゼットの位置を決める
② 壁に穴をあける
③ やすりなどで穴をキレイに仕上げる
④ 配線を通す
⑤ 配線にコネクタを通す
⑥ コネクタを接続する
⑦ ハブへ配線する
⑧ モデムに配線する
⑨ プレート類を固定する

 

LANはこのように設置することができます。一見簡単そうに見えますが、作業内容も多く時間がかかってしまうでしょう。自分で行うのが不安な方は、業者に依頼すると安心するかもしれません。

 

lan配線をするときの注意点

lan配線を行うときの注意点があります。

 

・ケーブルの種類や長さによっては、配線につまってしまうかもしれない
・長いCD管やFR管に通すときは無理やり入れない
・シリコンスプレーで周りのものが汚れてしまう可能性がある
・1つの管に数本の配線を入れる場合は、太いケーブルにする

 

上記のようなことに注意しなくては、ケガをしてしまう危険性や配線に失敗してしまう可能性があります。作業する前に知識をつけておきましょう。

 

注意点をふまえて、自分で配線をするのが不安と感じた方もいるのではないでしょうか。不安な方は、業者の人に依頼することもできます。業者の人は、知識や道具をもっているので、安心してまかせられるでしょう。

 

不安に感じるときは、業者に相談することができる!

lan配線の内容によっては資格をもっていなくても行うことができますが、作業内容は難しいですし知識をもっていないとケガをしてしまう危険性もあります。安心安全のために、業者に依頼するといいでしょう。

 

少しでも不安に感じるのでしたら、業者に相談してみるといいかもしれません。電気工事110番では、無料の相談に対応しています。丁寧に対応してくれるので、はじめてご利用される方でも安心です。

 

相談をしたからと無理に施工をすることはありませんので、気軽な気持ちで相談することができます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

lan配線をするときの費用は?お得にするコツも教えます!

lan配線をするときは、費用が発生します。そのため、費用がわからないと不安で、なかなか施工できないでしょう。下記にて、どんなものに費用がかかるかを解説してきます。ぜひ参考にしてみてください。

 

また、費用をおさえるなど方法でお得にすることもできます。せっかくなので、お得にlan配線をしましょう。

 

lan配線でかかる費用はどれくらいになる?

lan配線でかかる費用はどれくらいになる?

 

lan配線にかかる費用を紹介します。以下の2つの金額を明確にすることで、費用の目安を知ることができます。

 

作業費
材料費

 

作業費は業者によって異なります。追加料金として、現場に出向かうための出張費が発生する業者もあるので、確認しておくといいでしょう。また、使用する材料にもさまざまな種類があるので、なにを選ぶかで変わってきます。

 

正確な費用を知りたい場合は、業者に見積もりを依頼するといいかもしれません。業者ごとの費用を知ることができます。

 

lan配線を安く行うコツ!

lan配線を安く依頼する方法があります。

 

・用意できるものは自分で
使用する材料を自分で用意することで、材料費を自分で調節することができます。業者に用意してもらうと価格は決まっているので、自分で用意した方が安くなるケースもあるのです。

 

・見積もりで業者を比較する
複数の業者に見積もりを依頼して費用を比較しましょう。安い業者を選ぶことができます。しかし、安いという理由だけで選んでしまうと、のちに追加料金が発生する可能性もあるので、追加料金の有無も確認しておきましょう。また、サービス内容もよく確認しておくことが大切です。複数業者の費用を知ることで、多額の請求をしている業者を見極めることもできます。

 

良い業者を見つけて、納得の施工を!

配線後も安心して生活するために、信頼のできる業者を選ぶことが大切です。しかし、配線を行ってくれる業者は数多く存在するため、迷ってしまいます。そこで、信頼のできる業者を選ぶポイントを紹介します。

 

無料で見積もりや現地調査をしてくれる
ホームページの記載情報が豊富
対応が早くて丁寧
サービスが豊富

 

このようなことを確認して業者を選ぶといいでしょう。電気工事110番は、上記のものに全てあてはまっています。どんな些細な質問や相談にも丁寧に対応してくれるので、はじめて利用する方にも安心して相談していただけます。また、相談したからと無理に施工に誘導することもありません。

 

lan配線や電気工事について不安なことがある方は、電気工事110番にご相談ください。個人・法人問わず対応いたします!

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!