対応エリア

★記事コンテンツのハチ駆除・予防施工事例

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

換気扇の交換業者の選び方!費用や換気扇の種類も

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

換気扇の交換は自分で?それとも……。まずは手順と注意点を確認しましょう

換気扇を長く使っていて、スイッチを入れても稼働しないなどの不具合が起きた場合は、交換の合図かもしれません。換気扇は機械なので、劣化していきます。

 

換気扇の耐用年数は、8~15年ほどです。劣化していくと、異音や異臭がしたりします。今までと違うと違和感を感じたら、交換を考える必要があるかもしれません。

 

また、キッチンをリフォームしたいという理由で、キッチンにあった換気扇に変更したいと交換される方もいます。ここでは、自分でできる換気扇の交換方法や、換気扇の選び方をご紹介していきます。

 

換気扇交換は自分でできる?手順と注意点をまとめます

換気扇交換は自分でできる?手順と注意点をまとめます

 

換気扇交換の手順

換気扇の交換は、自分で行うこともできます。作業方法をご紹介します。

 

① 換気扇を用意
設置する換気扇を購入しましょう。

 

② 換気扇のコンセントを抜く
作業するときにスイッチが入ったら、プロペラが作動してしまい大変危険です。必ずコンセントを抜いてください。

 

③ 換気扇カバーやプロペラを外す
換気扇のファンの前にある換気扇カバーを外してください。プロペラは、ファンの中にあるスピンナーを反時計方向に回すと取りはずせます。

 

④ 本体を外す
本体を止めている2つのネジをはずして、本体を取りましょう。

 

⑤ 本体をはめこむ
本体を外したときと逆の作業をすると、はめこむことができます。

 

上記のような手順で行うと換気扇を交換することができます。

 

換気扇交換を自分で行うのは危険

手順だけ見ると簡単と感じるかもしれませんが、さまざまなリスクを背負わなければなりません。自分で作業しようと考えている人のほとんどは、業者に依頼する費用を抑えようと考えているでしょう。

 

しかし、作業中にケガをしてしまったら、病院に行くことになり意味がなくなってしまいます。また、換気扇は電気工事士でないと行えない作業もあります。状況によっては難しい作業もあるので、途中であきらめてしまうかもしれません。

 

完成できない場合は業者に依頼することになるので、最初から依頼しておいた方が安心安全です。

 

・電気工事が必要な場合は感電してしまうかもしれない
・プロペラが誤って作動して手を巻き込んでしまうかもしれない
・作業中に落下してケガをしてしまうかもしれない

 

このようなリスクがありますので、むやみに作業を行わないでください。換気扇の交換は高い場所で行うので、体力も必要ですし体に負担がかかってしまいます。少しでも不安な方は、知識をもっている業者に依頼すること安全です。

 

キッチンに合わせた換気扇選びが重要!業者と相談しながら進めることもできます

換気扇のファンには3つの種類があります。

 

・プロペラファン
戸建てに適用されることが多く、外壁に面した場所に設置します。扇風機の羽のような形をしており、風量が大きいのが特徴です。費用も他のファンに比べ安いため、購入しやすいでしょう。

 

・シロッコファン
最近は、シロッコファンを使用しているご家庭がほとんどです。騒音が小さく自由な方向に設置できます。

 

・ターボファン
後ろ向きファンとも言われており、排気の効率が一番いいものです。音は大きめですが、機能性は優れています。

 

 

上記のようにファンには種類があるので、キッチンの形状にあったものを選びましょう。

 

対面キッチンやアイランドキッチンは、換気扇の音がリビングに響きやすいので、音の小さいシロッコファンを選ぶといいでしょう。従来のクローズドキッチンやオープンキッチンの場合は、コストパフォーマンスのいい商品を選ぶといいかもしれません。

 

自分で決めるが不安な方は、業者に相談するといいでしょう。換気扇の交換だけでなく、換気扇選びからお手伝いします。ご家庭にあった換気扇を相談して決めていきましょう。

 

難しい工事…リスク回避のためにもまずは業者へ相談を!

上記でも紹介しましたが、自分で換気扇の交換を行う場合、さまざまなリスクを背負わなければなりません。ケガをしてしまうのはもちろんですが、換気扇周辺の部品を壊してしまうかもしれないのです。

 

このような場合、さらに費用がかかってしまいます。安心安全のためにも、最初から業者に依頼することをおすすめします。

 

電気工事のプロは、換気扇の交換だけでなく、換気扇選びからお手伝いします。ご家庭にあった換気扇を相談して決めていきましょう。少しでも不安な方は、気軽に電気工事110番にご相談ください。お客様に安心してまかせていただけるよう、丁寧に説明をいたします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

換気扇の交換を依頼したときの料金

換気扇の交換するときに気になるのが費用です。費用を抑えるために自分で作業を行う方もいるかもしれませんが、自分で行うより依頼した方が費用をおさえられるケースもあります。費用の目安を確認してしっかりと検討しましょう。

下記にて、業者依頼の費用を計算する方法をご紹介していきます。

 

依頼の段階では費用のほかに、業者をどのように選べばいいかに迷うことも多いです。信頼できる業者を選ぶポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

換気扇交換でかかる費用の計算方法

換気扇交換でかかる費用の計算方法

 

換気扇を交換するうえで発生する費用を紹介します。一つ一つの費用を出すことで合計金額を計算することができるでしょう。

 

・換気扇の本体の価格
上記でも紹介しましたが、ファンには3つの種類があり、どのファンを選ぶかで費用は変わります。また商品やメーカーによって費用も異なるでしょう。

 

・工事内容
交換工事の内容が難しい場合は、費用も多くかかってしまいます。

 

・追加施工の有無
壁を壊す必要があるなど、場合によっては交換以外の作業をする可能性もあります。状況によって追加料金が発生するかもしれません。

 

 

換気扇の交換は主に上記の費用が発生します。費用の目安を自分で調べて合計を出すこともできますが、知識がないと施工内容など詳しくわかりません。明確な費用を知りたい方は、業者に見積もり依頼するといいでしょう。無料で行ってくれる業者もあります。

 

換気扇の交換を安心してまかせられる!信頼できる業者の見つけ方

業者を選ぶときは、信頼ができるかを重視するといいでしょう。換気扇は生活をするうえでとても大切なものです。交換依頼しても正しい施工がされず、すぐに壊れてしまったというケースもあります。

のちにトラブルにならないように業者選びは慎重に行いましょう。信頼のできる業者を選ぶポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

ホームページや口コミを見る
電気工事士の資格をもっている
対応が丁寧
価格が適切
見積もりを行ってくれる

 

上記のようなことを確認しておくと安心です。すぐに業者を決めるのではなく、できるだけ業者について調べてから決定しましょう。

 

まず具体的な料金を知りたい!そんなときは見積もりを活用しましょう

上記でも紹介しましたが、事前に見積もりをしておくと安心して依頼することができます。実際にかかる料金を提示しているので、多額の請求をされることはないでしょう。具体的な金額を知る、業者を決定するためにも、見積もりを依頼することはとても大切です。

 

電気工事110番では、無料で見積もりを行っています。無料なので、依頼をして損をすることはありません。

「急いでいるから早めにお願いしたい」「忙しいから指定の日時に行ってほしい」というご要望もお寄せください。24時間365日お電話対応をしています。すぐに対応をしてほしいときにも最適です。

また、依頼が初めてという方もご安心ください。電気工事110番は、無理に施工を勧めるなどの行為はありません。お客様の意見を重視して対応いたします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

レンジフード修理を依頼!流れや費用を紹介します

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

レンジフードが故障したときはここをチェック!業者に依頼したときの流れを説明します

レンジフードはキッチンのコンロ上にあり、汚れた空気を換気してくれるものです。レンジフードは機械なので故障してしまう可能性もあります。

 

レンジフードの電源を入れても換気されていないと感じたときや、異音がする場合はレンジフードが故障しているかもしれません。レンジフードが稼働してくれないと、料理をしたときの油や臭いがこもってしまいます。レンジフードが故障してしまったら、快適に調理するためにも修理をしましょう。

 

この記事では、レンジフードの修理にかかる費用や、故障しないためのコツなどの有力な情報を紹介していきます。

 

レンジフードの修理を依頼した場合の流れ

レンジフードの修理を依頼した場合の流れ

 

レンジフードの修理を業者に依頼したときの流れをご紹介します。流れを把握しておくことで、安心して依頼をすることができるでしょう。

 

① レンジフードの確認
ます、レンジフードの機種名などを確認します。確認方法については、のちほどご紹介します。また、症状や使用年数も聞かれることもあります。これらを確認しておくとスムーズに話を進めることができるでしょう。

 

② 問い合わせをする
業者を決めたらその業者に問い合わせをしましょう。業者のホームページに電話番号が記載されています。

 

③ 見積もり
お電話口や現地にて費用の見積もりをしてもらいます。契約内容などを確認しておくと安心です。

 

④ 修理
業者のひとに修理に来てもらい、施工がはじまります。

 

 

業者にレンジフードの依頼をするときの流れは、上記のとおりです。しかし、業者によって多少違うので注意しましょう。

 

依頼前にはまず「機種名」を確認!

上記でも紹介しましたが、業者に修理依頼をする前に、機種名を確認しておく必要があります。確認方法をご紹介するので参考にしてみてください。ご自身ですぐに確認することができます。

 

機種名は、検査証や型式銘板に記載されています。検査証はレンジフードの下面や、左側側面に貼られていることが多いです。アルファベットから始まっている文字が機種名です。

 

検査証や型式銘板はシールなのではがれてしまっている可能性もあります。見つからない場合は、スイッチの形状や、フィルターの枚数を確認しておくといいでしょう。また、取扱説明書の下部に8桁の番号が記載されています。業者に相談したときにこれらを質問されるかもしれないので、確認しておきましょう。

 

レンジフードの修理は、電気工事110番までご相談ください

電気工事110番は、24時間365日お電話の対応をしています。そのため、深夜に発覚した場合や、すぐに修理しなくてはならないケースにも最適です。また、無料で見積もりを行っています。故障かどうかもわからない…という場合も無料なので、相談して損をすることはないでしょう。

 

電気工事110番は、レンジフードの故障だけでなく、電気工事に幅広く対応しています。ご家庭の電気器具について不安な点がありましたら、気軽にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

レンジフードの修理を依頼したときの料金

レンジフードの修理をするにあったって費用が発生します。費用金額を気にされる方も多く、費用はできるだけ抑えたいものです。

 

事前に費用の目安を知っておくことで、安心して業者に依頼できるでしょう。のちに多額の請求をされるというトラブルもなくすことができるかもしれません。

 

下記にて、レンジフードの修理を依頼したときにかかる費用についてを紹介していきます。また費用を抑えるためのコツがあるので、参考にしてみてください。

 

レンジフードの修理でかかる費用の計算方法

レンジフードの修理でかかる費用の計算方法

 

レンジフードの修理は状況によって費用は変動します。発生する費用に関わる項目をご紹介するので、参考にしてみてください。

 

修理内容
故障部分
レンジフードの利用年数

 

費用は、故障内容や修理内容で異なります。作業が難しいほど費用も高くなってしまいます。

また、レンジフードの利用年数が長い場合は、買い替えをする可能性もあります。長く使っている場合は修理を何度も繰り返すよりも、レンジフード本体を買い変えたほうがお得かもしれません。

 

これらを明確にすることで、費用の目安を知ることができるでしょう。

 

レンジフードの修理頻度をおさえてコストを抑えたい!そのためには定期的な掃除も必要

ファンの汚れが原因でモーターが劣化し、換気機能を下げてしまいます。そのため、レンジフード付近を定期的にお掃除してあげることが大切です。ご自分でできる掃除方法があるので、実践してみてください。

 

●用意するもの

分厚いすべり止めのついている手袋
中性洗剤
コーティング剤
ブラシ

 

●作業方法
① 電源プラグを抜く
感電を防止するために、必ず電源プラグを抜きましょう。

 

② フィルターやフード、ファンを外す
外すときは必ず手で抑えましょう。落下してしまう可能性があり危険です。

 

③ 掃除をする
用意した中性洗剤で、ファンやフィルターをブラシで掃除していきます。

 

④ 仕上げ
清掃が終わったら乾拭きをして、コーティング剤を吹きかけましょう。

 

このような手順でレンジフードの掃除を行うことができます。また、レンジフードだけでなく、コンロの周辺のお掃除も日頃からしておくといいでしょう。レンジフードのお手入れは、月に1度くらい行うのが望ましいといわれています。

 

また、定期的に業者にメンテナンスなど点検を依頼すると安心かもしれません。

 

レンジフード修理のために、まずは見積もりからはじめてみませんか?

レンジフードの修理にかかる費用は、状況によって変動します。費用の目安を出すためには、業者に見積もりの依頼をするといいでしょう。

「費用がわからないと、多額の請求をされるのではないか…」と業者に依頼することをためらってしまうときはなおさらです。

 

電気工事110番は、お客様に安心して依頼していただくために、無料で見積もりを行っています。嬉しいのは無料だけではなく、見積もり後の追加料金が発生しない、見積もり後でもキャンセル可能です。

 

レンジフードについて少しでも気になることがある方は、相談してみるといいかもしれません。

24時間365日お電話対応をしているので、すぐに対応してほしいというご要望にいつでもお応えします。個人宅はもちろん、飲食店や施設でのレンジフード修理はおまかせください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ブレーカーが漏電してるかも?確認方法と対処法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーが漏電しているときの症状、身に覚えはありませんか?漏電個所の特定と対処方法

何度もブレーカーが落ちてしまう場合は、ブレーカーが漏電しているかもしれません。雨漏りなどが漏電の原因になります。心当たりはありませんか?

ここでは、漏電しているかの確認方法や対処法をご紹介します。漏電しているとさまざまな被害が発生するので、できるだけ早く発見することが大切です。

 

漏電だと確認できた場合は、大変危険な状態なので業者に相談しましょう。また、業者に依頼するときの費用なども紹介するので、参考にしてみてください。

 

ブレーカーが漏電してしまうと、こんな症状が……

ブレーカーが漏電してしまうと、こんな症状が……

 

ブレーカーは危険なときに電気の流れを阻止して、教えてくれる役割をしています。そのため、ブレーカーが漏電していたら、さまざまな症状が起こります。ブレーカーが漏電しているときに発生する症状をご紹介します。

 

ブレーカーが落ちる
ブレーカーが危険を察知して電気の流れを止めたら、使用している電気類が一気に消えます。

電気代が高くなる
漏電が発生していると、電気回路の外に電気が漏れてしまいます。そのため、家電を稼働するための電気が余分に必要になり、電気代が高くなってしまうのです。

 

上記のような現象がみられたら、漏電しているかもしれません。

 

漏電していたら、漏電個所の特定と適切な対処を

漏電しているかもしれないと心配になったら、漏電箇所を探してみましょう。漏電している場所の特定方法や、対処法を紹介するので参考にしてみてください。

●漏電場所の特定方法

ブレーカーが落ちてしまったときに確認をすることができます。

 

① ブレーカーが落ちてしまったら、まず安全ブレーカーを全て「切」にしてください。分電気の中に漏電ブレーカーがあります。安全ブレーカーを全て「切」にしたら、漏電ブレーカーを「入」にしてください。

② 安全ブレーカーを1つずつゆっくりと「入」にしていきます。1つずつスイッチを入れていく中で、「入」にしたらすぐにブレーカーが落ちてしまうスイッチがあるでしょう。「入」にしてもすぐにブレーカーが落ちてしまう場所が漏電していると考えられます。

 

 

●漏電したときの対処法

漏電している場所を特定したら、対処していきましょう。漏電してしまう原因は2つあります。

 

湿気などの環境状況が原因
家電に原因がある

 

湿気などの環境状況が原因の場合も家電に問題がある場合も、むやみになおそうとするのはやめてください。電気が通っているものなので、知識がないまま触ってしまうと感電してしまう可能性もあります。

 

ケガをしないためにも業者に相談するのが一番安全です。被害が広がらないようにできるだけ早く対応するといいでしょう。

 

漏電の解決は危険!安全のためにも必ずプロに相談しましょう

漏電してしまうと以下のような被害が発生します。

 

家電の故障
生活をするうえで不自由
電気代が高くなる

 

ブレーカーは生活するうえで、必要な電気を流してくれているものです。突然電気が流れなくなってしまったら困ってしまいます。また、他の電化製品が壊れてしまう可能性もあり、被害はご家庭内でどんどん広がっていきます。

 

ブレーカーの漏電を放っておくと最悪の場合、火災が発生します。このように危険なことが多発してしまうので、ブレーカーが漏電したときはできるだけ早く修理しましょう。

 

漏電の修理は、業者が行ってくれます。業者は正しく作業してくれるので、安心して今までのような生活を送ることができるでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーの漏電を解決したい…依頼したときの料金

業者に漏電の修理を依頼するときに気になるのが、費用です。費用の目安を知ることができないと不安で、依頼することをためらってしまうでしょう。費用の計算方法をご紹介するので、費用を計算してみてください。

 

ブレーカーは生活をするうえで、とても大切なものです。修理後も安心して生活できるように、信頼のできる業者に依頼しましょう。信頼のできる業者の選び方のポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

ブレーカーが漏電したときにかかる費用の計算方法

ブレーカーが漏電したときにかかる費用の計算方法

 

明確な費用を知るために、業者に見積もりを依頼することをおすすめします。

 

費用の目安を知るためには、漏電箇所や原因を見つけることが大切です。これらがわからないと具体的な金額を提示することができません。

 

上記で紹介したように漏電箇所を確認してから依頼すると、スムーズに見積もりを行えるでしょう。原因がわからない場合などは、現地調査から依頼してみるといいかもしれません。

 

漏電の費用は、状況や依頼する業者の設定金額によって異なるので、明確にしにくいです。

見積もりを無料で行っている業者もあるので、一度相談してみましょう。無料であれば損をすることもなく、業者選びに役立てることができます。

 

ブレーカーの漏電はどこに依頼する?安心してまかせられる業者の選び方

ブレーカーの漏電に対応している業者は数多くあるので、業者選びに迷ってしまいます。ブレーカーの漏電は電気工事を行うケースもあるので、信頼のできる業者に依頼することが大切です。信頼のできる業者を選ぶためのポイントをご紹介するので、参考にしてみてください。

 

見積もりを依頼する
すぐに業者を決めてしまうのではなく、見積もりを依頼して検討しましょう。無料で見積もりをしてくれる業者もあります。事前に費用を明確にしておいた方が、安心です。また、複数の業者に依頼することで比較することもできます。

 

電気工事士の資格をもっている
ブレーカーの漏電は電線などの電気工事を行う可能性があるので、電気工事士の資格をもっている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、電気工事を正しく行えると認められた人に与えられます。業者のホームページに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

 

ホームページや口コミを見る
ホームページや口コミを見ることで、業者の雰囲気や金額設定を知ることができます。口コミは実際に依頼した人が記入しているため、参考になるのではないでしょうか?事前に業者について詳しく調べておくことが大切です。

 

上記のことを確認して業者を決めましょう。事前に業者について詳しく調べておくことで、トラブルも減らすことができるかもしれません。

 

ブレーカーの漏電にお困りの方は、まずは調査とお見積りをしてみませんか?

電気工事110番では、無料で見積もりをしています。この記事でも何度も紹介しましたが、見積もりはとても大切なものです。費用の目安を知ったうえで依頼した方が、安心してまかせることができます。

 

まずは、見積もりから相談してみてはいかがでしょうか?「料金を知りたい」「見積もりをみてじっくりと検討していきたい」という方にもおすすめです。

 

また、24時間365日お電話の対応をしているので、緊急時にも最適です。ブレーカーの漏電について少しでも不安なことがあれば、電気工事110番にご相談ください。些細な相談にも丁寧に対応いたします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

スイッチを増設するときの流れや費用を紹介します

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

スイッチ増設をするときの流れを紹介!安心してまかせられる業者を見つけるポイントは?

スイッチを押しても電気がつかなくなってしまった…とお困りの方もいるのではないでしょうか。スイッチがつかない理由はさまざまです。

 

まずは、原因を探しましょう。原因として、一つのコンセントの容量がたりないということも考えられます。その際は、スイッチを増設することで解決できるでしょう。

この記事では、スイッチを増設するときの流れや注意点を紹介します。スイッチの増設を安心安全に行いましょう。不安なときは、業者に相談することが一番安心です。

 

業者によるスイッチ増設工事の流れを見ていきましょう

業者によるスイッチ増設工事の流れを見ていきましょう

 

スイッチの増設を業者に依頼したときの流れをご紹介します。

 

① 増設する場所を確保
② 配線をつないで増設

 

上記のように手順としては簡単です。そのため、自分でも作業できるかもしれないと思ってしまう方も多いでしょう。しかし、配線をつなぐなどの電気工事をする必要があるかもしれません。手順の流れは簡単でも、作業内容は難しいのです。

 

スイッチ増設をするには資格が必要!自分でおこなうことで生まれるリスク

スイッチの増設をするために、電気工事を行う可能性もあります。電気工事は資格を持っている人でないと作業が困難で、大変危険なので注意してください。自分で作業しようと考えている人の多くは、業者に依頼する費用を抑えるためでしょう。

 

しかし、ケガをしてしまったら病院に行くことになります。作業が失敗するうえにケガをしてしまったら意味がありません。のちに後悔してしまうので、最初から安心安全のために業者に依頼することをおすすめします。最悪の場合、命に関わってしまうかもしれません。不安な方は、業者に依頼しましょう。

 

スイッチの増設は業者におまかせ!まずは相談してみませんか?

上記でも紹介したとおり、スイッチの増設をする作業は危険です。知識をもっている業者に依頼することをおすすめします。不安な方は、相談してみるといいでしょう。相談をすることで業者の雰囲気や対応も知ることもできます。

 

電気工事110番では、相談を無料で行っています。「まずは料金を知りたい」「施工を決めたわけではないけど相談だけしたい」という方もお気軽にご相談ください。また、24時間365日受け付けているため、どのような時間帯でもご相談いただけます。ご都合がよろしい時間帯にご利用ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

スイッチの増設を依頼したときの料金

スイッチの増設を業者に依頼するときに気になるのが「費用」です。費用の目安を知っておくことで、安心して依頼することができるのではないでしょうか?

 

費用の計算は、ある程度自分で行うこともできます。計算に必要な項目をご紹介するので、参考にしてみてください。具体的な金額を知りたいというときには、見積もりを業者に依頼することもできます。業者に依頼する前には見積もりをとって、納得のうえで施工を行いましょう。

 

「どこに依頼したらいいかわからない…」という方のために、信頼できる業者の見つけ方も紹介していきます。

 

スイッチ増設でかかる費用の計算方法と依頼時の流れ

スイッチ増設でかかる費用の計算方法と依頼時の流れ

 

スイッチの増設をするときにかかる費用を紹介します。以下のものをたすことで、費用の目安を知ることができるでしょう。

 

スイッチの本体価格
スイッチの価格は商品によって異なります。スイッチは、ホームセンターなどで購入することができます。また、依頼する業者の商品を購入することもできるので、自分で選ぶのが不安な方は業者の人と相談して決めるといいでしょう。

 

配線工事の内容
配線工事の難しさによって費用も異なります。スイッチを増設する場所の状況で作業内容が変わるのです。

 

業者で発生する費用
業者によって出張費などが発生するケースもあります。依頼する業者で設定金額は違うので、確認してみましょう。

 

業者に依頼するときは、まず見積もりをしてもらうと安心です。状況によって費用は変動しますが、自分で状況を判断することは難しいでしょう。

 

現地にて見積もりをしてくれる業者もあるので、相談すると明確な費用を知ることができます。見積もりなどを終えて、納得する業者であれば増設工事をしてもらいましょう。

 

スイッチの増設はどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

最近ではさまざまな業者があるので、どの業者に依頼するか迷ってしまいます。増設後も安心してスイッチを使えるように、信頼のできる業者に依頼することが大切です。

信頼のできる業者を選ぶためのポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

無料で見積もりをしてくれる
事前に見積もりをすることはとても大切です。費用の目安を知ることができますし、のちに多額の請求をされるトラブルをなくすことができるでしょう。無料で行ってくれる業者もあります。また、複数の業者に見積もりを依頼して比較することで、選びやすくなるのではないでしょうか。

 

電気工事士の資格の有無
スイッチの増設は、電気工事士の資格を持っている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、正しく電気工事を行うことができる人に与えられるものなので、知識ももっているでしょう。業者のホームページに資格について記載されていることが多いので、確認しておくといいかもしれません。

 

ホームページや口コミを見る
業者のホームページを見ることで、業者の雰囲気や価格設定を知ることができます。口コミは、実際に依頼した人が感想や意見を書いているので、参考になるはずです。事前に業者について詳しく調べておくことが大切です。

 

 

上記のことを確認しておくと安心です。すぐに決めてしまうのではなく、慎重に業者を選ぶようにしましょう。

 

スイッチ増設をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

上記でも紹介しましたが、事前に見積もりを知っておくことで、安心して業者に依頼することができるのです。

 

電気工事110番では、スイッチを増設するときの費用の見積もりを無料で行っています。無料なので損はないですし、気軽に問い合わせをしていただけるのではないでしょうか?

また、24時間365日対応しているので緊急時にも最適です。少しでも不安なことがあれば、電気工事110番に相談してみましょう。電気工事のプロが、スイッチ増設の相談から丁寧に対応してくれます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

レンジフードの取り付け方法は?費用や業者選び

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

レンジフードの取り付け方法と注意点まとめ 「レンジフードの取り付けは自分でできるの?」

レンジフードは料理する際に発生する油汚れや、空気の汚れを換気してくれます。快適に料理をするためにとても大切なものなのです。

 

レンジフードの取り付けは、手順を知っておけば自分でも作業できます。しかし、自分で作業するとリスクもあるので、業者に依頼することが安心で安全です。

この記事では、レンジフードの取り付け方法や、絶対にやってはいけないことを紹介していきます。

 

レンジフードの取り付けは自分でできる?

レンジフードの取り付けは自分でできる?

 

レンジフードの取り付けを業者に依頼すると費用が発生します。費用を抑えるために、自分で作業をしたいと考えている方もいるのではないでしょうか。

自分でレンジフードを取り付ける際の手順を紹介します。商品のメーカーやレンジフードによって作業方法が変わるので注意してください。※作業をするときは軍手など厚い手袋をしましょう。

 

① 付属品の確認
説明書に記載されている一覧を見て、不足しているものがないか確かめましょう。

 

② 排気方向を決める
排気する方向を決めましょう。湿気の多い場所や、周囲の温度が40℃以上になる場所での使用は避けてください。

 

③ 本体を準備
コネクタ・前板・スロットフィルタを外します。スロットフィルタを外す際は、手を添えないと落下してしまう危険性があるので注意してください。

 

④ 排気用部品の準備
上方排気の場合と側面・後方排気の場合で、作業方法は異なります。上方排気の場合は、付属品のソフトテープを直接本体に取りつけ、ネジを2本設置します。

側面・後方排気の場合は、付属品のソフトテープをL形ダクトに取りつけ、ネジを4本設置します。

 

⑤ 本体の取り付け
ネジで固定して本体を設置します。

 

⑥ ダクトと排気用部品の接続
上方排気の場合は、風漏れ防止のテーピングを行います。側面・後方排気の場合は、ネジを2本設置してから風漏れ防止のテーピングを行います。

 

⑦ 電気配線
分電盤のブレーカを切って電源フラグにコンセントを差しこみましょう。

 

⑧ 幕板の設置
幕板金具ネジを左右1ヶ所ずつ緩めて、幕板を前から差しこみます。

 

⑨ 組み立て
最後に組み立て作業を行います。

 

上記のように自分でレンジフードを設置することができます。

しかし、レンジフードの設置は高い場所で作業しなくてはなりません。体に負担がかかってしまいますし、ケガをする可能性もあります。

作業内容も知識がないと難しいので、安心安全のためにも業者に依頼することをおすすめします。

 

レンジフードの取り付けで絶対にやってはいけないこと

レンジフードを取り付けるときに絶対にやってはいけないことがあります。

 

建設工事になるもの
建設工事に値する作業は、資格を持っている人が作業する必要があります。自分で作業すると非常に危険なので行わないでください。

 

壁に埋め込みをしない
レンジフードを壁に埋め込めてしまうと、漏電したときに発火する恐れがあります。

 

知識がない状態でむやみにレンジフードを取り付けるのは、大変危険です。電気がながれるので、火災などが発生してしまう可能性もあります。設置する前は必ず理解を深めておきましょう。

 

安全に取り付けをするために、プロの力を借りてみませんか?

上記でも紹介しましたが、購入したものに説明書がついているので自分で取り付けをすることができます。しかし、自分で作業するとさまざまなリスクも背負わなければなりません。

 

自分で作業する人の多くは、業者に依頼する費用を抑えようとしているのではないでしょうか?作業方法は知識がないと難しいので、途中でわからなくなってしまうかもしれません。

 

その際は、結局業者に依頼することになるので、最初から業者に依頼しておいた方が効率がいいです。また、ケガをしてしまう危険性もあります。さまざまなリスクがあるので、業者に依頼することをおすすめします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

レンジフード取り付けを依頼したときの料金

レンジフードの取り付けをするときに気になるのが費用です。費用を明確にできないと、不安で依頼することをためらってしまうでしょう。費用の計算方法をご紹介するので、参考にしてみてください。

 

安心して業者に依頼するためには、信頼できる業者を見つけることが大切です。信頼できる業者には、見積もりをおこなってくれるか、電気工事士の資格があるかなど、いくつかのポイントがあるため確認していきましょう。

 

レンジフードの取り付けでかかる費用の計算方法

レンジフードの取り付けでかかる費用の計算方法

 

レンジフードを取り付けるときに発生する費用に影響する項目ご紹介します。以下のような項目を足して計算していくと、おおよその費用が見えてくるでしょう。

 

新しいレンジフード本体の価格
メーカーや性質によって価格は異なります。お手入れが楽なフィルターのない商品も販売されています。さまざまなデザインの商品があり、優れていればいるほど費用も高くなります。

 

レンジフード周辺状況
レンジフードの横に壁などのさえぎるものがない場合は、横幕板を設置する必要があるので設置する費用もかかります。

また、マンションは連動ダンパーを取り付けているケースがあります。連動ダンパーとは、レンジフードを稼働させたときに外気の吸気を行うものです。連動ダンパーがある場合は、配線工事を行わなければならないので費用が発生します。

 

業者の作業費
依頼する業者によって料金設定がさまざまです。以前のレンジフードを処分費用や、運搬費、作業費は別で発生する業者もあります。

 

業者の費用はさまざまなので、見積もりを依頼するといいかもしれません。見積もりをとることで、より正確な費用を知ることができます。

 

レンジフードの取り付けはどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

レンジフードの設置を行っている業者は多く存在するので、どの業者に依頼しようか迷ってしまいます。レンジフードは料理をするうえでとても大切なものなので、信頼のできる業者にまかせましょう。

信頼のできる業者を選ぶためのポイントを紹介します。

 

無料で見積りをしてくれる
上記でも紹介しましたが、見積もりをしてもらうことでおおよその費用を知ることができます。無料で行っている業者もあるので、依頼して損はないでしょう。また、複数の業者に見積もりを依頼することで、比較することもできます。料金設定が不適切でないか確認すると安心です。

 

ホームページや口コミを見る
ホームページを見ることで、業者の雰囲気やおおよその料金設定を知ることができます。口コミは、実際に依頼した人が記入しているので参考になるのではないでしょうか。事前に業者について詳しく調べておくようにしましょう。

 

電気工事士の資格
レンジフードの取り付けは、電気工事をすることもあります。そのため、電気工事士の資格を持っている業者に依頼すると安心でしょう。電気工事士の資格は、正しく電気工事を行うことができる人に与えられるものです。

 

上記のことをポイントにして、業者を選ぶと安心です。のちに思っていたのと違う…というトラブルをなくすことができるでしょう。

 

レンジフードの取り付けをご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

レンジフードの取り付けをしたいときにすぐに業者に依頼するのではなく、業者について詳しく調べておきましょう。また、のちに多額の請求をされるトラブルをなくすために、見積もりを依頼すると安心です。

 

電気工事110番では、無料で見積もりを行っています。無料なのでどなたも気軽に相談していただけます。また、見積もり後に追加の料金が発生することがない、キャンセルも可能という点も安心できます。

 

さらに、24時間365日対応しているので緊急時にも最適です。レンジフードの取り付けについて不安なことがありましたら、相談してみるといいでしょう。どんな些細なことでも構いません。相談から設置まで丁寧に対応してくれます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

レンジフード交換の流れや選び方!費用は…?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

レンジフードの交換を依頼したときの流れを紹介!自分でもやれるものなの?

キッチンのコンロ上に設置されているレンジフードは、空気を換気する役割があります。料理をした際に発生する油汚れや、空気の汚れを排気してくれるのです。レンジフードの寿命は10年ほどといわれており、徐々に劣化していってしまいます。

 

寿命が近づくとレンジフードを作動していても、臭いや煙がこもったままという現象が起きるでしょう。レンジフードがうまく作動しない場合は、交換の合図かもしれません。また、最近ではプロペラファンからシロッコファンに交換する方も多くみられます。ご家庭によってレンジフードを交換する理由はさまざまですが、交換することでキッチンを快適に使えるようになるでしょう。

 

レンジフード交換を業者に依頼したときの流れ

レンジフード交換を業者に依頼したときの流れ

 

レンジフードを交換するときの流れを紹介します。

 

① 業者を選ぶ
まずは、依頼する業者を選びます。業者の選び方のポイントは、記事の終盤で詳しく紹介しますので参考にしてみてください。

 

② レンジフードを選ぶ
設置するレンジフードを選びます。こだわりをもっている人は、自分で探すといいでしょう。自分で選ぶのが不安な方は、業者に商品を紹介してもらうと安心かもしれません。

 

③ 見積もりを依頼
決定した業者に見積もりを依頼しましょう。事前に見積もりをすることで、より正確な費用を知ることができます。

 

④ 交換の工事をしてもらう
業者に交換作業をしてもらいます。

 

2種類のファンから適切なレンジフードを選びましょう

レンジフードには、シロッコファンとプロペラファンの2種類があります。

 

シロッコファン
最近では、シロッコファンが主流です。戸建て住宅にもマンションにもご利用いただけます。円筒で少し長さがあり、騒音が小さいのが特徴です。

 

プロペラファン
羽がプロペラのような形をしており、主に戸建住宅に設置されています。風量が大きくて価格が安いです。最近プロペラファンを利用している人は減ってきています。

 

 

ファンに合わせてレンジフードを交換することが大切です。レンジフードの種類は豊富なので、ファンを選んでおくと決めやすくなるかもしれません。

 

レンジフードには、フィルターがあるものとないものがあります。フィルターがあるとフィルターの掃除に手間がかかってしまいます。フィルターのないものを選ぶと、フィルターの掃除をする必要がないのでお手入れが楽になります。

また、ボタンを押すとフィルターの掃除をしてくれる商品もあります。機能性が優れたものも増えているので、自分にあったレンジフードを購入することができます。

 

レンジフードを交換する際は、ファンの形状やフィルターの有無、機能性など選択肢が多いです。業者に相談すると的確なアドバイスをくれるので、安心して決めることができるでしょう。

 

レンズフードの交換を誤ると消防法にひっかかる?!

レンジフードの幅や位置の高さは、消防法によって決められています。レンジフードは加熱器具よりも広い幅のものを設置しなければいけません。

 

レンジフードを設置する際の決まりもあるので注意しましょう。規則を守るためにも、業者に相談すると安心です。レンジフード選びからお手伝いをしてくれます。

 

自分でレンジフードの交換をしようと考えている方もいるかもしれません。おそらく、業者の費用を抑えるためでししょう。しかし、レンジフードの設置には決まりごともあるので、自分で行うと不適切な状態で完成してしまう可能性があります。

 

レンジフードの位置も高いので、作業も大変です。失敗して業者に依頼するのは二度手間になってしまうので、最初から業者に依頼した方がいいのではないでしょうか?
安心と安全のためにも、業者に相談するといいでしょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

レンジフードの交換を依頼したときの料金

レンジフードの交換を依頼するときに気になるのが費用です。おおよその費用がわからないと不安で、依頼するのをためらってしまうでしょう。

 

費用はご家庭によって異なりますが、下記で紹介する項目をもとに計算するとおおよその費用を出すことができます。レンジフードの交換する際、費用の参考としてご利用ください。

また、信頼できる業者の見つけ方についてもわかりやすく紹介します。

 

レンジフード交換でかかる費用の計算方法

レンジフード交換でかかる費用の計算方法

 

レンジフードの交換をするときの費用を計算するときには、以下のような項目が影響してきます。

 

レンジフード本体の価格
施工の難しさ
開口の広さ
その他業者によって発生する料金

 

以上のものが主に発生します。ひとつひとつの料金を明確にすることで、おおよその費用を知ることができます。業者によって、出張費などの費用が発生する可能性もあります。状況や選ぶ業者によって料金は変動するので注意しましょう。

より正確な金額を知りたい方は、業者に相談すると安心です。まずは、見積もりをすることで具体的な料金をだします。

 

レンジフードの交換はどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

多くの業者があるので、どの業者に依頼するか迷ってしまいます。信頼できる業者を選ぶポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

無料で見積もりをしてくれる
費用面で不安という方は多いでしょう。レンジフードを交換する際の費用を、無料で見積もりをしてくれる業者もあります。

 

無料なので依頼をして損はないのではないでしょうか。事前に見積もりをしておくことで、のちに多額の請求をされるという心配もなくなるでしょう。また、複数の業者に見積もりを依頼すると、比較をすることもできます。

 

ホームページや口コミを見る
ホームページを見ることで、業者の雰囲気や料金設定を知ることができます。口コミは依頼したことのある人が、いい点も悪い点も記入していることが多いです。実際に業者と関わったことのある人の意見なので、参考になるはずです。

 

追加料金の有無
業者によっては、追加料金が発生する可能性もあります。事前に、どのような場合に追加料金が発生するかなどを確認しておくと安心です。

 

のちにトラブルにならないように、上記のことを事前に詳しく調べておくことが大切です。

 

レンジフード交換をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

レンジフードの交換費用は、本体価格や開口の広さによって変わります。これらを参考にしてみると、おおよその費用がみえてくるでしょう。

 

具体的な料金を知りたいというときは、見積もりが便利です。見積もりをすることで本当に必要な費用がわかります。それだけでなく、実際に業者と話をすることで、接客の仕方や雰囲気がいいかなどをチェックすることができます。見積もりはレンジフードの交換を検討されている方にとってメリットが大きいといえます。

 

電気工事110番では、無料の見積もりを行っています。「料金を知るのにお金を取られるのではないか」という心配はご無用です。また、無理に施工を勧めることはありませんので、まずは料金を見てから依頼を決めたい!という方にもぴったりです。まずは見積もりからはじめてみることをおすすめします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ブレーカー増設時に確認したい!注意点や必要費用

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーの増設にかかる費用はどれくらい?ブレーカーの増設はまず状況確認から

ブレーカーの増設は、新しく専門回路を増やしたいときに行うものです。ブレーカーには、分岐ブレーカーがいくつか設置されています。

 

現在設置されている分岐ブレーカーに加えて、エアコンの専用回路を増やしたいなどの事情で、ブレーカーの増設をされる方が多いです。

 

ここでは、ブレーカーの増設するときの注意点や費用などを紹介していきます。

 

ブレーカー増設時の注意点

ブレーカー増設時の注意点

 

ブレーカーの増設するときの注意点があります。ブレーカーは電気を扱うものなので、むやみやたらに増設してしまうと危険です。以下の注意点をふまえてブレーカーの増設をしましょう。

 

ブレーカーをきちんと固定する
ブレーカーを増設するときに、本来取り付けるべき場所の分電盤が埋まっている可能性もあります。その際に、分電盤のまわりに設置してしまうケースがありますが、大変危険です。

 

ブレーカーは、固定しなくてはならない決まりになっています。固定しないとブレーカーがずれてしまいますし、部品が緩んでしまって火事の原因になるかもしれません。ブレーカーは必ず固定してください。

 

分岐ブレーカーを増やしすぎる
ブレーカーは契約内容によって使用できるアンペアが決まっています。分岐ブレーカー単体の使用量が超えてブレーカーが落ちてしまう場合は、分岐ブレーカーを増設することで解決できます。

 

しかし、分岐ブレーカー単体の使用量ではなく、ブレーカー自体の使用量を超えてしまっている可能性もあります。その際に、むやみに分岐ブレーカーを増やしすぎてしまうと危険です。ブレーカーが許容範囲を超えてしまい漏電してしまう可能性があります。

安全に使用するためには、大きなアンペアに対応するブレーカーに交換する必要があります。

 

極性に気をつける
100Vのブレーカーには、極性があります。L=電源 N=アース を接続する必要があるのです。極性の知識をもっていない業者もいるようで、逆に設置されてしまったというケースもあります。

 

ブレーカーは、電気の使い過ぎや漏電しているときに、電気の流れを阻止してくれる役割をしています。しかし、逆に接続してしまうとブレーカーの役割を果たしてくれない可能性があるのです。ブレーカーが役割を果たしてくれないと、火災が発生しやすくなってしまいます。

 

上記のようにブレーカーの増設をするときには、むやみに増やすのは危険なので注意しましょう。

 

状況に応じたブレーカーの増設をしましょう

ブレーカーの増設をする際は、状況にあわせて対応することが大切です。判断の仕方や対応方法をご紹介します。

 

予備ブレーカーの有無を確認
まず、現在の分電盤に予備のブレーカーがついているか確認しましょう。ブレーカーの予備があれば、分電盤内に増設することができます。

予備ブレーカーがない場合は、分電盤の横に子ブレーカーを増設します。分電盤の外に増設するときは、2個までにしておくのがおすすめです。分電盤の設置場所によって2個以上設置できるケースもありますが、一般的には2個程度になります。

 

分電盤の交換をする
上記のように、予備ブレーカーの設置には限りがあります。複数の回路を増やしたい方は、分電盤を交換した方がお得なケースもあります。

また、予備ブレーカーがない場合は、分電盤の外に設置するので見た目が悪くなってしまうのです。この際、分電盤を交換してしまうのも一つの手です。それなりに費用は発生してしまいますが、増設についての悩みも一気に解決されるでしょう。

 

 

ブレーカーを増設は状況にあわせておこなうことが大切です。増設を何度も行う場合は、作業が重なっていきます。今後の安全も考えると、分電盤を交換してしまった方がいいというケースもあるのです。

 

まずはプロに状況を確認してもらいましょう

ブレーカーの増設をするためには、現在のブレーカーの状況を確認することが大切です。ブレーカーの状況によっては、分電盤を交換した方がいい可能性もあります。状況によって発生する費用も異なるので、事前に予備ブレーカーがあるかなどを確認してみましょう。

 

自分で確認するのが難しいという方は、業者に相談するといいでしょう。電気工事110番は、いつでも気軽に相談することができます。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーの増設を依頼したときの料金

ブレーカーの増設を業者に依頼するときに気になるのが費用です。多額になってしまうのを恐れて、業者に依頼するのをためらってしまう方も多いのではないでしょうか。事前におおよその費用を知っておくと安心です。

 

費用の計算の仕方や、信頼のできる業者の選び方を紹介します。

 

ブレーカー増設でかかる費用の計算方法

ブレーカー増設でかかる費用の計算方法

 

ブレーカーを増設するときの費用は状況によって異なります。上記でも紹介しましたが、事前に状況を確認することで、おおよその費用を出すことができます。現在の分電盤の中に増設できるか、分電盤の交換をする必要があるのかによって費用は異なります。

発生する費用や計算方法を紹介していきます。

 

分電盤はそのまま
分電盤の交換をしない場合は、分岐ブレーカーを増設する作業で済むので費用を抑えることができます。

 

・増設するための費用
・業者の作業費
・業者によって発生する費用(出張費など)

 

 

分電盤の交換をする
分電盤の交換をする場合は、本体を購入する費用も発生します。

 

・分電盤の価格
・増設するための費用
・業者の作業費
・業者によって発生する費用(出張費など)

 

上記のものをたせば、おおよその費用を出すことができます。分電盤の価格や業者を調べることで、より明確な数字を出すことができるでしょう。
業者に見積もりを依頼することもできるので、相談してみるといいかもしれません。

 

ブレーカーの増設をどこに依頼しよう…困った時に役に立つ!信頼できる業者のポイント

さまざまな業者があるので、どの業者に依頼するか迷ってしまいます。のちにトラブルにならないために、信頼できる業者に依頼することが大切です。信頼できる業者を選ぶポイントがあるので、参考にしてみてください。

 

ホームページや口コミを見る
ホームページを見ることで、その業者のおおよその金額設定や雰囲気を知ることができます。口コミは、依頼したことのある人がいい点も悪い点も記入していることが多いので、参考になるはずです。

 

無料で見積もりをしてくれる
見積もりを無料で行ってくれる業者があります。無料なので依頼して損はないでしょう。見積もりを依頼することで、費用を明確にすることができるのです。のちに多額の請求をされるというトラブルもなくすことができるかもしれません。また、複数の業者に依頼すると比較できるので選びやすくなります。

 

電気工事士の資格をもっている
配線などの作業をする必要があるので、電気工事士の資格をもっている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、電気工事を正しく行える人に与えられるものです。電気工事士の資格の有無は、業者のホームページに記載されていることが多いので確認してみましょう。

 

まずはお見積りからはじめてみませんか?

ブレーカーの増設は状況によって費用が異なるので、事前に見積もりを依頼することが大切です。

 

電気工事110番では、無料で見積もりを行っています。無料なのでどなたも気軽にお問い合わせいただけます。

「まずは料金だけ知りたい」「料金をみてから施工するかどうか決めたい」という方も遠慮なくご利用ください。

 

また、24時間365日対応しているので緊急時にも最適です。少しでも不安なことがありましたら、いつでもご相談ください。お客様からのお悩みをお伺いし、丁寧・迅速に対応いたします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ブレーカーを交換しよう!タイミングや費用は?

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

 

ブレーカー交換の費用とタイミング、すべて見せます

ブレーカーが漏電してしまったなどの不具合が発生したときに、ブレーカーの交換をする方が多くみられます。

 

また、「同じブレーカーを長年使っていて故障してしまいそう…」と不安を感じて新しいブレーカーに交換をする方もいらっしゃいます。ご家庭によってブレーカーの交換をするタイミングや理由はさまざまです。

 

ブレーカーは、使用できる電気の量を上回ったときや、漏電してしまったときに電気の流れを阻止してくれる大切なものです。同じものを長年使っている方は、劣化して故障してしまう可能性があります。

 

故障してしまうと電気がつかないなど、日常生活にも支障が出てしまいます。故障してしまう前に交換しておくことをおすすめします。

 

当てはまりませんか?ブレーカーの交換時期がきているかもしれません

当てはまりませんか?ブレーカーの交換時期がきているかもしれません

 

ブレーカーを交換するべきタイミングをご紹介します。以下にご紹介するものに当てはまりませんか?

 

同じブレーカーを13年以上使っている
ブレーカーの寿命は平均13年ほどといわれています。環境によって寿命は変動しますが、徐々に劣化していくことには変わりません。

 

また、古いブレーカーを長く使っていると漏電が発生してしまう原因にもなります。ブレーカーを長く使っている場合は、新しいものに交換すると安心です。

 

ブレーカーの調子が悪い
ブレーカーの寿命に関わらず、不具合を感じたら交換した方が安心です。部品が故障をしている可能性があります。ブレーカーを使い始めて5年ほどでしたら修理した方が安いかもしれません。

 

しかし、7.8年以上使っている場合は、修理してもまたすぐに不具合が起きてしまう可能性があります。後のことを考えると何回も修理するより、交換した方がお得なケースもあるのです。

 

契約内容の電力を変えたい
ブレーカーを設置する際に、使用できる電気の量を取引先と契約します。しかし、ご家族の人数が増えるなど使用頻度が増えると、使う電気の量も多くなっていきます。契約した電気の量を超えるとブレーカーは落ちてします。

 

契約アンペアを増やしたい場合は、契約内容を変更する必要があります。その際に、「このタイミングで新しいものに交換しよう!」と検討される方が多いです。

 

上記に思い当たることがある場合は、ブレーカーの交換時期といえます。
ブレーカーを交換しておくことで、漏電する可能性も軽減でき、過ごしやすくなるでしょう。

 

 

どれを選べばいい?ブレーカーの選び方のポイント

ブレーカーの交換をするとき、ブレーカー選びに迷ってしまうでしょう。商品も価格もさまざまです。ブレーカーを選ぶときのポイントをご紹介します。

 

・高価なものがいいわけではない
「高いもの=優秀」といったイメージがありますが、必ずしもそうとは限りません。さまざまな金額のブレーカーが販売されています。最近では、ほとんどブレーカーが最新のものになっています。高価だからと特別に性能がいいというわけではないのです。

 

・予算に見合ったブレーカーを選択する
ブレーカーはさまざまなものが販売されています。種類が異なれば価格帯もさまざまあります。ブレーカーにかける予算は人それぞれです。ブレーカー本体の価格もチェックして、予算にピッタリのものを選びましょう。

 

・業者に相談する
ブレーカーについて知識をもっている方は少ないでしょう。自分では選べないという方は、業者に相談してみるといいかもしれません。業者の人はさまざまな知識をもっているので、安心してブレーカーを選ぶことができるでしょう。

 

ブレーカーの交換は自分でやっちゃだめ!!必ず業者に依頼しましょう

ブレーカーを交換する際に、業者に依頼する費用を抑えたいという理由で、自分で交換作業をしようと考えている方もいるかもしれません。簡単な作業に見えるかもしれませんが、配線などを取り扱う必要があるので大変危険です。無理やり自分で作業するのはやめましょう。

 

最悪の場合、けがをしてしまうかもしれません。ケガをしてしまったら、病院の費用もかかります。業者に依頼する費用を抑えようと、自分で作業をした意味がなくなってしまうのです。

 

ブレーカーは、比較的高い場所に設置されているので、作業をするときも体に負担がかかってしまいます。

 

また、ブレーカーの交換をするためには資格が必要なので、知識を持っている業者に依頼をしましょう。業者を選ぶときは、気工事士の資格をもっている業者に依頼すると安心です。

 

電気工事士の資格は、正しく電気工事を行えると認められた人に与えられるものです。業者のホームページなどに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーの交換を依頼したときの料金

ブレーカーを交換する際、気になるのが費用です。ブレーカーを交換するために発生する費用は、本体の価格や選ぶ業者によって異なります。

 

また、業者によって追加料金などが発生する可能性もあるため、事前に確認しておくことが大切です。また、見積もりを依頼することで、おおよその費用を知ることができます。

 

ここではブレーカー交換にかかる費用を中心にご紹介していきます。

 

ブレーカー交換にかかる費用の計算方法

ブレーカー交換にかかる費用の計算方法

 

ブレーカーを交換する際に発生する費用の計算方法をご紹介します。

 

【発生する費用】
レーカー本体の価格
業者に依頼する作業費
その他、業者との契約で発生する費用(出張費など)

 

上記のものが主に発生する費用なので、それぞれ費用金額を足していけばおおよその費用がわかるのではないでしょうか。

 

費用を計算するうえで1番重要になるのは、依頼する業者です。ブレーカーの本体施工費を提示している業者や、ブレーカーの価格と作業費は別料金になっている業者があります、業者によって費用の設定はさまざまなので注意しましょう。

また、業者によって現場に出向かうための出張費が発生する可能性があります。交換の依頼をする前に業者に見積もりをしてもらうことが大切です。思っていた金額と違う…というトラブルをなくすことができるかもしれません。

 

こんな使い方していませんか?ブレーカーの危険な使い方

ブレーカーは電気を流しているものなので、危険な使い方をすると火災などにつながってしまう可能性があります。よくみられる危険な取り扱い方法を紹介します。

 

寿命を過ぎているブレーカーを使っている
高温になりやすい場所に設置している
何度もブレーカーの開閉をしている

 

上記でも紹介しましたが、ブレーカーの寿命は13年ほどといわれています。13年以上たっているブレーカーを使っていると、漏電してしまう可能性が高いです。故障してしまう前に交換しましょう。

高温になりやすい場所に設置していると劣化の進行が早くなる、何度もブレーカーを開閉すると故障しやすくなります。その分、ブレーカー交換の頻度が多くなり、余計な出費が増えます。

ブレーカー交換に必要以上のお金をかけたくないというときは、ブレーカーを正しく使うことが大切なのです。

 

ブレーカー交換をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

電気工事110番では、無料で見積もりを行っています。どなたも無料で利用できるため、見積もり依頼をして損はありません。

また、見積もり後の追加料金はないため、相見積もりをしている方にとって他社との料金比較がしやすいです。さらに見積もり後のキャンセルが可能なので、依頼を決めていない方、まずは料金だけ知りたい方でも遠慮なくご利用ください。

 

見積もりや相談、施工は24時間365日全国で対応しているので、緊急時にも最適です。
ブレーカーの交換について気になる点や、不安なことがある方は、お気軽にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ブレーカーが落ちるのはなぜ?原因や症状、対処法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーが落ちてしまう…その状況から原因と適切な対処法を見つけましょう!

家で電気を使っていると、突然ブレーカーが落ちて家じゅうが真っ暗に!こんな経験を人生で一度は経験したことがあると思います。何度も何度も頻繁に起こるご家庭もあるかもしれません。

 

なぜブレーカーは落ちてしまうのでしょうか?ブレーカーを落ちにくくする方法はないのでしょうか? じつは、ブレーカーの落ち方によって原因が違います。

 

原因が違えば、もちろん対処方法も違います。ここでは、ブレーカーが落ちる原因と、症状別の対策方法を伝授します。

 

落ちたときにどんな症状がありますか?

落ちたときにどんな症状がありますか?

 

ブレーカーが落ちたときの原因は、「家全体の電気が落ちるのか」「一部の部屋だけで電気が落ちるのか」という症状の違いによって判別できます。電気が落ちたら、まずは2つの症状と3つのブレーカーを確認してみましょう。

 

 

家全体の電気が落ちる場合

 

ブレーカーが落ちたときに家中の電気が止まってしまう場合は、アンペアブレーカーが落ちているか、漏電ブレーカーが落ちているという2つの原因が考えられます。

 

アンペアブレーカーは家全体の電力にかかわるもので、ブレーカーの中でもひときわ目立つように設置されているスイッチです。

 

もう一つの漏電ブレーカーとは、漏電を察知すると自動的に電気を止める機能を持ったブレーカーです。赤と黄色のライトと一緒に埋め込まれています。

 

 

家の一部の電気が消える場合

 

一つの部屋だけで電気が使えなくなる場合、安全ブレーカーが落ちてしまっている可能性が高いです。安全ブレーカーは、一つの部屋で電力を管理するものです。

 

小さめのスイッチがいくつも並んでいるのが安全ブレーカーであり、それぞれのスイッチがご自宅の各部屋のコンセントにつながる回路に対応しています。

 

ブレーカーが落ちる原因と対処法

よく起こるのが「電化製品をいくつも使ってブレーカーが落ちた」というトラブルですが、それ以外でも、「家電の消費電力は大きくないはずなのになぜかブレーカーが落ちた」という状況が起こります。

 

先ほどご紹介した3種類のブレーカーは、それぞれどんなことが原因となって電気が使えなくなるのかを知る指標となります。ブレーカー別の対処方法を見てみましょう。

 

アンペアブレーカー

 

【原因】

アンペアブレーカーが落ちる原因はずばり電力の使いすぎです。エアコンや電子レンジ、IHコンロなどの消費電力が高い電気機器を同時に使うことで突然落ちてしまいます。

 

【対処法】

アンペアブレーカーが落ちないようにするには、電気会社と契約しているアンペア数を変えましょう。アンペア数が変わると今までのブレーカーでは電力に対応できなくなることがありますので、ブレーカー交換も同時におこないます。

 

漏電ブレーカー

 

【原因】

漏電ブレーカーが落ちたときは、ご家庭のどこかの回路で絶縁体が破損し、漏電している可能性があります。

 

【対処法】

① まず漏電ブレーカーを落としたままにする

② 安全ブレーカーを全てオフにする

③ 漏電ブレーカーをオンにする

④ 安全ブレーカーを一つずつオンにしていく

全ての安全ブレーカーを確認すると、オンにした安全ブレーカーが自然に落ちる箇所があります。そのスイッチに対応している部屋で漏電が起きているという証拠です。

 

安全ブレーカー

 

【原因】

対応する部屋の電気を使いすぎると安全ブレーカーが落ちてしまいます。

 

【対処法】

落ちた安全ブレーカーがどれかを見て、どの部屋で電力を使いすぎたのかを確認します。そしてブレーカーが落ちた部屋のコンセントからすべてのプラグを一度抜き、安全ブレーカーを入れなおしましょう。

 

ブレーカーが頻繁に落ちるときは、契約アンペア数を見直してみましょう

アンペア・安全ブレーカーが頻繁に落ちるときは、契約アンペア数の見直しが必要です。

 

何度も落ちるということは、契約中のアンペア数ではご自宅での家電の使用に見合っていないということなので、電気会社に連絡してプランを変更してアンペア数を増やすことで改善できるでしょう。

 

ここで注意していただきたいのが、プランを変更するとブレーカー交換も必要になってくるということです。ブレーカー交換は業者にお任せください。 また、漏電が原因の場合にもすぐの対処が必要です。漏電ブレーカーが頻繁に落ちる、異常に電気代が高い、というようなときは漏電しているかもしれないので、早めに電気工事業者にご相談ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

ブレーカーが落ちる…依頼したときの料金

電力会社とのアンペア数の契約を変えたときにはブレーカーを交換しなければならず、漏電したときには回路を安全に直してもらう必要がありますので、電気工事業者にお世話になります。

 

しかし、業者に依頼するとなると、費用が気になってしいますよね。どの業者なら安心してまかせられるのだろう…と頭を悩ます方もいるかもしれません。

 

業者に依頼する前の不安を取り除くためには、まずは業者依頼にかかる費用がどのように決められるのかを知り、信頼できる優良業者の探し方をマスターすることが大切です。

 

ブレーカーが落ちたときにかかる費用の計算方法

ブレーカーが落ちたときにかかる費用の計算方法

 

ブレーカーが落ちたときに電気工事を依頼する場合、費用のポイントとなるのは原因となるブレーカーの種類です。

 

修理対象のブレーカーの種類によって費用を設定している業者が多く見られるのです。 3種類のブレーカーの中でも、とくに漏電ブレーカーの工事の場合は費用が高くなる傾向にあります。

 

漏電してしまっている場合や、漏電していなくても漏電ブレーカー自体が壊れてしまってる場合には、費用が高くつくと考えましょう。

 

また、状況に応じて、また業者によっても費用は大きく左右されます。できるだけ安く施工してほしいという方は、いくつかの業者に費用を見積もってもらい比較しましょう。

 

ブレーカーが落ちたときはどこに依頼する?信頼できる業者の見つけ方

業者選びをするうえで費用のほかに重要なのが、「信頼性の高さ」です。安心・安全な業者を見つけるためには、次のような点に注目してみましょう。

 

・実績を確認する(施工件数が多い)

・自分が頼みたい修理・交換に対応しているかチェックする

・業者ホームページの料金設定を見る

・実際に見積りを依頼してみる

・電話をかけて相談してみる

 

 

各業者のホームページを見るほかに、実際に業者を使用した人の口コミを見て聞いてみることでも業者の善し悪しを知ることができます。

 

しかし、口コミや感想はあくまでも他人の意見です。自分なりの判断基準で業者を見極めることも大切です。

 

まずはお見積りからはじめてみませんか?

気になる費用をしっかりと把握することで、業者依頼のハードルがいくらか下がります。また、信頼性の高い業者をしっかりと見極めることも大切です。

 

安心してまかせられる業者の探し方をいくつかご紹介しましたが、その中でも一番大事なのが見積もりです。

 

弊社では、完全無料で見積もりを依頼していただけます。じっくりと業者を見て選びたいという場合でも、他社様との相見積もりで比較していただくことも可能です。

 

自分にとって最適な業者選びの選択の一つとして、まずは電気工事110番で無料見積もりをしてみませんか?不安なこと、ご相談等ありましたら、24時間365日いつでも当相談窓口にご連絡ください。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ブレーカーの修理に必須!故障箇所の確認方法

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ブレーカーの修理マニュアル!チェックの方法から費用まで徹底解説

ブレーカーは、電気の使い過ぎや漏電を防ぐためにあります。電気の使い過ぎや漏電によって火災へとつながる危険性がありますが、ブレーカーが電気の流れを阻止してくれるのです。

 

安全な生活のために欠かせないのがブレーカーです。そんなブレーカーに不具合が起きたら、適切な修理が必要になります。調子が悪いな…と感じたときのチェック箇所や対処法をお伝えします。

 

ブレーカーの調子が悪いときはパーツごとチェックしてみましょう

ブレーカーの調子が悪いときはパーツごとチェックしてみましょう

 

ブレーカーには3つのパーツがあります。それぞれどのような役割をしているか知っておくことで、ブレーカーが落ちたときに原因を発見することができます。

 

主開閉器

電力会社と契約した量の電気をうわまわった際に、電気の流れを阻止するものです。主開閉器が何度も落ちるという方は、電気の使用量がたりていないので契約内容を変更するといいでしょう。

 

 

回路別ブレーカー

家庭ごとに家の電気回路はいくつかに分かれています。「トイレ・浴室」「一階の照明」「二階の照明」などで分かれており、エアコンなど電力の大きいものは専用のブレーカーが設置されています。回路ごとに20Aの電気が流れますが、回路の電力の上限を超えると回路別ブレーカーが落ちるのです。頻繁に同じ回路が落ちる場合は、回路を増やす工事を依頼するといいでしょう。

 

 

漏電ブレーカー

漏電が起きてしまった際に、電気の流れを遮断してくれるブレーカーです。漏電ブレーカーが落ちた場合はどこかで漏電が起きていると考えられます。漏電している場合は、二次災害が起きる可能性もあり大変危険ですので、できるだけ早く業者に相談しましょう。

 

漏電している可能性も?!見分け方と対処法

漏電ブレーカーが落ちてしまった場合は、どこかで漏電が起きている可能性があります。漏電箇所を特定する方法や、対処法をご紹介していきます。

 

まずは、本当に漏電しているか確認しましょう。一度すべてのブレーカーを切り、一つずつ電源をいれます。一つずつ確認していき電源を入れることのできないスイッチがあれば、そのスイッチの電線が漏電していると考えられます。漏電している場合、何度電源を入れてもブレーカーが落ちてしまうため、原因箇所を特定することができるでしょう。

 

漏電している場合は、無理やり自分で対処するのではなく業者などのプロにおまかせしてください。感電してしまう可能性もあり、大変危険です。

 

漏電箇所を放置しておくと、感電や火災が発生してしまう可能性があります。さまざまな被害が起きてしまうので、漏電を発見したらできるだけ早く業者に相談をしましょう。

 

ブレーカーの修理は電気工事のプロが行う仕事

ブレーカーの修理は、電力会社では行えないケースが多いです。ブレーカーの修理は、電線などの電気工事が必要になります。そのため、電気工事士の資格を持っていないと正しい作業ができず危険なのです。

 

賃貸住宅にお住いの方で、ブレーカーの修理を行いたい場合は、大家さんや管理人さんに連絡をしましょう。貸し借りの契約のため、勝手に修理をしてしまうとトラブルになってしまう可能性があります。大家さんや管理人さんの指示のもと行動するようにしましょう。

 

ブレーカーの修理は電気工事のプロにまかせるのが一番安全です。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

気になるブレーカー修理の費用内訳や良い業者の探し方

ブレーカーの修理を考えている人の多くが気になるものは、費用ではないでしょうか?

 

費用は状況や修理箇所によって異なります。詳しい計算方法を下記で解説していきます。また、契約内容が違った…などのトラブルも多く発生しているため、信頼のできる業者に依頼することが大切です。信頼できる業者の見分け方なども紹介しますので、参考にしてみてください。

 

ブレーカー修理でかかる費用の計算方法

ブレーカー修理でかかる費用の計算方法

 

ブレーカーの修理費用は状況や修理箇所によって変動します。

 

・ブレーカーの交換

修理ではなくブレーカーの交換する場合は、交換する部品によって費用が異なります。上記でも紹介しましたが、ブレーカーには「主開閉器」「回路別ブレーカー」「漏電ブレーカー」があり、部品によって価格も変動するのです。比較的、漏電ブレーカーが一番費用がかかるといわれています。

 

・分電盤の交換

分電盤とは、電気をふり分ける役割をしている箱のようなものです。箱の中にはさまざまなスイッチがあり、停電したときに確認することも多いため目にしたことがあるのではないでしょうか。分電盤自体の交換をする際は、ブレーカーの部品を交換するよりも価格が高くなります。

 

・漏電している場合

電線が漏電している場合は、電気工事を行う必要があります。そのため作業費に加えて、電気工事の費用もかかってしまうのです。

 

また、業者によって作業費用が異なります。現場に出向かうための出張費が発生する業者もありますし、契約内容はさまざまです。

 

ブレーカーの修理をしたい!安心してまかせられる業者を探すには…

最近では、業者の数も増えておりさまざまな業者が存在します。そのため、どのような基準で業者を選ぶべきか悩んでしまうでしょう。いい業者を選ぶためのポイントがあるので紹介します。

 

無料で見積もりをしてくれる

現地にてブレーカーの修理の見積もりを無料で行ってくれる業者があります。事前に見積もりをしておくことで、のちに多額の請求をされるというトラブルをなくすことができるかもしれません。また、複数の業者に依頼することで比較することができます。

 

ホームページや口コミを見る

ホームページには業者のさまざまな情報がのっているため、業者の雰囲気なども感じることができるでしょう。口コミは依頼した人が、いい点も悪い点も書いていることが多いので参考になります。

 

電気工事士の資格の有無

ブレーカーの修理は、配線を取り扱う作業する可能性があります。そのため、電気工事士の資格を持っている業者に依頼すると安心です。電気工事士の資格は、正しく電気工事を行うことができると認められた人に与えられるものです。資格の有無はホームページに記載されていることが多いので、確認してみましょう。

 

保証期間の有無

修理をしてもすぐに不具合が起きてしまう可能性があります。そのため、保証期間を設けている業者に依頼すると安心です。保証期間内でしたら、無料で対応してくれるでしょう。

 

 

 

業者を決めるときは、情報を集めて慎重に選びましょう。上記のポイントを参考にしてみてください。

 

まずはお見積りから!具体的な金額を知ることからはじめてみませんか?

ブレーカーの修理を依頼する際は、事前に見積りを依頼すると安心です。ホームページを見ただけでは確実な費用はわかりません。症状によって料金が異なりますが、現地にて見積もりをしてもらうことで正確な費用を知ることができます。

 

電気工事110番では、見積りを無料で行っています。また、24時間365日対応しているので緊急時にも最適です。ブレーカーの修理などブレーカーについてお困りのことがありましたら、電気工事110番に相談してみてはいかがでしょうか?

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

インターホンの取り付け方法は?優良業者の探し方

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

インターホンを取り付けは自分でできる?業者に頼むと費用はどれくらい?気になる疑問点まとめ

近年では、さまざまな機能やをもつインターホンが販売されています。「インターホンの不具合が多くなってしまったから買い替えたい」という方や、「防犯対策を強化したい」という方々がインターホンの取り付けを検討されます。

 

お年寄りの方の場合、インターホンの音を聞き取りづらいと悩んでいる方も多くみられます。便利な機能がついたインターホンが増えているので、用途にあったインターホンを見つけることができるでしょう。自身に合ったインターホンを取り付けることでお悩みを解決できるかもしれません。

 

インターホン取り付けは自分で?それとも業者?まずはインターホンの種類をチェック!

インターホン取り付けは自分で?それとも業者?まずはインターホンの種類をチェック!

 

インターホンには自分で取り付けることのできるものと、できないものがあります。

自分で取り付けのできるもの

  • 電源プラグ式のインターホン
  • 乾電池式のインターホン

上記のものは、配線の工事が必要ないので自分で設置することができます。

 

自分で取り付けるのは困難なもの

  • 電源直結式のインターホン
  • ガスの警報機と連動しているインターホン
  • マンションなどのオートロックと連動しているインターホン

上記のものは、配線の工事が必要なため、自分で設置するのは困難だといえるでしょう。作業内容によっては、電気工事士の資格が必要なものもあります。

 

自分でインターホンを取り付ける方法

自分でインターホンを取り付ける際に必要なものや手順をご紹介します。

 

▼必要なもの

  • ・インターホン本体
  • ・プラスドライバー

 

 

▼作業方法

 

① 現在使っているものを外す

    • ・現在設置されているインターホンの固定ネジをプラスドライバーで緩めます。ネジを緩めると、簡単に本体を取りはずすことができます。

 

    • ・本体の裏側に室内のインターホンとつながっているチャイムコードが接続されています。チャイムコードもプラスドライバーでネジを緩めると簡単に取りはずすことができます。

 

  • ・子機が固定されている台座を外しましょう。プラスドライバーでビスを2本取りはずすと台座もはずれます。

 

 

② 新しいインターホンを取り付ける

    • ・配線を触る必要のないものは、取り外しの作業と逆の流れで設置すれば終了です。

 

  • ・配線を作業する必要のあるものは、インターホン本体を取り付ける前に配線をつなぐ必要があります。配線をつないだ後にインターホン本体を設置します。

 

 

上記のような手順でインターホンの取り付けをすることができます。

 

配線の作業をする必要がある場合は、導線に触らないようにするなどの注意をしなくてはなりません。配線を使う作業は大変危険ですし、知識がないと困難です。無理やり自分で行うのではなく、業者に依頼するとケガなども防げて安心かもしれません。不安な方は一度業者に相談してみましょう。

 

業者に依頼しなくてはいけないインターホンをお使いの方、作業が不安な方はぜひご相談を!

インターホンは自分で設置できるものとできないものがあります。無理やり自分で作業してしまうとケガをしてしまう恐れがあります。不安な方は業者に依頼するといいでしょう。

 

インターホンの機能も便利なものが増え防犯対策にも最適です。録画機能のついているものや、広範囲が映るインターホンがあります。また、タッチパネルで操作できるものなどと便利な機能も導入されており、用途に合わせて購入することができるのです。

 

インターホンを設置することで、防犯対策ができ過ごしやすくなるのではないでしょうか?インターホン取り付けについてお困りのことがありましたら、業者に相談してみましょう。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

インターホンの取り付けを依頼したときの料金

インターホンの取り付けを検討されている方にとって気になるものが費用です。「費用が多くかかってしまうのではないか…」と心配している方もいるのではないでしょうか。

 

インターホンの取り付けには、費用を抑えるポイントがあります。ポイントを抑えることで、できるだけ費用を安くしてインターホンを取り付けることができるかもしれません。下記にて費用の計算方法や費用の抑えるポイントなどをご紹介していきます。

 

インターホン取り付けでかかる費用の計算方法とお得に施工するコツ

インターホン取り付けでかかる費用の計算方法とお得に施工するコツ

 

イヤホンを設置する際の費用は以下のものによって変動します。

 

 

  • インターホンの台数
  • インターホンの本体価格
  • インターホンの交換か新規か

 

インターホンの取り付けの費用を知るためには、台数や本体などを明確にする必要があります。近年、インターホンの本体はさまざまなものが販売されているので、機能や性質だけでなく予算に合わせて選んでみましょう。

 

費用をできるだけ抑えるためには、求めている機能のみがついている商品を探すといいでしょう。機能性が多いものや優れているものほど高くなっていきます。そのため、自分が求めている機能だけのものを選ぶことによって、比較的費用を抑えることができるのです。設置する台数や機械について一度検討してみましょう。

 

本体の価格は税別で表示されていることもあります。税込みか税別かによって大きく料金が変わってしまうこともあるので、表示形式を確認するといいかもしれません。

 

新規で設置するか交換かによっても費用が変動します。交換の場合は、基本的に本体価格と作業料金のみなので、費用を抑えることができます。

 

しかし、新規で設置する場合は、設置する際に導線などの工事が必要になる可能性があり、作業の費用が多くかかってしまうこともあるのです。電源コード式のものや無線でつなぐことのできるワイヤレス式のものでしたら、配線作業を行う必要がないので作業費を削減することができます。

 

作業の費用は業者によって異なります。一度業者に相談してみるといいでしょう。

 

インターホンの取り付けはどこにまかせよう?信頼できる業者の見つけ方

インターホンの設置を行っている業者は多いため、業者選びに迷ってしまいます。以下のような業者を選ぶといいでしょう。

 

  • 口コミなどの評価がいい
  • 電気工事士の資格を持っている
  • 無料で見積もりをしてくれる

 

業者のホームページや口コミで業者について調べましょう。口コミは依頼した方が良い点も悪い点も書いていることが多いので参考になります。

 

また、ホームページなどで電気工事士の資格を持っているかの確認をしておくといいかもしれません。電気工事士の資格は、正しい方法で配線などの作業ができる人に与えられるものです。電気工事士の資格を持っている業者を選ぶと安心でしょう。

 

施工前に無料で見積もりをしてくれる業者に見積り依頼をすると、おおよその費用を知ることができます。また、複数の業者に見積もりを依頼することで比較することもでき、選びやすくなります。しかし、安いという理由だけで選ぶことはやめましょう。のちに追加料金が発生する可能性がありますので、きちんと確認しておきます。

 

インターホンの取り付けをご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

インターホンの取り付けは、自分でできるものとできないものがあります。電気工事士の資格が必要な場合もあるなど、知識を持っていなくては困難なケースもあるのです。

 

無理やり自分で作業してしまうとケガをする可能性もあるので、不安な方は業者に依頼しましょう。

 

電気工事110番では、無料で見積りや相談に対応しています。見積り後の追加料金はなし、見積り後でもキャンセル可能なので、どなたにも安心してご利用いただけます。

 

不安なことやお困りのことがありましたら、お気軽にご相談ください。全国で365日24時間受け付けています。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

施工種別

蛍光灯交換 配線工事 シーリング取り付け その他

満足度
施工エリア

代・

ドアホンを増設するために知っておくべきことや業者の選び方

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

目次

ドアホンの増設。玄関子機を増やしたい、ワイヤレス子機を増やしたい…。どうすればいい?

今では当たり前のようについているドアホンですが、「ほかの部屋にいると音が聞こえない」というようなお悩みを持つことはありませんか?

 

通常子機は1台しか設置されていないので、その場所から離れているとインターホンが鳴っても聞こえないことがあるようです。そんな問題を解決してくれるのがインターホンの増設です。

子機を設置しておけば、ほかの部屋の掃除をしているときや、ベランダで洗濯物を干しているときでも来客を知ることができます。また、ご自宅に出入り口が2つあるという方や、部屋同士で通話したいといった理由で増設を考えられる方もいらっしゃいます。

ドアホンの増設をする理由はご家庭によってさまざまですが、ドアホンを増設することで過ごしやすい環境をつくることができるのです。

 

玄関にあるドアホンを増設できるかできないか…ここをチェック!

玄関にあるドアホンを増設

 

玄関にあるドアホンを増設できるのか?何台まで増設できるか?は機種など種類によって異なります。玄関に設置する玄関子機は親機とつなぐ必要があるので、親機の種類によって変わるでしょう。ドアホンの種類を把握してインターネットで調べると、増設できる機種なのか、何台まで増設することができるかを確認することができます。

 

また、親機が古いものでしたら対応できるものが存在しない可能性があります。その際は、ドアホンの親機ごと変えてしまった方が早いです。最近では、優れた商品がたくさん販売されています。増設できない場合は、親機を買い替えるいい機会かもしれません。

 

増設機の性能に注目してみましょう

増設する子機を選ぶときは性能に注目してみましょう。近年では便利なものが増えてきているようです。

 

・通話のみ可能のドアホン

価格を安く抑えたい方や、防犯対策が必要ない際に選ばれることが多いです。

 

・テレビドアホン

通話先の様子を見ることができます。録画が可能な商品もあり、安心して対応できます。

 

・セキュリティ機能付きドアホン

窓やドアに専用のセンサーを設置することで、危険な時に通報してくれる機能がついています。防犯対策を強化したい方におすすめです。

 

 

それぞれ特徴があるので、用途に合わせて選ぶといいでしょう。最近では、ドアホンのメロディーを変更できる機能がついているものが販売されているので、自分の聞きやすいメロディーに設定することができます。

 

また、タッチパネル対応のものやボイスチェンジのできる商品もあります。女性が不安な時にボイスチェンジで男性の声で対応することで、防犯対策へとつながるかもしれません。

 

自分でドアホンを探せる自信がないときは業者に確認してみては?

ドアホンを増設するときは数ある種類の中から自分にあったものを見つけなくてはいけません。もし互換性のないものを選んでしまえば、増設できずに無駄な買い物が増えてします。

 

また、子機の増設に対応していないドアホンを使っているときは、親機を交換するところから始まります。ドアホンの交換には、配線工事が必要になることもあります。

この工事は電気工事士の免許なしで行うことはできませんので、勝手に交換しないようにしましょう。

 

もし、インターネット見ていても商品が見つからないときは業者に相談してみましょう。交換、増設どんなことでもすぐに解決してくれます。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

ドアホン増設を依頼したときの料金

イヤホンの増設を検討している方にとって気になるのが費用です。用途によって商品を選ぶ必要があるので、機能や商品によって費用は異なります。また作業内容で変わるので、どのような依頼をするのかを決めておくことでおおよその費用を知ることができます。予算に合わせられるような商品やプランを見つけることが大切です。自分ではわかりきれないこともあるので、お困りの方は業者に相談してみるといいかもしれません。

 

ドアホンの増設でかかる費用の計算方法

ドアホンの増設でかかる費用

 

ドアホンの増設の費用は、商品の料金や配線工事の有無によって異なります。配線などを触る必要のない電源コード式のものやワイヤレスのものでしたら比較的費用を抑えることができます。また、商品の価格によっても変動するので、事前にどのような商品を増設するか決めておくとおおよその費用を出すことができるのではないでしょうか。本体の価格は税別で表示されていることもあります。税込みか税別かによって大きく料金が変わってしまうこともあるので、表示形式を確認するといいかもしれません。

 

ドアホンの増設はどこに相談する?信頼できる業者の見つけ方

業者を選ぶときのポイント

 

☑無料で見積もりをしてくれる

☑電気工事士の資格を持っている

☑保証期間を設けている

☑ホームページや口コミを見る

 

ドアホンの設置作業を行っている業者は多く、どこの業者に依頼しようか迷ってしまいます。業者を選ぶ際は、すぐに決めてしまうのではなく複数の業者に見積もりの依頼をしてみましょう。複数の業者に依頼することで、費用を比較することができます。しかし、費用が安いからと選んでしまうのはやめましょう。もしかしたら、後に追加料金がかかってしまう可能性もあります。追加料金の有無をきちんと聞いておくと安心できます。

 

電気工事士の資格を持っている業者に依頼するといいでしょう。電気工事士の資格は、電気工事作業を正しく行うことのできる人に与えられるものです。業者のホームページに記入されていることが多いので確認してみましょう。

業者のホームページや口コミは業者の雰囲気を知るためにとても最適です。口コミは、依頼した方がいい点も悪い点も記入していることが多く、参考になるのではないでしょうか。

 

また、保証期間を設けている業者を選ぶと安心です。施工後に不具合が起きてしまっても期間内であれば無料で対応してくれるでしょう。

 

すぐに業者を決めてしまうのではなく、慎重に選びましょう。

ドアホン増設をご検討の方は、まずはお見積りからはじめてみませんか?

ドアホンの増設をするうえで、見積もりをすることは大切なことです。見積りをすることによっておおよその費用を知ることができますし、業者の方と直接触れ合うことができるので安心して依頼することができるのではないでしょうか。

 

電気工事110番では見積もりやご相談に料金をいただくことなく対応しています。また、日本全国で365日24時間対応していますので、緊急事態の際もご連絡していただけます。ドアホンについて、お困りのことや不安なことがありましたら電気工事110番までご相談ください。

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

  • ※弊社加盟店の年間合計件数

  • ※当社受付の満足度調査によるもの

  • ※拠点数は弊社加盟店を含めた合計数

よくいただくご相談 よくいただくご相談

やむを得ず対応できない場合もありますので、ご了承ください

追加料金が一切不要

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。