電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > アンテナ設置工事は簡単か?

2016.07.15更新

アンテナ設置工事は簡単か?

新築の家や引っ越したばかりの家でテレビを見ようとすると、アンテナの取り付け工事が必要になることがあります。アンテナの取り付けは自分で出来ると考える方がいらっしゃいますが、高所での作業になることが多く、映像にノイズが入って綺麗に映らないという事態にならないように、電気工事業者に依頼をするのが良いでしょう。業者の方は、電波の受信レベルを専用の機械で計測しながらアンテナを設置してくれます。アンテナが台風などで落下しないようにしっかり固定してくれることはもちろん、アンテナの向きなども地域によって最適に調整をしてくれます。もし電波強度が弱い地域の場合は、電波を増幅させるブースターという機器を使う必要が出てきます。アンテナのケーブルの処理も一般の方にとっては難しいのではないでしょうか。ケーブルは通常、エアコンの通気ダクトの隙間を通して家の中に引き込みます。テレビコンセントがまだない家ですと、壁裏からケーブルを通して取り付ける必要があります。ケーブルを通した後は、家で使われる端子によってF型接栓などのコネクターを取り付ける必要があります。最後にチューナーやレコーダーに正しく接続をして、テレビを見ることができます。このようにアンテナ工事は慣れない方にとっては難しいので、電気工事業者に依頼をするのが良いでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼