電気工事110番 トップページ > インターホンをDIYで設置する方法と注意点にいてのまとめ

2017.02.10更新

インターホンをDIYで設置する方法と注意点にいてのまとめ

インターホンをDIYで設置する方法と注意点にいてのまとめ

インターホンを取り付ける際、費用などの問題から、自分でもできるのかそれとも業者にしかできないのか、気にする人は少なくないかと思います。インターホンはDIYで設置できる場合とそうでない場合があります。

そのため、新しくインターホンを購入したという方は事前に取り付けられるケースとそうでないケースを把握しておかなければなりません。

この記事では、DIYでインターホンを設置できる条件や手順、DIYが難しい場合の対処法についてご紹介していきます。インターホンのDIYでの設置を検討されている方は、ぜひ参考にしてください。

DIYで設置できる条件は限られる

まずご確認いただきたいのが、「そもそもインターホン工事をおこなってもよいのかどうか」についてです。インターホンの設置工事は、誰もが着手してよいものではないのです。

まず、現在ご利用されているインターホンをご確認ください。インターホンの室内側親機がコンセントにつながっている、もしくは乾電池が取り付けられているタイプならDIYが可能です。

それ以外のインターホンについては、DIYは諦めたほうが賢明かと思います。無理におこなえば法律によって罰せられたり、感電や火災と言った重大な被害につながったりすることがありますので、無理だけはしないようにしてください。

インターホンをDIYで設置する手順

インターホンをDIYで設置する手順

ここでは、インターホンの子機と親機の基本的な設置手順をご紹介いたします。インターホンの種類によっても手順は変化しますので、その点にご留意ください。

【子機の場合】

  1. 現在設置されている子機を取り外します。ドライバーでネジを取り外し、子機と配線、ケースを順に外します。
  2. 新品のケースを用意し、ネジで壁に固定します。もしもネジ穴の位置が異なる場合には、事前に電動ドライバーなどを用いて穴を開けておきます。
  3. 新品の子機に配線をつなぎます。ドライバーでネジを緩めると隙間ができますので、そこに配線を差し込み、再びネジを締めます。
  4. 子機をケースに固定して完了です。

【親機の場合】

  1. 古い親機を取り外します。電源プラグ式の場合はコンセントから抜いて上に持ち上げ、配線を外します。
  2. 金具を交換します。ネジで固定されていますので、ドライバーで回して新品の金具を設置します。
  3. 子機の場合と同様に、ネジを緩めて配線を接続します。
  4. 新品の親機を金具に固定し、最後に電源プラグをコンセントに差し込んで完了です。

こんなケースはDIYが難しい……

最初に述べましたように、全てのインターホンがDIYで設置できるわけではありません。以下のような場合、現地調査や電気工事士の資格が必要になりますので、ご自身で手を出さないようにご注意ください。

【電気工事士の資格が必要になるケース】
インターホンがコンセントにつながっておらず、乾電池も入っていない場合、電源直結式のインターホンだと考えられます。感電の危険がありますので、必ず電気工事士の資格を持ったスタッフに依頼しなければいけません。

また、インターホンが熱感知器やガス感知器と連動している場合にも、規格が合わなくなって連動しなくなってしまいます。特殊な形状のインターホンは配線工事が必要になる場合もあるため、決して手を出さないようにしてください。

【個人・量販店が対応できないケース】
マンションのように集合住宅システムを築いているインターホンの場合、インターホン工事ではシステム全体の工事が必要になります。もしもマンションのエントランスに集合玄関機が置かれている場合、どこか一室だけ交換するということはできないのです。

マンションのインターホン工事の場合には、事前に管理組合等で相談し、まとめて施工をご依頼ください。ただし、各住戸が独立しているタイプの場合には各ご家庭で工事することも可能です。

正しく設置するならプロにお任せしよう!

正しく設置するならプロにお任せしよう!

インターホンをDIYでなく業者に依頼して設置してもらう場合、およそ5,000~50,000円となります。音声のみのインターホンのほうが安く、モニターがあるタイプやワイヤレスタイプだと高額になるようです。

また、取り付けを依頼する業者によってもかかる費用は異なります。より自身の条件に合った費用で取り付けをおこなってもらいたいという場合は複数の業者で見積りをとるとよいでしょう。

インターホンにも配線が必要なタイプやワイヤレスタイプなど、さまざまな種類があります。そのため、業者に事前に問い合わせてどの種類にどれぐらいの費用がかかるのかを把握しておくとよいでしょう。費用に関しては業者によってはホームページで確認することができる場合もあります。

インターホンはDIYでも取り付けられることがわかりましたが、正しく確実に設置をする場合にはやはり業者への依頼が賢明でしょう。インターホン設置業者をお探しでしたら弊社“電気工事110番”までお問い合わせください。

弊社では、お客様のお悩みにすばやく対応できるよう、24時間365日コールセンターを稼働しております。そのため、普段お忙しくされている方でも、仕事や学業の合間にお問い合わせしていただけるのです。

そして、ご希望のお日にちを教えていただければ、その日に加盟店スタッフの手配をさせていただきますので現地調査・お見積りをし、施工に入らせていただきます。なにか不明点などがございましたら、深夜でも早朝でもお気軽にお問い合わせください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a