電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > コンセントが足りない時の対処

2015.12.02更新

コンセントが足りない時の対処

最近ではほとんどの人が自分専用のパソコンを所有していたり、リビングだけでなく自分の部屋にテレビが置いてあったり、日常生活において様々な電化製品を同時に使用することが多いと思います。では、電化製品の数に対してコンセントの数は足りていますでしょうか?足りていない場合がほとんどだと思います。そして、その対処法として、自分で購入した延長コードを利用し、ひとつのコンセントに対して複数の電化製品を接続している場合が多いと思います。その結果、部屋の中がコードだらけでコード同士が絡まったり、自分の足やドアなどにひっかかって邪魔になる、見た目もスッキリしないなどと不満がうまれることもあります。コードにひっかかったり、無理に結んでまとめたりすると、コード内の線が切れてしまうこともあります。また、こまめに掃除をしないとホコリやゴミが溜まってしまい、場合によっては火災の原因となってしまいます。特に家具の後ろや狭い隙間などに入り込んでしまっていると、掃除をするのが面倒だったり、忘れがちになってしまいます。このような問題を解決するために、コンセントの増設を考えてみてはいかがでしょうか。コンセントの増設なんてできるの?と疑問に思う方もいらっしゃるでしょうが、電気工事を行っている業者に依頼すれば、可能です。まずは問い合わせてみましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼