2016.08.25更新

レンジフードの修理は電気工事の範囲なの?

キッチンの天井部、壁に設置されているレンジフード。 日常的に稼働させることが多いレンジフードには寿命があります。使用環境、使用頻度、メンテナンス頻度によって多少の差はありますが、基本的にレンジフードの耐用年数は10年と言われ、7年から8年でモーターの劣化が始まり、性能が落ちていきます。

具体的にどのような原因でどのような場所が故障するのかを説明します。

原因はこれ!レンジフードの故障例

レンジフード レンジフードの故障例と主な原因としては、次に挙げるとおりです。

●回転音が大きい、異音や振動がする
原因:モーターの軸がぶれている、モーター内部の劣化、ファンに油汚れやホコリが付着している
●換気量が少ない、換気しない
原因:ダクト内がつまっている、モーターの寿命
●スイッチを入れても動かない
原因:レンジフード本体の寿命、スイッチの故障

このように、部品や本体など様々な場所が故障します。また、メンテナンスを怠ってしまったがために、故障を招くことも。きちんと換気することができなければ、キッチンには嫌な臭いがたまりますし、熱もこもってしまいます。

では、レンジフードが故障したとき、どう修理すればいいのでしょうか。

▲ページトップへ

レンジフードの修理も電気工事の知識が必要!

実は、レンジフードを修理する際、修理内容によっては電気工事の知識が必要となることがあります。
油汚れやホコリが付着しているのが原因で、異音がする、ファンの回転が鈍いというだけでしたら、掃除をすることで改善することもあります。しかし、スイッチの故障などで部品交換に伴い電気配線工事が必要な場合には、知識や技術がなければ失敗してしまうリスクがあります。

▲ページトップへ

修理時のトラブルを回避するには?

万が一、失敗してしまったら、レンジフードの故障が悪化してしまうかもしれません。最悪、ブレーカーが落ちてしまったり、他の電気設備に影響がでてしまったりすることも。どの部分に問題があるのかを把握しなければ、適切な修理をすることもできません。
また、耐用年数を超えている場合には、部分的な修理よりも全体を交換したほうがいいこともあります。業者であれば、原因追求、適切な修理ができるほか、状態に合わせて修理か交換かを見極めてくれます。

レンジフードが故障してしまったときは、電気配線、電気設備の知識を備えていて技術もある電気工事業者に任せるようにしましょう。

▲ページトップへ

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼