電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 感電を理解しよう

2016.07.06更新

感電を理解しよう

電気工事をDIY感覚で行う人が増えているようです。正しい知識や経験、必要な資格があるのであれば、特に問題なく修理などを行うことができるでしょう。しかし、熟練者ですら起こりうる事故があります。それは、感電です。感電とは、様々な要因で人体に電流が流れることを言い、傷害を伴うことがあります。人体の多くは水分で構成されているため、電気抵抗が低いです。肌は電気抵抗が高くはありますが、水に濡れている場合は著しく抵抗力が下がり、危険性が格段に増してしまいます。軽度の感電であれば、ちょっとした痛みやしびれ程度で済みますが、重度の場合は感電死にいたることもあります。また、ジュール熱により熱傷や電流班が生じ、壊死や腐敗と言った症状の原因となることもありますので、感電による被害は多岐に渡ると言えるでしょう。最近の電化製品などは、場所によってアースの設置が義務付けられておりますので、比較的安全に電気を使用することができます。しかし、電気工事に関しては、直接電流に触れてしまう機会があり、安全面が全く異なります。ですから、どれほど簡単な作業であっても電気を取り扱うのであれば十分にご注意ください。もし少しでも不安を感じるのであれば、電気工事を業者に依頼したほうが良いでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼