電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 電気工事は有資格者が行う必要があります

2015.08.06更新

電気工事は有資格者が行う必要があります

本サイト「電気工事110番」のHPをご覧になって頂ければわかるかと思いますが、「エアコン配線工事」「TVアンテナ工事」「LAN配線工事」「インターホン工事」「コンセント工事」「照明器具工事」「換気扇・レンジフード工事」「防犯灯工事」「漏電改修・分電盤工事」「スイッチ工事」等々、家庭内の設備には様々な電気工事があり、これらの工事は、有資格者である「電気工事士」でなければ行ってはならないことになっています。最近はDIYが流行っていて、何でも自分でやろうとされる方も多くいらっしゃいます。頼もしいことではありますが、電気においては、内線規程や電気設備技術基準などによって決め事があり、正しい知識と技術を持って行わないと、漏電や感電などの事故に繋がる危険性があるため、制約があるのです。ですから、どんな小さな工事内容であっても、これらの工事を扱う場合は、電気工事士の資格を持った業者に依頼するようにしましょう。しかしながら、「電気工事ってどこに頼めばいいの?」と疑問に思う人もいるかもしれません。そんな時は当サイト「電気工事110番」にお問い合せください。24時間365日受付対応、全国にある多くの加盟店からお伺いすることが可能です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼