電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 電気工事DIYに潜むリスク

2016.05.16更新

電気工事DIYに潜むリスク

日に日に暑さが増してくる今日この頃。GWなど長期休みを期に、衣替えや暖房器具の片付けを行うご家庭も多かったかもしれません。さて、暖房と入れ替わりに、今度は冷房の季節です。ところが、しばらく使っていなかったエアコンをいざつけてみると、なんだか調子が悪い……そんなこともあるようです。何年も使ったエアコンであれば新調する場合もあると思いますが、そこで発生するのがエアコン取り付け工事です。今はネットなどで調べるとDIYでやってしまおうという記事も見かけられますが、実はこれは慣れない人がやると危険な場合もあります。エアコンの取り外しも、取り付けも配線や室外機、室内機の仕組みについての知識と経験がなければ安全に行うことはできません。その証拠に、室外機の取り付けや取り外し作業中の事故報告を調べてみてください。きっとその数の多さに驚かれるでしょう。また、配管の接続が不十分だったり、室内機が水平でなかったりしたことでガス漏れが発生することもあります。そのような危険から自分自身や家族を守るためにも、エアコンの取り外し、取り付けは電気工事業者に頼むのがよいでしょう。餅は餅屋。電気工事の確かなノウハウを持った業者であれば、きっと安全に迅速にエアコン取り外し・取り付け工事を行ってくれるはずです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼