電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 電気火災について

2014.12.10更新

電気火災について

住宅や建物などの火災の原因は様々です。タバコや調理の日などが原因の物、ガス漏れ等によるもの 放火によるもの、そして電気設備が原因の火災などがあります。 この中で電気設備が原因の火災と言われてもピンと来ない方が多いかもしれません。 例えば古いコンセントや電源プラグの隙間などにホコリ等が入り込み、そこからショートを起こすこと で発火したり、壁の中の電線が断線して、そこがショートを起こしたりなど様々な事例が報告されて います。 また、不適切な配線工事により、電線が破断して火災の原因になる場合もあるので注意が必要です。 ご自宅の電気設備は大丈夫ですか?古いコンセントなどは交換をすることでこれらの事故を防ぐことも 可能なので、ご検討されてはいかがでしょうか。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼