2016.10.07更新

飲食店で起きる電気事故!身近な作業がトラブルに!?

電気は私たちの身近にあるエネルギーで、電気があるおかげで私たちは便利で快適な生活を送ることが出来ています。しかし、電気の扱い方を間違えると事故に発展します。時には人命に関わるような大事故に発展する事もありますので、電気の扱いには十分注意しなければなりません。毎年多くの電気事故が起きていますが、今回は、飲食店で起きる電気事故について紹介します。

放電



飲食店で起きる電気事故

オーブン 飲食店では、お客様へ料理を提供したり、店内の環境を快適に保ったりするために、電気設備が設置されています。その種類も様々で、電気工事業者が作業しなければならないものから、自分たちで調節を行う設備まであります。
自分たちで調節を行う場合、正しい使い方をしなかった為に、電気事故が起こってしまうケースもあります。中には、身近な作業中に事故が起きることもあるのです。

例えば、オーブン内の照明取り替える時、誤った場所に接触してしまう事で感電事故を引き起こすこともあります。また、稼働中の機械を触ってしまえば、機械に通っている電気が自分に流れてくることもあります。他にも機材に取り付けられている電気コードが破れていると漏電します。それに気づかず人が触ったり踏んだりすれば、事故につながります。
電気事故が起きると、従業員に危険が及ぶことはもちろんですが、機材が破損することもありますし、噂が広がれば集客に影響することも考えられます。

このような事故は冷蔵庫や換気扇など、どこにでもあるような設備でも起こる事故ですので、電気設備には危険が沢山潜んでいると言えます。そのため、扱いには十分注意しなければならないのです。では、安全に電気設備を使うためにはどのような所に注意すればいいのでしょうか?

意識の高い安全管理が必要

電気工事 どんな事故でも起こそうと思って起こしているわけではありません。ちょっとした油断や不注意が原因で起きてしまうものです。そのため、電気事故を防ぐためには日頃意識の高い安全管理を行わなければなりません。
まず、作業者がやっておくことは、機材のマニュアルをしっかり確認することです。マニュアル確認しておくことで、機材の正しい扱い方を知ることができますし、どんな作業が危険なのかを知ることが出来ます。
次に、電気設備に不備はないか定期的に確認するようにしましょう。コードはきちんと保護されているか、アースはきちんと取り付けられているかなど細かい所まで確認しておくことで、万が一の可能性を消すことにつながります。
そして、危険を伴う作業だと判断した場合に自分たちで作業しないことが大切です。

自分たちでするべき作業ではないと判断した場合、電気工事業者に作業を依頼しましょう。電気のことを知る人間が作業することでより安全に作業する事が出来ます。 電気工事業者は、大掛かりな工事でなくても電気の交換やコードの補修などの作業についても快く引き受けてくれます。

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼