電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > デザインアンテナが人気高騰中!最新のアンテナ情報をお届けします

2016.12.02更新

デザインアンテナが人気高騰中!最新のアンテナ情報をお届けします

アンテナ 東京スカイツリーから、地上波デジタル放送の電波が流されるようになり数年経ちますが、その影響はアンテナの形にも影響を与えています。そこで人気が高まっているのが、「デザインアンテナ」と呼ばれるアンテナです。

 

これまでの八木式アンテナと比べスタイリッシュなデザインや屋根に登らなくてもアンテナを確認できる所が人気の秘密のようです。今回は、そのデザインアンテナの性能や取り付け事情についてご紹介したいと思います。

今までは八木式アンテナが主流だった

一般的に、アンテと聞いてイメージされるのはこの八木式アンテナでしょう。魚の骨に似た形をしている八木式アンテナは、構造がシンプルなのにも関わらず高性能な事が特徴で、電波が弱い地域でもテレビが視聴できることから、多く普及しています。

 


また、高い位置で設置することが多いので、後から建てられた建築物による影響も受けにくいとされています。



しかし、基本的に高所に設置することが多いため、高所作業による危険性や、台風の影響を受けやすいなどの問題点もありました。また、エリアによっては、鳥の住処となってしまい糞害や鳴き声に悩まされることもあるようです。

 

デザインアンテナ人気の秘密

デザインアンテナ人気の秘密

デザインアンテナの特徴は、薄く平たい形をしていることです。以前は、受信感度が悪いとされていましたが、改良が重ねられ、今では八木式アンテナと遜色ない受信感度だとされています。


それに加えて、様々なメリットがあり、高い人気を誇っているようです。デザインアンテナを設置することでどのようなメリットがあるのか紹介していきます。

 

家の景観を壊さない

デザインアンテナは、屋根に取り付けなくても電波を受信することができます。それにより、側面や屋根裏など様々な場所に設置することができるようになり、自宅の外観がスッキリします。

 


また、デザインアンテナという名前の通り、様々な形や色をしたアンテナが販売されていますので、自宅の景観に合わせたアンテナを選ぶことができます。

天候による影響を受けにくい

デザインアンテナの設置方法は、ネジによる固定が一般的なので、雨風の影響によりずれる可能性が低いです。

 


また、屋根裏などに設置できれば、アンテナ自体を隠すことができ、雨や風の影響を心配する必要がありませんので、台風の風でアンテナが折れてしまうことも無いでしょう

施工が簡単

屋根に登って設置する八木式アンテナと比べると、デザインアンテナは簡単に取り付けることができます。

 


そのため、施工が楽になり、アンテナを設置する時間も短縮されます。この特徴は、設置工事をする側もお願いする側にとっても嬉しいポイントとなります。また、屋根にアンテナを取り付けませんので、屋根を傷つけることもありません。

デザインアンテナの注意点

様々なメリットがある、デザインアンテナですが、いい所だけをみて購入してしまうと後から失敗してしまうこともあります。そうならないためには、デザインアンテナの注意点についても知っておかなければ行けません。

 

ブースターが必要になることも

アンテナの受信性能は、八木式アンテナと遜色ないと言われていますが、取り付け位置が低くなる分建築物による影響を受けやすいのです。電波状況が良くない時には、ブースターを使って電波強度を上げる必要があります。

 

後から遮られることも

アンテナと電波塔を遮るような形で高層型の建物(ビルやマンションなど)が建設されたときには、受信強度が落ちてしまうこともあります。近々、マンションが建てられる可能性がある場合、少し様子を見たほうがいいかもしれません。

 

アンテナの設置は業者に相談

アンテナ業者

ここまで紹介してきたように、デザインアンテナは、高い人気を誇っていますが、一定の条件が揃ってしまうとテレビがうまく映らない事があります。ご自身で購入した後、このような事態になってしまうと、大きな損をしてしまいます。

 

予防するためには、電気工事業者などのに調査してもらう所から始めましょう。まずは、デザインアンテナも電波を受信できる状況なのか確認し、その後に設置について話し始めると良いでしょう。


どんな場所にどんな大きさの物を設置するのか、色は何色いいのかなど、細かい部分を詰めていくのがおすすめです。すでに、別のアンテナが設置されてい使わなくなったアンテナの処分方法も相談しておくのがおすすめです。

 


また、施工が簡単になったとは言え、電気工事の経験がない素人が設置してしまうと、怪我をする恐れがありますので、素人のアンテナ設置はおすすめできません。

 

 

まとめ

デザインアンテナは、スタイリッシュなデザインや、家の景観を壊さないことから高い人気を誇っています。また、弱点であった電波の受信強度も手が加えられ従来のアンテナと比べても、遜色ないレベルになりました。

 


とはいえ、周囲の状況によっては、設置に適さない状況になっていることもありますので、まずは電気工事業者調査を依頼するのがおすすめです。これから、アンテナの交換や設置を検討されている方は、デザインアンテナも視野に入れると良いでしょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼