2017.01.23更新

電気配線を綺麗にするための基本、見えない空間を有効活用!

屋内の電気配線などを綺麗にするには、電気配線がどのようになっているかの基礎知識も必要です。 電気配線は基本的に、人の目に触れないところに配線していくのが、綺麗に行なうコツです。 また、自分で本当にできるのか、手を出して問題ないのかも、ご紹介します。

電気配線にはどんなものがあるの?

コード1 普通に暮らしている中で何気なく使用している電気配線やテレビ、パソコンの配線は、家全体で見ると色々なものが使われています。これらを始めから配線しようと思ったら、電気配線の基本として、これらを知る必要があります。 まず、屋内の電気配線は「VVFケーブル」というものが使われています。これは100Vと200Vの配線でも同様です。 「IV電線」は、水回りの家電製品などによく使われているアース用の電線です。 この2種類はいわゆる電源用の配線ですが、この他にも使われているケーブルがあります。 テレビアンテナからテレビへ信号を送る「同軸ケーブル」、電話やファクシミリ、インターホンなどで使用されるケーブル、最後にパソコンなどのネットワーク機器で使用される「LANケーブル」です。

電気配線は天井裏・壁裏を有効活用

家の外から電気メーターやブレーカーを通って引き込まれた電気を、各部屋に問題なく、綺麗に配線するにはどうするか分かりますか? ブレーカーから最短距離でケーブルを伸ばしたら、家中がケーブルで溢れかえってしまいますので、電気配線は基本的に見えない部分を通すことが多いです。 ケーブルを綺麗に配線するには、目に見えない場所、具体的には「壁の中」「天井裏」「床下」を有効活用していきます。 新築のお家だと、断熱材などを入れる前に壁の中にケーブルを通しておくのが電気配線の基本です。また、増設の場合も、屋根裏や天井裏は点検口が取り付けられている場合があるので、そこから各部屋に配線を伸ばすことも可能なようです。 また、LANケーブルの場合は最初から専用のLANケーブル用の配管をしておいて、そこにケーブルを通す方式も取られるようです。

電気配線が外に出る場所はモールでカバー

でも、配線をしていくと、どうしても目につく場所にケーブルを通さないといけない場合があります。壁にケーブルが這っているのはどうにもみっともないものです。 そこで活躍するのが、ケーブル類を覆う「モール」の活用です。モールでケーブル類をまとめて、壁や床にピッタリと這わせるとともに、モールの色を壁の色と同じようなものにすれば、ケーブルを目立たせずに配線することが出来ます。 また、床面をケーブルが通る場合は、そのままだと足に引っ掛けて断線や転倒事故の危険がありますので、ワゴンモールという、幅広のモールを使用して、床にピッタリ貼り付けてしまうと良いでしょう。

まとめ

コード2 ここまで綺麗に電気配線する基本を説明してきましたが、ここで気をつけておきたいのが、自分の家の電気配線でも「第二種電気工事士」の資格がなければ工事を行なうことは難しいようです。 また、LANケーブルのように電気配線でないものも、コンセントの周囲を扱うことになるので、屋内の電気配線を配線してもらうついでに、LAN配線も計画的に工事してもらうのもおすすめです。

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼