2017.09.27更新

エアコンの取り付け方を理解して適切な業者選びを

プロペラファン

夏の冷房だけでなく冬の暖房、春の引越しなど、意外と年中エアコン工事の需要はあります。部屋によって取り付けられる場所など、細かい条件もいろいろあるため、エアコンのプロに依頼するのが確実です。

しかし、実際に依頼するとなると、どんな業者に頼むのがいいのかわからない、という方も多いでしょう。

取り付け・取り外し・移設などの工事にかかる費用、よくあるトラブル、工事前に確認すべきことなどをお伝えできればと思います。

エアコンのことを知った上で業者を選べば防げるトラブルもあるかもしれません。今一度、エアコンについてしっかり確認していきましょう。


エアコンの予備知識

エアコンとは、言わずもがな空調設備のひとつで、室内の空気の温度や湿度などを調整する機械であることはみなさんご存知かと思います。しかし、エアコンがどのような構造になっているのかまではあまり理解されていないと思います。

ほとんどのエアコンは室内機と室外機の2セットでできていると言われています。そしてそれらをつなぐ冷媒菅というものがあり、この3つが基本的なエアコンのセットになります。

家電量販店などでよく売られているのは室内機の方になります。

室内機と室外機には「熱交換器」と呼ばれる空気を圧縮するものが入っています。この熱交換器が周囲の空気を集め、冷媒菅に当てます。 空気中に含まれる熱を冷媒菅が取り除き、室内機からは「熱を取り除いた空気」が放出されるので、冷たく感じるはずです。

つまり、室内機、室外機、冷媒菅のすべてがしっかりつながっていなければ、エアコンは力を発揮することができないのです。

取り付け業者を選ぶコツ

室外機

悪質な取り付け業者に、高額な取付工事料金を請求されたというトラブル事例も数多く挙げられています。

インターネット上で「取り付け○○円」と格安を推していても、実際には追加料金が発生するケースが多いです。もちろん、本当に追加料金が必要なケースもあると思いますが、あまりにも初期費用と違ってしまうと非常にお困りになるのではないでしょうか。

取り付け業者を選ぶ際はまず、その業者に電話で問い合わせることをおすすめします。

ホームページなどに書かれている基本料金と、実際に電話で聞いたときの料金があまりに違い過ぎる、追加料金について聞いてもまったく教えてくれない場合は避けた方がいいでしょう。

工事前や依頼する前に、ある程度追加費用が掛かるかどうかは確認しておくことが大切です。

エアコン取り付けの流れ


エアコンの取り付けや取り外しには電気工事もあるため簡単な作業ではありません。 ここでは、エアコンはどういった流れで取り付けられているのかについて説明していきます。

1.設置場所を決める

室内の構造を確認したうえで、室内機を取り付ける場所を決めます。その後、壁に背板(室内機の土台)を設置し、室内機を背板に引っ掛ける形で取り付けます。

2.室外機と配線やパイプを接続する

室内機と配管パイプ、連絡電線、ドレンホースをつなぎます。ここで適切に接続しなければ、正常に作動しないため、接続後正しく接続できているかを入念にチェックしましょう。

3.室内機と室外機を繋げる

室内機側の接続ができたら、室内機からでた信号線を室外機につなぎます。室内機と室外機を配管で接続したら、それぞれの接続部分を専用レンチで締めつけします。

4.真空引き

その後、室外機に真空ポンプを使用し真空引きを行います。作業完了後、真空状態のまま密閉されているかを専用工具にて確認します。配管内に少しでも空気や水分があると冷暖房の効率が低下するだけでなく、コンプレッサーが故障する原因になってしまいますのでこの確認はとても重要です。

5.作動確認

最後に、正しくエアコンが動くか確認します。また、エアコンからの排水が正常に行なわれるかを確認するために、室内機より水を入れて確かめます。

最後に周囲を簡単に清掃して作業は終了です。

別オプションで配管部分に化粧カバー取付をすることもありますので、希望される場合はサービスを行っている業者に相談するのがいいでしょう。

いくらぐらいなの?




いざエアコンの取り付けを依頼しようと思うと、気になるのはお値段かと思います。 引越し時の相場ですと、8,000円~12,000円ほどで、この料金に追加の工事代金がかかることもあります。

新設の場合は購入方法によって変わってくるとも言われています。家電量販店で購入した場合、購入時の本体価格に基本的な工事費用が含まれていることがほとんどです。

ネットでエアコンのみ購入して業者に取り付けを依頼する場合ですと、エアコンの工事代金の相場は12,000円~15,000円ほどに変動することが多いようです。

どちらの場合も、家の形状や取り付け位置により追加工事代金がかかってくる可能性があります。ホームページや直接のお電話でのやり取りなどでしっかりチェックしておきましょう。

たとえば、室外機を設置する環境が悪く室外機特殊設置の工事が必要になるケースや、配管パイプ延長が必要になるケースもあります。多少は多めに見積もっておくといいでしょう。

よくあるトラブル

エアコン入れ替え工事でよくあるトラブルは以下のようなものが挙げられます。

  • ・工事後に冷暖房が効かなくなった
  • ・余計な穴を開けられてしまった
  • ・水が垂れてくる
  • ・作業員の態度が非常に悪かった
  • ・工事後に追加料金を請求された

  • 料金面などもそうですが、エアコンが使えなくなるのは不便ですし回避したいところだと思います。

    また、トラブルを回避するために優良業者を見つける為のポイントについては以下のような点を意識するのがいいでしょう。

  • ・工事前に料金を知ることが出来る事
  • ・工事保証がついている事
  • ・エアコン専門のプロである事
  • ・ネットのクチコミが良いこと

  • 手間はかかりますが、事前に詳細の確認を取ることが大切です。施工後の保証についても、業者には必ず確認するようにしましょう。

    まとめ

    普段何気なく使っているエアコンですが、その仕組みや取り付け方についてはなかなか考える機会はないでしょう。

    しかし、少しでも知っていれば業者を選ぶ際に役立つはずです。

    生活にかかせないものだからこそ、安さや早さだけで選ぶのではなく、しっかり事前に確認して満足のいく業者に依頼するようにしていただきたいと思います。

    0800-600-0608

    暮らしと電気のお得情報

    更に詳しく▼

    通話料無料 携帯電話 PHSもOK

    0120-949-684

    24時間365日 日本全国対応中

    • 無料相談はこちら
    • お急ぎの方へ

    利用規約はこちら

    CM

    BSニュース 日経プラス10

    「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

    下枠

    上枠

    24時間365日サポートいたします

    0800-600-0608

    24時間365日、日本全国受付対応中!
    • あおやま
    • いりやま
    • くどう
    • かねだ
    • えんどう
    • いとう
    • きまた
    • よしだ
    • むらかみ
    • たけした
    • たまがわ
    • てらさいもと
    • かとう
    • ひらの
    • たがわ
    • いしい
    • くの
    • ののむら
    • 無料相談はこちら
    • お急ぎの方へ

    選ばれる4つの理由

    下枠

    各種クレジットカード使用可能です

    ※手数料がかかる場合がございます
    ※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
     場合がございます

    情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

    プライバシー対策も万全です

    個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

    個人情報専門お問い合わせ窓口
    0120-122-103

    このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

    弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

    • 0120-949-684
    • お急ぎの方へ
    • 無料メール相談窓口へ
    • お見積りの依頼