電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> 蛍光灯の交換で電気がつかない原因は?正しい交換方法やLED注意点も

2018.02.06更新

蛍光灯の交換で電気がつかない原因は?正しい交換方法やLED注意点も

蛍光灯を交換したのに電気がつかない!その原因と対策

新しい蛍光灯に交換したのに電気がつかないときは、まず原因を突き止めましょう。電気がつかない原因は、うっかりミスから照明器具の不具合までさまざまで、対処法も異なります。うっかりミスなら簡単な作業で解決しますが、照明器具の劣化や故障は自分で対処するのが難しいため、プロにまかせるとよいでしょう。

このコラムでは、蛍光灯がつかない原因や安全な交換方法、LEDに交換する場合の注意点をご紹介しています。電気がつかないときにおこなう対処や蛍光灯を交換するときの参考にしてみてください。蛍光灯をまだ交換していない、交換方法に不安がある方は「種類別!蛍光灯を安全に交換する方法」からご覧いただくとスムーズです。

蛍光灯を新品に交換したのに電気がつかないときのチェック項目

蛍光灯がきれてしまい新しいものに交換したのに電気がつかない、そんなときはいくつかの原因が考えられます。意外と簡単に解決することもあるため、まずは以下の項目を確認してみてください。

1.蛍光灯の型番違い

蛍光灯には種類ごとにサイズがあり、とくに丸型の蛍光灯は複数のサイズがあるため、同じものに交換する必要があります。交換しても電気がつかないときは、これまで使っていた蛍光灯の型番を確認してみましょう。型番が違っていて電気がつかないのかもしれません。

2.蛍光灯の初期不良

新品の蛍光灯でも、生産過程で不具合があったなどの初期不良のものがあるかもしれません。つかないものと同じタイプの蛍光灯がほかにある場合はそちらを取りつけてみてください。同じタイプの蛍光灯が正常に点灯すれば、つかなかったものは初期不良が疑われるため、販売店に相談してみることをおすすめします。

3.蛍光灯の接触不良

蛍光灯がうまく固定できていないなど接触不良で点灯しないこともあります。丸型蛍光灯であれば、端子の接続が緩んでいるのかもしれません。直管蛍光灯は、ひねって回してみるなど、きちんと接続されているか再度確認してみてください。

また、いずれの場合も蛍光灯を一度取り外しつけ直してみるのもよいでしょう。このとき、蛍光灯の取り外し・取り付けの際は安全のため電気のスイッチをオフにしてからおこなうようにしてください。

電気がつかないのは蛍光灯以外に原因があることも

蛍光灯を新品に変えても電気がつかない原因と対策方法

電気のスイッチを入れても点灯しない・つきが悪いときには、蛍光灯のほかに原因があるかもしれません。以下に、考えられる主な原因をご紹介します。

グロー管(点灯管)の寿命

グロー管(点灯管)とは、蛍光灯の明かりをつけるための豆電球のような部品です。スイッチを入れて蛍光灯の電気をつけるときに必要な電圧を、グロー管で発生させます。グロー管は消耗品で、劣化すると電気を点灯させることができなくなってしまうのです。

蛍光灯がついたり消えたりするときや、なかなかつかないというときにはグロー管の寿命が疑われるので、新しいものに交換しましょう。なお、グロー管はLED電球やインバータ式の照明器具にはついていませんので注意が必要です。

安定器の劣化

安定器は蛍光灯にかかる電流を安定した状態で送るための装置です。電流を制限して電極を予熱することで、点灯するのに必要な高圧電圧を発生させます。安定器の内部にある部品が劣化すると、点灯しても明かりが暗かったり、蛍光灯がつかなかったりといった不具合が生じることがあります。ほかにも悪臭がしている場合は安定器の故障を疑いましょう。

また、安定器の寿命は8年~10年ほどといわれています。長年使用している場合は確認してみましょう。なお、安定器は電気工事士の資格を持つプロでなければ交換できないため、電気工事業者に相談することをおすすめします。

照明器具の故障

蛍光灯やグロー管を交換しても電気が点灯しない場合、安定器のほかに照明器具自体が故障している可能性もあります。配線コードを保護するゴムも劣化するため、電気が逃げてしまうと点灯しません。ショートや漏電を起こす危険性もあるため、10年以上使用した照明器具なら業者に確認してもらうことをおすすめします。

電気がつかない原因が突き止められない場合は……

とくに夜間は電気がつかないと生活に支障がでてしまいます。安定器や照明器具の劣化・故障、また原因を探しても突き止められない場合は電気工事業者に依頼して解決してもらいましょう。

弊社では全国にある多数の加盟店のなかから電気工事士の資格を持つお近くの業者をご紹介いたします。お電話相談は24時間受けつけております ので、夜間でもお困りのときはお気軽にご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

種類別!蛍光灯を安全に交換する方法

蛍光灯の正しい交換方法

蛍光灯は種類によって交換方法が異なるため、使用している蛍光灯の交換手順を確認しておきましょう。最初に交換するまえの注意点からご紹介します。

【交換前に】感電や事故を予防するポイント

蛍光灯の交換自体は簡単な作業ですが、電気がとおっているため感電する危険もあります。安全に作業するためには以下のポイントをおさえておきましょう。

    • 蛍光灯のスイッチをオフにする
    • 濡れた手で作業しない
    • 脚立などの足場を安定させておく
  • 感電を防ぐために電源のスイッチは必ず切ってください。また、電気を使用した直後は蛍光灯に熱が残っているため時間をあけてから作業しましょう。

    次に、水分にはよく気をつけてください。水は電気をとおしやすいため、濡れた手での作業は感電のおそれもあり、大変危険です。手に水分が残っている場合は、しっかりふき取りましょう。感電防止のための「絶縁手袋」というアイテムもありますので、用意しておくと安心です。

    最後に、蛍光灯の交換は高いところでの作業になります。転倒してケガをしないためにも、脚立などを使用し足場を安定させてから作業をおこないましょう。

    直管型蛍光灯の交換方法

    オフィスなどで使われている直線状の蛍光灯です。タイプごとに交換方法が異なりますので、以下にご紹介します。

    回転するタイプ
    蛍光灯の両端を持ったら90度回して手前に引き取り外します。新しい蛍光灯を今度は反対に回して取りつけてください。
    はめ込み式のタイプ
    蛍光灯の両端を持ったら蛍光灯の端を一方に押して反対側を手前に引いてください。取りつけるときは逆の手順で蛍光灯の端の一方を差し込んでから反対側をはめ込みます。

    丸形蛍光灯の交換方法

    1. 照明器具にプラスチックカバーがついているものはどちらかに回して外す
    2. 照明器具と蛍光灯につながっているソケットを抜く
    3. 固定しているフックから蛍光灯を取り外す
    4. 新しい蛍光灯をフックで固定する
    5. ソケットをつなぐ
    6. カバーがある場合は取りつけて完了
  • 電球型の交換方法

    電球型の蛍光灯交換は、電球を回転させて取り外し・取りつけるだけの簡単な作業です。ただし、電球の端子と照明の端子がきちんと接触しないと電気がつかないため、最後まで回転させて取りつけましょう。

    照明器具に手が届かないなど蛍光灯を交換するのが難しい場合や、正しく交換しても点灯しない場合には弊社にご相談ください。電気工事のプロが照明器具にあった蛍光灯に交換したり、点灯しない原因を判断したりしてトラブルを解決いたします。いつでもお気軽にお電話ください。

    あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
    通話
    無料
    0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    利用規約プライバシーポリシー

    LEDへの交換は配管器具の種類に要注意

    一般的に販売されている物の中にも、工事不要で使用できるLEDが存在します。もし交換した蛍光灯がLEDで、電気がつかないというトラブルが起こっているのであれば、配管器具の種類に問題があるのかもしれません。

    交換するLED選びにおいてもっとも大切なのは、配管器具に適合したLEDを選ぶということです。工事不要のLEDに交換できる配管器具の種類は、大きくわけて以下の3つのタイプに分類されます。

    天井から突き出た四角いタイプ
    「角形引掛けシーリング」

    天井から突き出た丸いタイプ
    「丸形フル引掛けシーリング」「丸形引掛けシーリング」「フル引掛けローゼット」

    天井に埋め込まれたタイプ
    「引掛埋込ローゼット」

    ご自宅の配線器具がこれらの形状に当てはまっているのであれば、正しい方法で照明器具を交換することで照明を使用することができるでしょう。正しい交換方法については以下をご覧ください。

    蛍光灯をLEDに交換する方法

    ここでは、一般的にリビングなどで使用されているシーリングライトを例に交換方法の解説をします。このシーリングライトは工事不要のものが多く、天井に設置されたシーリングという配線器具に取りつけるだけの簡単な方法で交換が可能です。

    ただし、配線器具の形状によってはシーリングライドを自分で交換できない場合があります。新しくLEDのシーリングライトを購入するまえに、配線器具が適用するかを確認しておきましょう。

    【交換方法】
    1. 電気のスイッチを切って照明のプラスチックカバーを外す
    2. 蛍光灯からソケットを抜いてフックを取り外す
    3. 照明器具を外す
    4. アダプターを取り外す
    5. LED用の新しいアダプターを取りつける
    6. シーリングライトをアダプターに合わせて設置する
    7. アダプターとシーリングライトをコネクターでつなぐ
    8. 照明器具のカバーを取りつけて作業完了
  • 照明器具やアダプターの取り外し・取りつけ方は付属の取り扱い説明書を確認してください。最後に電気のスイッチを入れて点灯することを確認しましょう。

    LEDの交換については、こちらのコラムもあわせてチェックしてみてください。

    【注意点】プロによる工事が必要になるケースもある

    上記でご紹介したように、工事不要のLEDを取り付けることのできる配線器具がすでに設置されている場合には電気工事の必要はありません。しかし、配線器具が設置されていない場合や、工事不要のLEDに適さない配線器具の場合にはプロによる工事が必要になります。

    その他にも、直管蛍光灯をLEDに交換したいのであればプロへ工事を依頼しましょう。直管蛍光灯の場合は天井には安定器が取り付けられているのですが、LEDは安定器を使わないので、安定器を通さずに電気を流すようにするバイパス工事をおこなう必要があるのです。

    このバイパス工事をおこなうことで、電気代の節約になりますし、安定器の劣化や電気機器のショートといったトラブルを気にする必要もなくなります。安心して、より経済的にLEDを使用したいという方や、自分では交換が難しいという方は、一度プロに相談してみてはいかがでしょうか。

    弊社では、蛍光灯やLEDの交換、また不具合や故障といったさまざまなトラブルのご相談を受け付けております。お客様のお困りごとやご要望をお伺いし、それを解決することのできる照明のプロをご紹介いたします。お見積もり依頼は無料です。まずはお気軽にお電話ください。

    【照明器具に関する記事はこちら】

    照明交換で浴室の雰囲気を変えるポイント
    照明に手が届かない…。高所の電球交換は業者にまかせるのもアリ!
    蛍光灯をLEDに交換して省エネしよう!工事は必要?DIYする条件
    シーリングライトの自力交換|蛍光灯からLEDへ?メリットと注意点
    古い照明器具を交換しよう!シーリングライトなどの取り付けについて
    【お店の照明をLEDにするとなにがいいの?】3つのメリットをご紹介!
    LED設置を失敗しないために気をつけておくべきこととは?
    ダウンライトを取り付けよう!ダウンライトの工事費用やメリット
    LEDダウンライトは固定型と交換型があります
    【インバーター蛍光灯がつかない!】寿命だけじゃない原因と対処法!
    引っ掛けシーリングの種類・選び方を知る!取り付け工事は資格が必要
    LEDダウンライトをインテリアに取入れたい!成功のポイント・費用
    シーリングライトとは・部屋に合う照明の選び方・LEDへの交換手順
    家の照明が点灯しない時、ここ調べれば原因がわかる
    照明器具を取り付ける工事の費用相場を紹介。自分で交換できることも
    シーリングライトの取り付け!意外と簡単な手順とLED照明について
    シーリングの取り付け方法|照明器具を交換してオシャレにしよう
    シーリングの取り付けを自分でおこなう方必見|天井照明の工事方法!
    蛍光灯の外し方【直管型と丸型】直管型からLED交換は工事が必要

    このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
    1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (15評価, 平均評価: 3.53 )
    読み込み中...
    蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
    通話
    無料
    0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
    現地調査
    お見積り 無料!
    利用規約プライバシーポリシー

    暮らしと電気のお得情報

    更に詳しく▼