2018.06.08更新

ブレーカーが落ちる!早急に直す方法と2度と落ちない為にすべきこと

ブレーカーが落ちる!早急に直す方法と2度と落ちない為にすべきこと

突然お部屋が真っ暗になったら…どう対処すべきかご存じですか?室内の電気がつかなくなった場合、大抵はブレーカーが作動して電気を遮断します。もと通りにしたいのであればブレーカーを手動で戻しておく必要がありますが、原因をしっかり把握しておかないと、またすぐに落ちてしまうかもしれません。

今回はブレーカーが落ちてしまったときに、素早く復旧させる方法についてご紹介します。また、再発防止策についてもまとめましたので、あわせて一読してみましょう。

ブレーカーが落ちる!今すぐ復旧したいときの手順

ブレーカーが落ちてしまったとき、「とにかく早く復旧したい!」そう思っている方も多いかと思います。突然家電製品が止まり、視界が真っ暗になってしまうので混乱してしまいやすいですが、慌てず順にそって解決していきましょう。冷静になって対処することが早期復旧への近道です。

 

【はじめに】 どのブレーカーが落ちたのか確認しましょう

ブレーカーが落ちてしまったら、ブレーカーをあげるために場所まで移動する必要があります。ブレーカーの場所は普段意識しないため、どこにあるかわからないという方も多いかと思います。各ご家庭によって設置場所はさまざまなので一概にはいえませんが、以下の場所にあることが多いので探してみましょう。

 

  • ●お手洗・洗面所
  • ●廊下
  • ●玄関先

 

 

日中にブレーカーが落ちた場合は視界の確保ができますが、夜間に落ちてしまうと照らしながら探さなくてはいけません。手元に光源がないと手探りになり、場所によっては危険な作業となってしまいます。突然ブレーカーが落ちてしまっても見つけられるよう、事前にブレーカーの位置を把握しておくようにしましょう。

 

1.アンペアブレーカーが落ちたときの対処法

アンペアブレーカーとは、建物全体の電力を管理しているブレーカーで、別名メインブレーカーとも呼ばれています。アンペアブレーカーは契約アンペア数以上の電力が流れると落ちるようになっています。各ご家庭のアンペア数は電力会社との契約次第で異なりますが、一般家庭では10~60Aほどです。

 

アンペアブレーカーが落ちてしまったら、以下の手順で復旧を行いましょう。

 

  • ① 家電製品の電源を落とす・コンセントを抜く
  • ② 下がってしまったブレーカーをあげる

 

 

アンペアブレーカーのみが落ちているだけであれば、落ちたブレーカーを元に戻すだけで対処できます。ただし、すべてではないですが電化製品の電源をOFFにしておく必要があります。電源を切っておかずにブレーカーをあげてしまう再度落ちてしまうことになりかねませんので注意しましょう。

 

2.漏電ブレーカーが落ちたときの対処法

漏電ブレーカーとはその名の通り、漏電に関するブレーカーで、危険な漏電が起きていないか感知する役割をもっています。

 

漏電は導線の劣化や何らかの損傷が起きたとき、導線から電流が漏れ出てしまうことも。漏れた電流が流れると、電化製品が壊れてしまうだけでなく、人の命にもかかわることになるので注意が必要です。そのため、ブレーカーが落ちることでそれらを未然に防いでいるのです。また、過漏電が起きた際も感知して落ちるようになっています。

 

漏電ブレーカーが落ちたときは以下の手順で復旧します。

 

  • ① アンペアブレーカー、安全ブレーカーをすべて落とす
  • ② アンペアブレーカー、漏電ブレーカーを上げる
  • ③ 安全ブレーカーをひとつずつ上げて、漏電ブレーカーが落ちないか慎重に確認していく

 

 

安全ブレーカーを押し上げていったときに漏電ブレーカーが落ちたら、そのブレーカーが落ちた場所は漏電している可能性があります。再度上記と同じ手順で、落ちた安全ブレーカー以外を押し上げて復旧しましょう。

 

漏電箇所を下げておけば、それ以外の場所のブレーカーを上げて電気を扱うことができます。その後、電力会社や修理業者などに連絡し、しっかりと対処をしてもらいましょう。

 

3.安全ブレーカーが落ちたときの対処法

安全ブレーカーとは各部屋や設備ごとに分かれているブレーカーで、「玄関」「キッチン」「水回り」など、スイッチの周辺やブレーカーにそれぞれ場所が記載されています。アンペアブレーカー同様にそれぞれのスイッチごとに使用できる量が決まっています。その許容量をオーバーしてしまった場所のみ落ちる仕組みです。

 

安全ブレーカーが落ちていた場合は、以下の方法で復旧します。

 

  • ① 安全ブレーカーの落ちた場所を確認
  • ② 該当する部屋・場所の家電製品の電源をOFFもしくはコンセントを抜く
  • ③ 落ちてしまった安全ブレーカーを上げる

 

 

安全ブレーカーが落ちたら落ちたブレーカーの場所を確認します。キッチンや台所と書いてあれば、その場所の電力がブレーカーの許容量を超えたということになります。押し上げて電気が通ってすぐにブレーカーが落ちないよう、家電製品の電源を切りコンセントを外した後にブレーカーを上げるようにしましょう。

 

ブレーカーが頻繁に落ちる…もう落ちないためにすべきことは?

ブレーカーが頻繁に落ちる…もう落ちないためにすべきことは?

「何度もブレーカーを復旧してもすぐに落ちる…」このような場合、原因は「電気の使い過ぎ」と「機器や配線の劣化」の二通りあると考えらえます。それぞれの詳しい原因を知り、二度と落ちないような対策を行っていきましょう。

 

【原因1】 電気の使い過ぎ

ブレーカーが頻繁に落ちる原因は、電力の使い過ぎによる場合がもっとも多いです。

 

アンペアブレーカーは電力会社との契約量をオーバーすると落ちます。また、安全ブレーカーは各部屋や設備で電気を使用したとき、電気の使い過ぎによってこれ以上は危険だと判断されると落ちるようになっています。

 

いずれの場合も、電力の使いすぎによって落ちるのです。そのため、対策としては契約料を増やすか、使用する電気を減らす方法をとる必要があります。

 

契約料を増やす場合はその分月々の契約費が増えることも留意しておきましょう。また、消費電力を減らしたい場合は、各家電製品のアンペア数を見て、どれぐらい使用しているのか計算してみるとわかりやすいでしょう。

 

【アンペアブレーカーが落ちなくなる対策】

  • ●電力会社との契約量を増やす  ※61A以上に増やしたい場合は工事が必要
  • ●使用しない部屋の電気は切っておくなど建物内での節電を行う

 

【安全ブレーカーが落ちなくなる対策】

  • ●ひとつの部屋・コンセントから電力量の多い家電を使用しない
  • ●使用しない家電製品のコンセントを抜き、電源をOFFにしておく

 

【原因2】 機器・配線の老朽化や破損

ブレーカーの中でも漏電ブレーカーが落ちたのであれば、この【原因2】が考えらえます。建物の築年数が古いと、それにともない設備も古くなります。

 

建物内には導線が張りめぐらされていますが、外気や日光に触れていないとはいえ年数が経つごとに劣化がひどくなります。絶縁体でできているケーブル部分が破れたりしてしまうと、電力が外に漏れ出てしまう可能性があるのです。

 

実は害獣や害虫の被害に遭ったことがある場合、二次被害として漏電が起きてしまう可能性があります。一見無関係そうに思えるかもしれませんが、建物内の内壁と外壁の間の電気回路をかじられる…ということは決して少なくありません。

 

また、ブレーカー自体そう交換頻度は高くありません。そのため、ブレーカー自体の故障による誤作動という可能性もあります。原因がわからないのに頻繁に落ちるようであれば、ブレーカーが故障してしまっているのかもしれません。

 

【漏電ブレーカーが落ちなくなる対策】

  • ●建物が古く、配線・ブレーカーが劣化している
  • ●害獣・害獣被害にあった後ならばかじられている可能性がある

 

本体に不調が見られるようならば、いずれの場合も業者に修理・交換をしてもらうようにしましょう。

 

漏電の修理はプロに任せた方が安全!

漏電の修理はプロに任せた方が安全!

万が一漏電が発生してブレーカーが落ちているのであれば、漏電にも明るい電気のプロに依頼をすることがおすすめです。なぜならば、漏電が起きているときの対処は危険であるからです。

 

手順を誤って漏電している箇所に触れてしまうと、感電してしまいます。最悪の場合は命の危険にもさらされてしまうので、必ずプロに対処してもらいましょう。

 

電気工事は「電気工事士」という国家資格があり、資格を持っていないと作業を行ってはいけない工事です。「自分で修理を行えば無料だから」と、安易な気持ちで挑戦しないようにしましょう。

 

まとめ

ブレーカーが落ちる場合、まずはどのブレーカーが落ちたのか把握することが重要です。落ちてしまったブレーカーごとに原因や対処方法は異なりますので、いちど確認するようにしましょう。

 

アンペアブレーカー・安全ブレーカーが落ちるのであれば、「電気の使い過ぎ」が主な原因です。契約量を増やしたり、節電を意識して使わないものはコンセントを抜いたりするとよいでしょう。

 

漏電ブレーカーが落ちてしまった場合は、漏電が起きてしまっている可能性があります。配線が何らかの原因で損傷すると電気が漏れ出てくるので、危険な状況となるのでプロに見てもらいましょう。

 

原因が不明でブレーカーが頻繁に落ちるのであれば、ブレーカー自体が誤作動を起こしている可能性もあります。いずれの場合でも、電気工事の業者に依頼をしてみて確認してもらうと安心です。

0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

通話料無料 携帯電話 PHSもOK

0120-949-684

24時間365日 日本全国対応中

  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

利用規約はこちら

CM

下枠

上枠

24時間365日サポートいたします

0800-600-0608

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • しもの
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
  • 無料相談はこちら
  • お急ぎの方へ

選ばれる4つの理由

下枠

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部加盟店・エリアによりカードが使えない
 場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-949-684
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • お見積りの依頼