電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > 4Kテレビ放送って何?革新の映像技術を自宅で体感

2018.11.29更新

4Kテレビ放送って何?革新の映像技術を自宅で体感

4Kテレビ放送って何?革新の映像技術を自宅で体感

 

世間では4K放送が話題の的です。圧倒的に美しい高画質、俳優が目の前にいるかのような臨場感、肌のキメの細かさまで映し出す美しい4K放送は、これまでのテレビ放送の常識を覆すほどの可能性を秘めています。

 

今回は新しく始まる4Kテレビ放送を前に、あらためて4Kの魅力や4K放送の注意点を解説していきます。まだ4Kについてあまり知らない人も大丈夫、これからでも4Kの波に乗ることは可能です。ぜひ最後までご覧になって、4K放送の魅力に酔いしれてください。

 

 

4Kテレビ放送、意外と知られていないって本当?

「4K」という言葉は普及しているものの、4K放送については、じつはまだ知らないという人も多いようです。まずは現在の4Kテレビ放送に関する基礎的な知識や、普及度について見ていきましょう。

4K放送が始まるのはいつから?

4K放送が開始されるのは、2018年の12月からです。4K放送を視聴するためにはBSやCSといった衛星放送を受信する環境や、4K放送に対応したチューナー、対応したテレビが必要です。

 

準備が必要とはいえ、自宅のテレビで4Kの高画質が手軽に見られるようになるのは嬉しいですね。

 

国民の認知度は低い

2018年12月から始まる4Kテレビ放送。話題になっているとはいえ、意外と日本の国民認知度は低く、2018年9月に実施された放送サービス高度化推進協会によると、2018年に4K放送が始まることを知っていた人の割合は18.9%となっています。

 

放送開始が迫るなかで目にする機会も増え、今ではこれ数値以上の認知度があるとは思いますが、国民の2割弱というのは少ないといえるかもしれません。

 

だが販売台数は増えている

一方で、4K対応テレビや4Kテレビの販売台数は増えてきています。

 

家電量販店では、4Kを大きく売り出しているところも多く、「せっかく買うなら4Kテレビ放送を見られるものを」、と考えるのは自然の流れでしょう。テレビの寿命は約10年、今買うなら4Kテレビがよいかもしれませんね。

 

 

 

4Kテレビ放送で映像の世界がより豊かに

4Kテレビ放送で映像の世界がより豊かに

 

4Kの魅力はその映像の美しさにあります。その魅力がふんだんに味わえる4Kテレビ放送はまさしく時代の最先端。今までとまったく異なった映像体験を、あなたにもたらしてくれます。

 

4Kテレビ放送の特徴とは

4Kテレビ放送の特徴、それはすなわち4Kの特徴といってもよいかもしれません。4Kの特徴はこれまでのテレビの映像=ハイビジョンの約4倍を誇る解像度の高さにあります。テレビの「画素」の数はハイビジョンが約200万画素、対して4Kは約800万画素です。

 

目に見えてわかるような映像の美しさは、とくに動きの多いスポーツや、迫力のある映画を見るときにわかります。解像度の高さに加え、4Kは1秒間に約60コマを表示、色のコントラストも、これまでのテレビ放送に比べてハッキリと映し出されます。

 

4K放送の特徴は、その明らかすぎる映像の美しさにあります。そんな映像が毎日自宅のリビングで気軽に楽しめる、これはまさにテレビ業界の、そしてライフスタイルの革新といえるでしょう。

 

4Kテレビ放送で見られるコンテンツ

4K放送で見ることができるコンテンツは、全部で18チャンネルあります。そのうち電波形式が「右旋」と呼ばれるチャンネルは6チャンネル。「左旋」と呼ばれる新しい電波形態には、12チャンネルのコンテンツが用意されています。

 

右旋の6チャンネルは主に民放チャンネルが、より美しい映像で楽しめます。なかには4K限定で放送されるコンテンツもあるのだとか。対して、左旋の番組は有料枠を含みます。スポーツや映画を楽しむためには、左旋のチャンネルが主な選択肢になるでしょう。

 

4Kがこれからのテレビの標準

2018年から始まる4K放送、じつはこれはまだまだ序章に過ぎないかもしれません。4K放送のひとつのターニングポイントは、間違いなく2020年の東京五輪になるでしょう。オリンピックやパラリンピック見たさに、4K放送の導入を考えているかたも多いはずです。

 

また、地デジ放送もゆくゆくは4K放送を導入する可能性もあります。つまり現在はまだまだ4K時代の幕開け段階、今後のテレビの基準として「4K」が採用されていく可能性は高いのです。

 

 

 

4Kテレビ放送を見るときの注意点

注目の4K放送ですが現在ご自宅にある設備で、そのまま4K放送を見られるかたは少ないでしょう。4K放送を見るためには、揃えなければいけない器具などもあります。ここでは、4K放送を視聴するときの注意点を解説していきます。

今売っているテレビでは4Kが見られない?

4K放送を見るためには、まず4Kに対応したテレビが必要です。現在普及しているテレビは大きくわけて3種類あります。

 

・ハイビジョン(2K)テレビ

・4K対応テレビ

・4Kテレビ

 

これらのうち、ハイビジョンテレビを現在使っているご家庭では、テレビ自体を買い替える必要があります。ハイビジョンのテレビには4Kを映すための性能が備わっていません。4K放送を見るためには、テレビ自体にも4Kの映像を映し出すための性能が必要なのです。

 

4K対応テレビの場合は、テレビ自体の性能は十分です。4Kを画面に映すための性能を備えています。4K対応テレビに必要なのは、4K放送を受信するためのチューナー。チューナーを購入すれば、4K放送を見るための準備は万端です。

 

4Kテレビは、すぐに4K放送を見ることができます。4Kテレビには4Kの映像を映すための性能もチューナーも搭載されています。しかし、以前に販売されていた4Kテレビのなかには、4K放送を見るために別途チューナーが必要なものもありますので注意しましょう。

 

これらの概要はテレビについてのみです。4Kテレビ放送を視聴するためには別途アンテナやケーブル、ブースターなどを設置する必要があります。ご注意ください。

 

地デジが4Kで見られるわけではない

4Kテレビ放送は、現在のところ衛星放送のみで配信される予定です。地デジでの放送予定は現在ありません。その原因は、4Kと地デジの放送形式が違うためです。地デジで4Kを放送するためには、テレビやアンテナをすべて変える必要があります。

 

将来的にはわかりませんが、現在のところ4K放送が楽しめるのは、衛星放送のみになります。

 

今すぐ見るならチューナー内蔵タイプを

今すぐに4K放送を見たい!という人は、4K放送に対応したチューナーが内蔵された4Kテレビを購入しましょう。ほかのタイプではテレビのほかに別途チューナーが必要ですが、内臓タイプならそんな手間もかかりません。今選ぶならチューナー内蔵4Kテレビです。

 

 

 

4Kテレビ放送を見たい人は、必見!見るために必要なもの

4Kテレビ放送を見たい人は、必見!見るために必要なもの

 

4K放送、ぜひ放送開始とともに見たいところですよね。しかし4K放送を見るためにはテレビをはじめ、いくつか必要になるものがあります。ここでは、4K放送を視聴するために必要なものを解説します。

 

内臓タイプでなければチューナーが必要

チューナーとは、テレビが流れてくる電波を拾うために使用するものです。4K放送を見るためには、4K放送に対応したチューナーが必要です。テレビにチューナーが内蔵されていない4Kテレビや4K対応テレビの場合は、別途チューナーが必要になります。

 

SHマークや4Kロゴマーク

チューナーのほかにも、4K放送に対応したケーブルやブースターが必要になります。しかし似たような商品がいくつもあって見分けづらいのが難点ですよね。そんなときに指標になるのが「SHマーク」や「4Kマーク」。これらのマークは、簡単にいえば4K8K放送のお墨付きサインです。

 

SHマークは「Super Hi-Vision」の略称です。SHマークはアンテナやケーブル、ブースターなどの関連商品に記載されています。4Kマークの意味はSHマークと同様です。

 

4K放送の準備をする際には、これらのマークを参考に商品を選べば失敗することはないでしょう。不安なかたは、お近くの家電量販店で相談してから購入することをオススメします。

 

アンテナをチェック

4K放送の準備、一番の鬼門が「アンテナ」です。アンテナの話をするには、4K8K放送で新たに使われる電波形態の話が避けてはとおれません。

 

アンテナのうち、これまでBSやCSなどの衛星放送を受信していたアンテナでも、「右旋」と呼ばれる民放6チャンネルが放送する番組は、受信可能です。

 

一方で、今回の4K8K放送の開始にともない新たに始まる「左旋」の12チャンネルを視聴するためには、新しく4K8K放送に対応したアンテナを設置する必要があります。ちなみに4K8K放送に対応したアンテナであれば、右旋の電波も受信することが可能です。

 

アンテナをはじめとした4K放送の準備には、手間や時間だけでなく、知識もある程度必要です。不安なかたは、4K放送の準備を業者に依頼してもよいでしょう。面倒な設置の作業も手間なく終わらせることができます。ほかに疑問があれば、相談することもできますよ。

 

 

 

まとめ

4K放送の持つたくさんの魅力は言葉だけでは語りつくせません。高精細な画質、臨場感、迫力。自宅のテレビ環境が一変するその機会は、すぐそこまで迫っているのです。

 

そんな4K放送を見るためにはテレビにアンテナ、周辺機器を揃えることが必要です。不安なかたは業者に相談して、手間なく簡単に解決してしまいましょう。4K放送はテレビ新時代の幕開けです。時代の流れの最先端、感動的な体験をぜひご自宅でしてみてください。

 

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼