電気工事110番 トップページ > 漏電調査をしよう|すぐわかる症状や確認方法・発生しやすい原因とは

2019.08.15更新

漏電調査をしよう|すぐわかる症状や確認方法・発生しやすい原因とは

住宅で漏電してしまうことによるトラブルは、意外と多く見受けられるものです。「ホコリっぽいところにテーブルタップを置く」「コンセントに挿したまま放置する」よくありがちなことですが、これだけでも漏電の原因になってしまいます。

東京消防庁のデータによりますと、電気機器による火災の割合は年々増えており、平成28年では、およそ4件に1件は電気機器による火災が原因だといわれています。大ごとになってしまう前に、漏電調査で原因を見つけて対策をしましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

漏電調査の仕方|すぐに確認できる方法とは

漏電と一口にいっても、それによって引き起こされる症状にはいくつかのパターンがあり、漏電調査の方法もさまざまです。この項目では、漏電による症状や調査方法をまとめました。

漏電による症状

漏電による症状

漏電による症状は、以下のとおりです。

・建物の金属部分に触れると、びりびりした感触がある
漏電した部分から電流が流れて電気が伝わる現象です。外壁や屋根などの金属部分に触れることで、電気が伝わります。この場合、どこが漏電しているのかがわからないので、業者に相談しましょう。

・コンセントから発火する
漏電が起きると、コンセント内の金属が発熱します。そこから、壁の内部にある木材やほこりなどに着火し、火災を引き起こしてしまいます。

・漏電ブレーカーが落ちる
電気を使いすぎたときに落ちるブレーカーはメインブレーカーといいますが、そのメインブレーカーの右側に漏電遮断器があります。それが落ちていた場合は、電化製品の故障などが原因と考えられます。

・電気代が異常に高くなった
漏電が起きると、電気の供給が非効率になってしまいます。そうなると、家電を動かすのに必要以上の電力を使ってしまうので、電気代が上がってしまいます。先月の電気代より異常に高いなと感じたら、漏電を疑いましょう。

・雨が降ると停電してしまう
雨漏りによって漏電したり、庭など外に設置している外灯の取り付けが甘く、雨水などが侵入してしまったりしたときに起こってしまう現象です。具体的にどこが漏電しているのかがわからないので、業者に連絡しましょう。

症状に気づいたときの確認方法|漏電箇所を特定しよう

・漏電ブレーカーを使って確かめる
まずは漏電ブレーカーが切れているか確認します。次に、アンペアブレーカーが入っているかを確認してから、複数ある安全ブレーカーのスイッチをすべて切ってください。

その後、漏電ブレーカーのスイッチを入れましょう。漏電ブレーカーが入ったのが確認できたら、複数の安全ブレーカーを1つずつ入れていきます。安全ブレーカーを入れたときに漏電ブレーカーが切れたら、該当する安全ブレーカーの場所で漏電していることになります。

・過去の電気代と照らし合わせてみる
毎月送られてくる明細書や、電力会社のホームページを利用して、過去の電気料金を見比べてみましょう。明らかに電気代が増えている場合は、漏電の可能性があります。

・電気会社や修理業者に依頼をする
電気会社か修理業者に依頼をすると、漏電しているかどうかを調べてくれます。もし漏電していた場合は、修理も一緒にしてくれる可能性があります。

漏電の発生を確認したらすぐに「漏電調査」の依頼を!

漏電が発覚したら、すぐに漏電調査をしましょう。漏電している場所や原因がわからないまま放っておくと、感電や火災が発生するおそれがあります。

しかし、漏電調査は電気工事士の資格がなければできません。そのため、自分で調査をしようとは思わず、業者に依頼するようにしてください。知識を持っていないと非常に困難な作業です。また、感電などをして、大きなケガや命にかかわる事故につながるおそれがあります。

漏電調査を依頼すると費用はどれくらい?

業者に漏電調査を依頼する際に気になるのが、作業のお値段ですよね。お値段は、修理工事込みでおよそ10,000~20,000円くらいが目安です。

このお値段の設定は業者によってこまかな違いがあり、交通費を内訳に含む場合、別途請求をする場合でも変わってきます。しかし、業者によっては見積り無料やキャンセル料なしという特典をおこなっている業者もあります。

おおよその目安はあるものの、実際の料金は現場の状況などによって変動します。そのため、まずはいくつかの業者でお見積りをとって比較してみることをおすすめします。弊社にお電話いただければ、現場のお近くの業者をすぐにお見積りにうかがわせることができます。ぜひご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

漏電が生じる原因ってなに?

そもそも、漏電の原因はなんなのでしょうか。原因を追究すれば、それに応じた対策方法がわかります。漏電の原因をまとめました。

その1|家電や配線などの劣化

その1|家電や配線などの劣化

電化製品や電源コードは、絶縁体という電気を通さない物質でカバーされていることによって、漏電が起きないようになっています。しかし、経年劣化によって絶縁体が電気を遮断しきれなくなると、漏電を起こしてしまうことがあります。

また、外的な要因による配線や電源コードの破損が起きていることもあるかもしれません。ねずみやペットなどがかじって破損することで、漏電につながるおそれもあります。

その2|住宅の老朽化

屋根などの老朽化によって雨漏りが起こると、そこから家電やコードが水にぬれてしまい、漏電を引き起こすことがあります。雨漏りしやすい場所や、キッチンや洗面所など、水にぬれやすい場所のコンセントには注意が必要です。

その3|テーブルタップ(タコ足配線)の使用

テーブルタップを使用して、ひとつのコンセントに定められている電流の使用上限を超えてしまった場合、漏電する可能性が高くなってしまいます。

また、テーブルタップをホコリっぽいところに置くことで、コンセントとプラグの間にホコリが溜まり、トラッキング現象という発火現象が起こってしまいます。この現象による火災は非常に多く報告されており、電気を使う上でとくに気をつけなければならない事象のひとつといえるでしょう。

その4|塩害

海の近くにある場合、潮風や路面凍結の防止剤が室内に入ることで、絶縁体が腐食しやすくなります。また、外にある電線と海水の成分が反応して、漏電につながるケースもあるようです。海の近くに住んでいる方はとくに漏電に注意が必要です。

その5|業者の施工ミス

業者の電線の補強が甘かったり、漏電箇所を見落としてしまったりという事例もあります。また、雨漏りや塩害など、業者の専門分野以外の工事が必要な場合もあります。

業者に施工を依頼する際は、まず見積りなどの対応をよく見ておくことが大切です。そういったミスや専門外の分野のことを見逃さない、誠実な仕事をしてくれる業者を見極めるようにしましょう。

漏電を放置していると……?

漏電を放置すると感電や火災などにつながり、人の命にかかわる危険性があります。また、事故は起こっていないとしても、電気代が激しく高騰するおそれもあります。

漏電を放置していてもなにもよいことはありません。漏電を見つけた場合は、すぐに信頼できる業者に相談しましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

漏電を予防するには?

原因がわかったとしても、漏電を予防する方法はあるのでしょうか。じつは漏電は、普段から自分たちで予防ができるものなのです。ここではいくつかの漏電予防法をご紹介いたします。

1.アースを取り付ける

1.アースを取り付ける

アースとは、電気を大地に逃がして感電を防ぐ役目の配線で、洗濯機や電子レンジなどの家電製品につけられています。電気機器にアースをつけることは法令で決められていますが、家電に緑色のアース線がついているかは日ごろから確認しておきましょう。

2.漏電遮断器を使う

漏電遮断器とは、配線や電気機器に絶縁のトラブルが起こって漏電した際、電気を遮断して災害を未然に防ぐ装置です。

ネットショップなどで購入が可能で、コンセントに挿して使うタイプであれば、電気工事士の資格がなくても使えます。電気回路の電圧や電流の大きさ、電線の太さなど、電気使用設備の規模に応じて選んでください。

3.日常のコンセントの使い方を意識する

電気コードを折り曲げたり束ねたりした状態で使用すると、コード破損の原因になります。また、プラグにホコリを溜めないようこまめに掃除したり、タコ足配線の利用を避けたりすることで、漏電防止につながるのです。

万が一漏電が起きたらすぐに業者へ連絡を!

防止策をとっていても、ときには漏電が起こってしまうことはあります。上記でも述べましたが、漏電を放置すると感電や火災の原因となります。また、漏電の原因を自分で究明することは困難であり、ケガや命の危険もともないます。

漏電を発見した場合、漏電調査をしてほしい場合は、弊社にお電話ください。弊社のコールセンターは24時間365日対応しておりますので、漏電のお悩みにお答えすることが可能です。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a