電気工事110番 トップページ > テレビアンテナ工事の種類と内容を解説|3つの設置方法もご紹介

2019.08.21更新

テレビアンテナ工事の種類と内容を解説|3つの設置方法もご紹介

テレビを見るためにテレビアンテナの工事をしようといっても、必要な工事やアンテナの種類について詳しく理解しているという人は少ないです。お家にテレビのチャンネルを受信するためのアンテナがない場合、工事が必要になってきます。テレビアンテナがなければ、テレビを見ることはできません。

そして、適切なアンテナの工事をおこなうためには、設置場所や工事の内容について把握しておく必要があります。工事が適切でないと、テレビの映りが悪かったり、見られなかったりといったことになるおそれがあるからです。

ここでは、テレビを見るために必要なテレビアンテナ工事の種類についてご紹介し、アンテナの種類から設置場所について詳しくご説明していきます。ご自宅にあったアンテナを選んで、快適にテレビを見るためにぜひ参考にしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビアンテナ工事の種類と内容

アンテナ工事を業者にすべて任せてしまって、何をやっているかわからないと本当に工事内容が適切なのかわからなくて不安ですよね。アンテナの工事には、大きく分けてUHF工事、ブースター工事、分配工事といったものがあります。ここでは、こうした工事の目的と作業内容、費用相場についてご紹介していきます。

UHF工事

テレビアンテナ工事の種類と内容を解説|3つの設置方法もご紹介

地上デジタル放送では、周波数が470~70MHz帯で13~62チャンネルが割りあてられています。このため、地上デジタル放送を見るためには、この周波数帯の電波を受信できるアンテナを設置する必要がでてきます。そして、この周波数帯域の電波を受信できるアンテナを取り付けるのが、UHF工事です。

ブースター工事

地デジ放送の電波を送信している発信基地と受信するアンテナとの間に大きな建物が建っていると電波の送受が邪魔されて、アンテナが受信する電波が弱くなることがあります。電波が弱いと、テレビの映りが悪くなったり、特定のチャンネルが見られなくなったりと問題が生じてしまいます。

ブースター工事とは、ブースターと呼ばれる電波を増幅させる機器を取り付けてやる工事のことです。ブースター工事をおこなってやることで、テレビの映りが悪くなるといった問題を解決してくれます。私たちがテレビを快適に見るために必要な工事といえます。

分配工事

お家にテレビが2台以上ある場合には、上の2つの工事だけでは不十分で、1つのテレビでしか地デジ放送を視聴することしかできません。2台以上のテレビで地デジ放送を見るためには、受信した電波を分けて各テレビに情報を送ってやる必要があります。

ここで必要になってくるのが、電波を分ける働きを持った分配器と呼ばれる機器です。分配工事は、この分配器を取り付ける工事のことをさしています。このため、分配工事をおこなうことによって、複数のテレビで地デジ放送を視聴することを可能にできるのです。

CSやBSアンテナを設置する場合は「ミキサー工事」をおこなう

地デジ以外にもCSやBSといったテレビを視聴するためには、ミキサー工事という工事が必要になってきます。ミキサー工事というのは、複数のアンテナケーブルをひとつにまとめる工事のことです。これによって、たくさんのチャンネルを同一のテレビで視聴できるようになります。

テレビアンテナ工事でおこなうこと

業者はご自宅に合ったアンテナと周辺機器を設置するために、まずご自宅の電波を測定し電波状況を確認します。次に、測定した電波をもとに、ご自宅の電波状況にあったアンテナと周辺機器を提示してくれます。

取り付けるアンテナと周辺機器が決まったら、設置作業に入ります。アンテナの設置が完了し、室内にケーブル配線を引き込んで周辺機器の設定が終わったら工事は終了です。

テレビアンテナ工事の費用は?

テレビアンテナをご自宅に取り付ける際にかかってくる料金は、取り付けるアンテナや周辺機器の種類、工事内容によっても変わってきます。アンテナ工事の料金の相場としては、約3万円~5万円となっているようです。

テレビアンテナ工事にかかる費用を少しでも抑えるポイントとしては、複数の業者に見積りをとってもらうといったことがあげられます。その上で、提示された作業内容と料金を比較検討してから、依頼する業者を選ぶことをおすすめいたします。

アンテナ110番にご相談いただければ、現地での無料見積りを出している業者を紹介させていただきます。ぜひ、お気軽にご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビアンテナの設置方法は3つ

テレビアンテナを設置する場所は、屋根の上だけではなく壁や屋根裏も設置場所の候補として考えられます。お家の電波状況や見栄えによっては、アンテナを設置する場所を選ぶことができます。ここでは、各場所にアンテナを設置する場合のメリットやデメリットについてご説明していきますので、設置場所を選ぶ際の参考にしてみてください。

屋根の上に設置する

テレビアンテナ工事の種類と内容を解説|3つの設置方法もご紹介

アンテナの設置場所として最も多いのが、屋根の上に設置するといったといったものです。 アンテナを屋根の上に設置する最大のメリットとしては、高い位置に設置することで電波が受信しやすいことがあげられます。

しかし、お家によってはアンテナが目立ってしまい、外観が悪くなってしまうことも考えられます。雨風や積雪といった自然災害によっても、アンテナが劣化しやすいといったデメリットもあげられます。

壁に設置する

壁にアンテナを取り付ける場合、設置の簡単さと費用の安さが一番のメリットとしてあげられます。

まず、アンテナを壁面に設置しますので、屋根上に設置するものと比べてアンテナを支える部品を設置する必要がありません。また、手が届きやすい壁面に設置するので、手入れや修理がおこないやすいといったメリットもあげられます。

しかし、壁とアンテナを固定する部品にかかる負荷が大きいため、接合部分が劣化しやすいようです。また、電波受信という面でも屋根上よりも調整が難しく、取り付ける場所に制限があることも壁に設置するときのデメリットとしてあげられます。

屋根裏に設置する

屋根裏にアンテナを設置した場合、アンテナが雨風や雪の被害にあう心配がありません。そのため、アンテナの寿命を長く持たせることができます。ほかにも、アンテナを付けたことによって、お家の見た目を損なうこともないといったメリットもあげられます。

しかし、屋根裏にアンテナを設置できるだけの十分なスペースがなかったり、屋根裏の電波状況に問題があったりする場合は、設置することは難しいです。このため、場合によっては屋根裏にアンテナを設置することができないこともあるようです。

どの方法が適しているのか悩んだらプロに相談してみよう

アンテナを設置する場所を選ぶ際には、設置場所の電波状況やスペースの広さが非常に重要です。お家の状況にあっていない場所に設置してしまうと、電波がうまく受信できずに電波障害を起こしてしまうケースも考えられます。アンテナの設置場所を迷っている方は、一度業者に相談してみることをおすすめいたします。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビアンテナ|それぞれのメリットデメリット

アンテナ工事をするためには、設置場所や作業内容以外にも、アンテナの種類も把握しておく必要があります。アンテナの種類によって受信できるチャンネルが変わってくるため、それぞれのメリット・デメリットを知って選ぶとよいでしょう。

八木式アンテナ

テレビアンテナ工事の種類と内容を解説|3つの設置方法もご紹介

八木式アンテナは、費用を抑えて地デジだけを視聴したいという方にオススメできるアンテナといえます。アンテナ自身にある程度の高さがあるので、電波の受信といった点で非常に優秀です。また、アンテナの向きを360°回転させることができるので、電波状況の調整がしやすいといったメリットもあります。

ただ、八木式アンテナは昔ながらの魚の骨のようなデザインになるため、人によっては外観を損なってしまっていると感じる方もいらっしゃるかもしれません。

デザインアンテナ

デザインアンテナは、名前の通りにデザイン性を重視したもので、従来のアンテナとはかけ離れて、小さい板のような形をしたアンテナです。本体カラーの種類も豊富で、設置する場所の色に合ったものを設置すれば、機器の小ささと相まってより目立ちにくくなります。

このため、アンテナによってお家の外観が損なってしまうのを避けたい方にオススメのアンテナといえます。また、デザインアンテナは屋根に設置する必要がないために、設置や修理にかかる手間が少ないこともメリットとしてあげられます。

しかし、八木式アンテナとは違ってアンテナ自身に高さがなく、向きを調整することができません。このため、ほかのアンテナに比べて電波の受信感度が悪くなってしまいやすいようです。電波状況が悪いお家になると十分に電波を確保できず、電波障害が起こってしまう可能性もありますので、設置の際には注意が必要です。

4K・8Kアンテナ

4K・8Kアンテナのメリットとしては、ほかのアンテナでは受信できない2018年12月から放送が開始された4K・8K放送を無料で視聴できるということがあげられます。4K・8K放送では、従来の2K テレビに比べて画素密度が4Kでは4倍、8Kでは16倍になっています。

これにより従来の放送では味わえない、非常に繊細で臨場感のある映像を味わうことが可能になります。このため、テレビを高画質で視聴したいといった方には、非常におすすめなアンテナといえます。ただ、ほかのアンテナよりも設置する際の費用が高額であるといったデメリットもあるので、注意が必要です。

BS・CSアンテナ

BS・CSアンテナのメリットとしては、BS・CS放送が視聴可能であるということがあげられます。BS・CS放送では、地デジ放送では見ることのできない海外スポーツの中継や専門的な内容の番組など、多種多様な番組を視聴することができます。

このため、地上デジタル放送の番組に飽きてしまった方や海外のスポーツ番組が見たいといった方に、おすすめできるアンテナです。

しかし、BS・CSアンテナは電波基地ではなく、人工衛星から電波を受信しているので、衛星がいる南南西に向けてアンテナを設置する必要があります。このため、衛星がいる方角に障害物があるような場所には設置できない、といった制約が付いてきてしまうのです。

いかがだったでしょうか。アンテナの種類はいくつかあり、それぞれにメリットとデメリットがあります。これらを理解した上で、お家の状況や目的に合ったアンテナを選ぶことは非常に重要です。また、アンテナ工事を業者に依頼する場合には、お家の状況と要望をしっかりと理解して工事をしてくれる業者を選ぶようにしましょう。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a