電気工事110番 トップページ > テレビコンセントの増設が一番おすすめ?簡単にテレビを見る方法比較

2019.08.21更新

テレビコンセントの増設が一番おすすめ?簡単にテレビを見る方法比較

テレビ専用コンセントは、テレビを見るうえで重要なものです。テレビ専用コンセントを増設することで快適にテレビを視聴することができ、さらに部屋をすっきりと見せることができます。

ただし、テレビ専用コンセントがないと必ずしもテレビを見ることができないというわけではありません。ほかにも、分配器を使ったりアンテナにケーブルを取り付けたりといった方法で、テレビを見ることが可能です。

この記事では、テレビ専用コンセントの増設方法だけでなく、テレビ専用コンセントなしでテレビを見る方法についてもご紹介します。テレビ専用コンセントの増設を検討している方は、ぜひ参考にしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビ専用コンセントの増設

「そもそも、テレビ専用コンセントの役割ってなに?」と思っている方もいるのではないでしょうか。そこで、ここからはテレビ専用コンセントの役割について見ていきましょう。また、テレビ専用コンセントを増設するメリットや業者に依頼したときの費用についてもあわせてご紹介します。

テレビ専用コンセントの役割

テレビ専用コンセントの役割

テレビ専用コンセントの役割を知るには、映像がテレビに映る仕組みを理解する必要があります。そこで、まずは映像がテレビに映るまでの流れを見ていきましょう。

テレビ局から送られた映像データが、送信所によって電波に変えられます。その電波を各家庭のアンテナがキャッチして、ケーブルを介してテレビ専用コンセントに送られます。すると、テレビ専用コンセントは送られてきた電波を映像に変換し、ケーブルでテレビ本体に送られた結果、テレビに映像が映るのです。

つまり、テレビ専用コンセントは、アンテナから送られてきた電波を映像に変換して、テレビを映す役割をしているのです。

テレビ専用コンセントを増設するメリット

テレビ専用コンセントを増設する一番のメリットは、映像が途切れることなくテレビを見られることです。後ほどご紹介する「分配器」を使った方法では、電波が弱くなって映像の移りが悪くなることがあります。一方、テレビ専用コンセントは、分配器と比較して映像が途切れることなくテレビを見ることが可能です。

また、室内がすっきりするのもメリットのひとつです。分配器やアンテナからケーブルを引く方法ではケーブルが目立ってしまいますが、コンセントの増設はケーブルが目立たないため、部屋をすっきり見せることができるのです。

自力での増設をおすすめしない理由

テレビコンセントの増設には、電気工事士の資格は必要ありません。しかし、専門的な知識が必要なので、知識のない方はテレビのコンセントの増設をDIYでおこなうのは難しいでしょう。

自力でのコンセントの増設が難しいときは、業者に依頼するのがベストです。業者に依頼することで、短時間で確実に作業をおこなってもらうことが可能となります。自力でコンセントを取り付ける自信がない方は、業者への依頼も検討してみるとよいでしょう。

業者に依頼する場合の費用相場

テレビ専用コンセントの増設をおこないたい方のなかには「業者に依頼すると高額な費用がかかりそう……」と、依頼をためらっている方もいらっしゃるかもしれません。そこで、ここからは業者に依頼したときの費用を見ていきましょう。

テレビ専用コンセントの増設の料金は、10,000円~15,000円程度が相場です。だいたい20,000円以下にはおさまることが多いでしょう。

ただ、住宅の状況によって費用が変わりますので、正確な料金を知るためにも一度業者に見積りを依頼することをおすすめします。業者に見積りを出してもらうときは、なるべく多くの業者に依頼することで、より多くの費用を比較できて自分に合った業者を見つけることができるのでおすすめです。

弊社と提携している業者では、見積りは無料でおこなっています。見積りをしたからといって必ず契約しなければならないわけではないので、他社と比較して納得していただいたうえでご契約いただけます。「テレビコンセント増設の費用を知りたい」という方でも、お気軽に弊社までご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

専用コンセントなしでテレビを見る方法

テレビ専用コンセントが足りない場合、増設する以外にも、「分配器を使う」「アンテナにケーブルを取り付ける」「LAN経由」のいずれかの方法でテレビを見ることができます。ここでは、増設以外の方法でテレビを見る方法を詳しくご紹介します。

【方法1】分配器を使う

【方法1】分配器を使う

ひとつ目は、分配器を使った方法です。分配器とは、テレビ専用コンセントが1つの場合でも、複数のテレビを映すことができるアイテムです。分配器とテレビをケーブルでつなげるだけでテレビを映すことができるので、手間がかかりません。

しかし、分配器は電波を複数台のテレビで分け合っているので、その分だけ電波が弱くなります。その結果、テレビの映りが途切れたり映らなくなったりするおそれもあります。

【方法2】アンテナにケーブル取り付け

ふたつ目の方法は、アンテナにケーブルを取り付ける方法です。この方法では、野外にあるアンテナにケーブルを取り付け、テレビに直接つなぐことでテレビを見ることができます。

この方法のメリットは、電波を弱めづらいので、映像が途切れることなく見ることができる点です。ただ、アンテナにケーブルを取り付ける際は高所作業となり、転落の危険がともないます。そのため、アンテナにケーブルを取り付けたい方は業者に依頼するとよいでしょう。

【方法3】LAN経由

みっつ目の方法は、LAN経由でテレビを見る方法です。この方法は、チューナー(テレビと無線でつなぐことで、視聴が可能になる器具)やポータブル型の画面を無線でつなぐことで、テレビを見られるようにします。この方法も、電波の届く範囲内ならどこでも途切れることなくテレビを映すことができます。

ただ、LAN経由でテレビを映すには、新しくLANのネットワークを組む必要があります。既にインターネット環境がある方はそちらのLANを用いてテレビを映すことが可能ですが、それ以外の方は新しく契約する必要があるのです。また、契約した後は月額料金もかかります。

そのため、既にLANを組んでいる方はこちらの方法がおすすめですが、費用を抑えたい方はほかの方法を試したほうがよいかもしれません。

お部屋をスッキリ見せたい場合は

ここまでご紹介した方法であれば、テレビ専用コンセントを使わなくてもテレビを見ることができます。しかし、ケーブルを家に引くことになるので、どうしても目立ってしまうことでしょう。

「ケーブルが目立つのが嫌」という方は、コンセントを増設するのがおすすめです。そうすることで、部屋をすっきり見せることが可能です。

弊社では、24時間365日電話対応いたします。そのため、ご都合のよい時間帯にいつでもお電話いただくことが可能です。また、作業日もご都合のよい日時のなかから調整いたします。土日、祝日にお伺いすることができる業者を派遣することも可能ですので、テレビ専用コンセントの増設を検討している方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

屋外アンテナなしでテレビを見る方法

ご家庭によっては、テレビ専用コンセントだけではなく屋外アンテナがついていない場合もあるかもしれません。そういった場合は、パソコンやポータブルテレビで見たり、室内アンテナを設置したりしてテレビを見ることができます。

ここでは、それぞれの方法のメリット・デメリットについてご紹介します。快適にテレビを見るためにも、以下の内容をぜひ参考にしてみてください。

【方法1】パソコンで見る

【方法1】パソコンで見る

専用のチューナーをつなげば、パソコンでテレビを見ることができます。この方法は、パソコンを使いながらでもテレビを見られることがメリットです。ただし、パソコンを持っていない場合は、新たに購入しなければならないのでおすすめできません。

パソコンをお持ちでない方は、以下でご紹介する「ポータブルテレビ」か「室内アンテナ」を利用してテレビを見るとよいでしょう。

パソコンのチューナーには「ワンセグ対応」と「フルセグ対応」のものが売られているので、購入するときも注意が必要です。「ワンセグとフルセグの違いがわからない」という方もいらっしゃるかもしれませんので、それぞれの違いについて簡単に見ていきましょう。

そもそも、ワンセグとフルセグとは、それぞれ「1セグメント」「12セグメント」を意味します。セグメントとは、画像や音声のデータを送るための電波のことで、13個に分けられています。13個のうちの1個がワンセグに使われ、12個がフルセグに使われているのです。

ワンセグとフルセグの主な違いは、画質と受信感度です。ワンセグは受信感度が高い代わりに画質が低く、フルセグは画質がよい代わりに受信感度が低いです。そのため、これらの長所、短所を考慮してご自身に合ったほうを選ぶのがよいでしょう。

【方法2】ポータブルテレビ

アンテナなしでテレビを見るには、ポータブルテレビを利用する方法もあります。ポータブルテレビとは、持ち運びができる小型のテレビのことです。ポータブルテレビを使うメリットは、アンテナのほかにテレビ専用コンセントがなくてもテレビを見ることが可能な点です。

ただし、ポータブルテレビはデメリットもあり、画質と受信感度の両方をよくすることは難しいでしょう。また、ポータブルテレビにもワンセグ対応のものとフルセグ対応のものがあるので、ご自身に合ったほうを選ぶ必要があります。

【方法3】室内アンテナ設置

室内用のアンテナを家の中に取り付けることで、電波をキャッチできるようになります。室内アンテナのメリットは、手軽に取り付けることができる点です。

室内アンテナは、数千円程度と手に入れやすい料金で購入することができます。さらに、設置に大掛かりな工事は必要ありません。室内にアンテナユニットを設置してテレビにつなぐだけで見ることができるので、素人でも無理なくテレビの視聴が可能なのです。

しかし、室内にアンテナを設置しているので、電波が弱くなってしまうことがあります。そのため、「テレビを途切れることなく見たい」という方には向かない方法といえるでしょう。

快適なテレビ視聴には専用コンセント増設がおすすめ

ここまで、テレビ専用コンセントやアンテナなしでテレビを見る方法についてお伝えしてきました。専用の機器を使えば、テレビ専用コンセントやアンテナがなくてもテレビを見られることがお分かりいただけたのではないでしょうか。それぞれの方法に、メリット、デメリットがありますので、上記の内容を読んでご自身に合った方法を見つけてみてください。

テレビ専用コンセントがない状況で「部屋をすっきり見せたい」「快適にテレビを見たい」という場合は、やはり業者に依頼してコンセントを増設するのがおすすめです。

弊社では、料金に納得してご依頼いただけるよう、加盟店が無料見積りを実施しております。「まだ業者を決めかねている」「まずは費用だけを知りたい」という方でもお気軽にお問い合わせください。

もし、見積り内容にご納得いただけるようであれば、作業日を調整いたしますのでご都合のよい時間帯にいつでも弊社までご連絡ください。当日になりましたら、実績のある加盟店スタッフが丁寧に作業をおこないます。テレビ専用コンセントの増設をご要望の方は、ぜひ弊社にお任せください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (2評価, 平均評価: 4.50 )
Loading...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a