電気工事110番 トップページ > BS/CSアンテナの設置マニュアル|手順・費用・工事の方法・調整

2019.11.22更新

BS/CSアンテナの設置マニュアル|手順・費用・工事の方法・調整

BS/CSアンテナを設置する際は、正しい方法で取り付ける必要があります。なぜなら、アンテナは設置場所や設置方法が適切でないと、うまく機能せずテレビが視聴できないからです。

自力で工事できるかわからない・適切な場所がわからないときには、プロに依頼することを検討してみてください。

本コラムでは、BS/CSアンテナの取り付け方をご説明します。本コラムを参考にして、適切にアンテナを設置し、BS/CSを快適に視聴してください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BS/CSアンテナを設置する事前準備

まずは、BS/CSアンテナを設置するための準備をご紹介します。アンテナを設置したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

【1】BS/CS用差し込み端子の確認

【1】BS/CS用差し込み端子の確認

BS/CS用差し込み端子がないテレビは、BSやCSを視聴することができません。そのため、まずはご家庭のテレビの裏にBS/CS用端子があるかどうか確認しておいてください。

【2】アンテナ設置場所を確認

アンテナは南南西の方角に向けて、ベランダの手すり・屋根・壁面などに設置します。ただ、南南西の方向に設置しても、庭木や建物などの障害物がある場合はアンテナの受信ができないおそれがあります。BS/CSアンテナを設置する場所は、受信をさえぎる障害物がないところを選びましょう。

また、ベランダに設置する場合は、手すりが曲がっていないか・コンクリート状か・格子状かを確認しておいてください。

ベランダがコンクリート状になっていたり手すりが曲がっていたりする場合は、アンテナを取り付けるための金具が市販ではほぼ売られていないため、自力での設置は難しいです。そのため、電気工事の業者に設置を依頼することをおすすめします。

【3】BS/CSアンテナ・道具の準備

次に、BS/CSアンテナの設置に使う道具の準備をおこないましょう。設置には、アンテナ本体のほかに、取り付け工具やケーブルが必要です。

ただ、必要な工具をすべてそろえるのが大変という方も多いかもしれません。自分で取り付ける際は、アンテナの設置に必要な本体・取り付け工具が揃っている「アンテナキット」を使うとよいでしょう。

種類によりますが、アンテナキットは10,000円以内で手に入るものが多いです。アンテナキットは家電量販店で売られているので、確認してみてください。

また、アンテナを設置する際は、ケーブルを窓から通すことができる「隙間ケーブル」も用意しておくことをおすすめします。

アンテナを設置する際は、アンテナ本体からテレビまでケーブルをつなげる必要があります。ケーブルをつなぐときは、通常はエアコンの配管が通る穴に入れ、室内までつなげます。しかし、エアコンの配管が通る穴はパテなどで埋められているため、一度外してから取り付ける必要がありますが、その作業が素人には難しいのです。

そこで、隙間ケーブルを使って窓からケーブルを使うことで、エアコンの配管が通る穴に通さなくても室内までケーブルを引くことができるのです。

「窓からケーブルを通すと、ケーブルが傷むのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれませんが、隙間ケーブルは窓に通しても傷みにくいといわれています。隙間ケーブルの価格は、1,000円~2,000円とお手頃です。簡単にケーブルを通すためにも、使うとよいでしょう。

このほか、プラスドライバーも準備しておきましょう。プラスドライバーは、アンテナの角度の調節をする際に使います。

自力設置が無理なら業者に依頼しよう

ここまで記事を読んで、「自力で設置できる自信がない」「どんな道具を選んでよいかわからない」「屋根に上らなければならず、落下することが怖い」という方もいらっしゃるかもしれません。

自力での設置が難しい方は、電気工事の業者に依頼することをおすすめします。電気工事のプロである業者なら、確実に設置してもらうことが可能です。

ちなみに、業者に依頼したときの費用は、10,000円~25,000円程度が相場です。ベランダなら10,000円程度でおこなってもらうことができるようですが、屋根に設置する場合は高所での作業となるため、25,000円程度費用がかかるようです。正確な費用は業者によって異なるので、一度見積りを取るとよいでしょう。

弊社では、電気工事をおこなう業者をご紹介します。弊社加盟店では、見積りを無料でおこなっております。BS/CSアンテナの自力での設置が難しい方は、ぜひ弊社までご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BS/CSアンテナの設置方法

ここからは、自力でBS/CSアンテナを設置するための手順をご説明します。以下の内容を読んで、正しい設置方法を理解してください。

アンテナを設置する手順

アンテナを設置する手順

ここでは、一般的なベランダの手すりにBS/CSアンテナを設置するための方法をご紹介します。

【1.金具を手すりに取り付ける】
アンテナ本体を取り付けるための金具を手すりに設置します。金具は、付属でついているレンチでナットを締め付ければ、固定することが可能です。

このとき、金具のマスト(アンテナ本体を取り付ける、ポール状になっている部分)が地面と垂直になっているかを確認しておいてください。垂直になっていないと、アンテナの調節が難しくなります。垂直か確かめるには、スマートフォンのアプリなどを使うとよいでしょう。

【2.アンテナの仰角を調整】
次に、アンテナの仰角(アンテナ本体の角度)を調節します。調節する角度は、お住まいの都道府県によって異なります。たとえば、東京は38.0°、大阪は41.4°、名古屋は40.2°となります。設定する角度について、詳しくは取扱説明書に書かれているので、確認してみてください。

【3.アンテナを仮止め】
アンテナの固定ネジを回して、先ほど取り付けた金具に仮止めしておきます。アンテナは、ケーブルの接続後に細かな位置を調節する必要があるので、しっかりと固定せず、仮止めにしておきましょう。

【4.アンテナケーブルをテレビの差し込み口につなげる】
室内までケーブルを引き込み、アンテナをテレビの「BS・110°CS」と書かれた差し込み端子に差し込んでください。

【5.アンテナ設定をおこなう】
テレビの画面で、アンテナ設定をおこないます。アンテナの設定方法はテレビの種類によって異なるので、取扱説明書をご確認ください。

ここまでの作業が終われば、アンテナの受信レベルの調整をして完了です。受信レベルの調整方法は、以下からご説明します。

受信の調整方法

アンテナの受信の調整では、アンテナ本体の向きを調節して、適切な受信レベルにします。具体的な調整方法は、以下のとおりです。

【1.おおまかな角度を決める】
近隣のアンテナの向きを確認したりスマートフォンのアプリを使ったりして、おおまかに南南西の方向にアンテナが向くように合わせてください。

【2.受信レベルを確認しながら調整】
次に、アンテナの角度を変えながら、受信レベルを確認します。受信レベルは、50以上であれば安定して視聴できるため、50以上になるように調節してください。

ちなみに、受信レベルはテレビの画面で確認することになります。そのため、自分ひとりでおこなうとアンテナとテレビを何度も往復しなければならず、労力がかかります。できるだけ楽におこなうためにも、家族などにテレビ画面を確認してもらいながら調節するとよいでしょう。

また、アンテナを調節する際は、1度動かすごとに5秒程度待機してください。アンテナの向きが受信レベルに反映されるには、3~5秒程度の時間がかかります。もし、連続でアンテナを動かしてしまうと、正確な受信レベルがわからず、調節が難しくなるのです。

ここまで、BS/CSアンテナの設置方法をご紹介してきました。自分での設置がうまくいかない方は、電気工事の業者に依頼するのも選択肢のひとつです。弊社では、電気工事の業者をご紹介します。アンテナの設置にお困りの方は、ぜひ弊社までご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BS/CSアンテナを設置するときの注意点

BS/CSアンテナを設置するときには、いくつか注意すべきことがあります。そこで以下からは、BS/CSアンテナを取り付ける際の注意点をご紹介します。

ベランダや手すりに取り付ける場合

ベランダや手すりに取り付ける場合

ベランダや手すりにBS/CSアンテナを取り付ける場合は、障害物がないか確認しておきましょう。アンテナの受信方向に建物や樹木などの障害物がある場合には、うまく番組を受信できないおそれがあります。

もし、障害物が受信方向にあるときは、アンテナの高さを上げる必要があります。アンテナの高さを上げる作業は、自分では難しいので、業者に依頼するとよいでしょう。

また、アンテナを取り付ける際は、落下物に注意してください。もし工具やパーツが落下してしまうと、通行人に当たってケガをさせてしまうおそれがあります。

屋根周りに取り付ける場合

屋根周りにアンテナを取り付ける際は、受信方向に近隣の高いビルなどの建物がないかを確認しておきましょう。近隣の高いビルが、受信をさえぎるおそれがあります。

また、屋根周りでの取り付けは高所での作業となるので、屋根から落下しないように注意しなければなりません。より安全におこなうためには、取り付け作業に慣れた業者に依頼したほうがよいでしょう。

アンテナ設置後の注意点

BS/CSアンテナは、状況によって設置後に受信ができなくなってしまうことがあります。そこで、ここではアンテナを設置した後の注意点をお伝えします。「アンテナ設置後にBSやCSが映らなくなった」という方は、以下の内容を参考にして適切に対処しましょう。

【アンテナの向きを確認】
アンテナは、台風や強風によって向きが変わることがあります。そうなると、BSやCSが映らなくなってしまうおそれがあります。もし、BSやCSが映らなくなったら、アンテナの向きを確認してみてください。

【障害物の有無】
アンテナの設置後にBSやCSが使えなくなった場合、受信方向に障害物があるおそれがあります。アンテナを設置したときは障害物がなくても、後から建物が建ったり庭木を植えられたりして、受信がさえぎられてしまうことがあるのです。そのため、BSやCSが映らなくなったら、障害物の有無を確認しておきましょう。

【機器の故障やケーブルの断線がないか確認することが必要】
アンテナ本体や電源にある受信ブースターなどの機器が壊れていたり、ケーブルが断線したりしていると、うまくBS・CSが映らなくなります。

もし、アンテナの向きが正しい・障害物もないにも関わらずBSが視聴できない場合、機器が故障していたりケーブルが断線していたりするおそれがあるので、新しいものと交換する必要があります。

ここまで、BS/CSアンテナ設置後の注意点をお伝えしてきました。「突然BSやCSが映らなくなったけど原因や対処法がわからない」という場合は、電気工事のプロである業者に相談してみるとよいでしょう。

業者に依頼するメリット

アンテナを設置したいときやBS・CSが映らなくなったとき、知識や経験が豊富な業者に依頼すれば、正しい方法で設置・対処してもらうことが可能です。そのため、失敗する心配もいりません。

また、屋根などの高所作業の場合、作業に慣れている業者に依頼することで、落下のリスクを避けることが可能です。

さらに、自分ではパーツが手に入りにくい、コンクリート状のベランダや、手すりが曲がっているベランダでも、業者なら対応してもらうことが可能です。

このように、業者に依頼すればさまざまなメリットがあります。アンテナを取り付ける際は、業者への依頼も検討してみてはいかがでしょうか。

弊社は、電気工事をおこなう業者をご紹介します。24時間年中無休でお電話相談をおこなっているので、いつでもお電話いただくことが可能です。もし費用やサービス内容についてわからないことがあれば、どんなことでもお気軽にご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a