電気工事110番 トップページ > 漏電の原因と危険度の高さを解説!確認・対処法・予防策・修理方法

2019.11.25更新

漏電の原因と危険度の高さを解説!確認・対処法・予防策・修理方法

「漏電しているかも……」と思ったら、早めに対処しましょう。なぜなら、漏電が原因で、電気代が上がるだけではなく火災や感電の危険性があり、命にかかわることもあるからです。

また、もし自分で確認しただけでは不安という場合は、業者に調査の依頼ができますので早めに調査を依頼してください。

この記事では、漏電の原因や危険性・対処方法・予防法について解説します。「漏電って名前は知っているけど、どんなものか知らない」という方でも理解できるような内容になっているので、ぜひ参考にしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

漏電の原因と危険性!感電・火災の可能性あり!

漏電とは、電気が本来通る通路から外れて流れることです。通常、電気は、電気が流れやすい電線やケーブルの中を通ります。また、電線やケーブルの周りは、電気が流れにくい「絶縁体」という物質でおおわれているため、電気が漏れることはありません。

しかし、何らかの原因で絶縁体が剥がれてしまったり絶縁機能が衰えたりしてしまうと、電気が本来のルートから外れてしまうことがあるのです。

漏電は、放置するとさまざまな危険を及ぼします。そこで、まずは漏電を放置する危険や、漏電になる原因について詳しくご紹介します。

漏電を放置する3つのリスクと危険性

漏電を放置する3つのリスクと危険性

漏電を放置するリスクを、以下にまとめました。

【電気代が高くなる】

漏電が起こると、本来通るルートから電気が漏れるので、そのぶん余分に電気を使うことになります。そのため、電気代が余分にかかってしまうのです。

【感電する危険】

漏電が起こったところに体が触れると、感電するおそれがあります。感電とは、電気が体内を通って、電圧の高い電気機器から電圧の低い地面へ流れることです。

感電したとき、電流が小さければピリッと感じる程度ですが、電流が大きくなれば強い痛みを感じたり呼吸が乱れたりします。最悪の場合、死に至ることもあります。

【火災の危険】

漏電の規模が大きいと、漏電した電気がホコリ・油・紙などに引火して火災が発生するおそれがあります。

漏電の原因をつきとめよう!

漏電の原因には、以下のようなものがあります。

【絶縁体の劣化】

先ほどもご説明したとおり、ケーブルや電線は、絶縁体という電気を通さない物質におおわれています。しかし、ケーブルが古くなって劣化したり、無理な使い方をして傷ついたりすると、絶縁体が剥がれてしまうことがあり、漏電が起こるのです。

【ケーブルの破損】

ネズミなどの害獣が、ケーブルをかじることがあります。すると、ケーブルが傷ついて漏電してしまうことがあります。

【水濡れ】

ケーブルが水に濡れると、絶縁体の機能が低下します。その結果、漏電が起こることがあります。

【塩害】

ケーブルに塩分が付着すると、腐食して漏電を引き起こすことがあります。塩害による漏電は、沿岸部やコンクリートでできた家に住む方はとくに注意しなければなりません。

沿岸部では、海水に含まれる塩分によって腐食するおそれがあります。また、コンクリートでできた家に住む方は、コンクリート内の塩化物イオンによって腐食することがあるのです。

【分電盤の配線やコンセントの緩み】

分電盤の配線や、コンセントのプラグが緩んでいてホコリがたまっている場合、ホコリが湿気を吸収して漏電が起こることがあります。

ここまで、漏電の危険性や原因についてご説明してきました。漏電は日常生活の中でも起こるおそれがあり、さまざまなリスクがあることがお分かりいただけたのではないでしょうか。

漏電している場合、感電や火災などの危険を避けるためにも、まずは本当に漏電が起きているか確かめることが重要です。漏電を確かめるには、漏電ブレーカーをチェックするのが有効です。漏電ブレーカーについては、後ほど詳しくご紹介します。

本格的な漏電調査をしたい!プロに依頼が可能です

漏電しているか確かめるには、電気工事の業者に漏電調査を依頼するのもおすすめです。漏電修理のプロである電気工事業者に依頼すれば、漏電が起きているかどうか・漏電の原因を確実に確かめることができるのです。

弊社では、電気工事業者をご紹介します。全国に多数の加盟店があり、お近くの加盟店を探してすぐにスタッフを派遣することも可能です。漏電の不安がある方は、一度弊社までご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

「漏電ブレーカーが落ちる」とは?対処方法

漏電ブレーカーが落ちているときは、漏電が起こっているおそれがあります。また、漏電が起きている箇所は、ブレーカーを使って調べることが可能です。ここでは、ブレーカーの種類と漏電ブレーカーが落ちたときの対処法をお伝えします。

ブレーカーの種類と落ちる原因

ブレーカーの種類と落ちる原因

ご家庭で使われるブレーカーには、アンペアブレーカー・安全ブレーカー・漏電ブレーカーがあります。これらのブレーカーは、以下のような理由で落ちることがあります。

【アンペアブレーカー】

アンペアブレーカーは、家庭の電気使用量が電力会社との間で契約した規定量を上回ったときに落ちるブレーカーです。

【安全ブレーカー】

安全ブレーカーは、電気使用量が回路ごとの規定の電気量を超えたときに落ちます。通常、電気は回路によって各部屋に供給されます。しかし、同じ部屋で多くの電気を使用すると、その回路の安全ブレーカーが落ちてしまうのです。

【漏電ブレーカー】

漏電ブレーカーとは、どこかで漏電が起きたときに落ちるブレーカーです。漏電ブレーカーが落ちたときには、漏電が起きている電化製品の電気の流れを止め、できるだけ早く電気工事の業者に修理を依頼しなければなりません。そこで、以下からは、漏電が起きている箇所の特定方法をご紹介します。

漏電ブレーカーが落ちていた!慌てず対処しよう

漏電ブレーカーが落ちたとき、以下の方法で漏電している場所をつきとめることが可能です。

  1. ブレーカーをすべて切る
  2. アンペアブレーカーと漏電ブレーカーのみ「入」にする
  3. 安全ブレーカーのスイッチをひとつずつ入れる

漏電が起こっている部屋の安全スイッチを入れると漏電ブレーカーが落ちるので、漏電している場所を特定することが可能です。

漏電箇所が特定できたら、漏電箇所の安全ブレーカーは下げたままにしておき、電気の供給を止めましょう。その後、電気工事業者に本格的な点検や修理の依頼をしてください。

分電盤に問題があるかも?分電盤の役割

どこで漏電しているのかわからない場合、分電盤の故障が原因でブレーカーが落ちている可能性があります。分電盤は、ご家庭に供給された電気を、各部屋に分ける役割をしています。

分電盤の交換には、電気工事士の資格が必要となります。資格をお持ちでない方は、電気工事の業者に交換を依頼しましょう。

弊社では、電気工事業者をご紹介します。24時間年中無休で電話相談をおこなっているため、「漏電しているかも」と思ったらいつでもご相談いただくことが可能です。できるだけ早く漏電を解決するためにも、ぜひ弊社までお電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

漏電を防ぐ方法と買い替え・修理について

ここからは、漏電を防ぐ方法をお伝えしていきます。再び漏電を起こさないためにも、ぜひ参考にしてみてください。

漏電を予防する方法

漏電を予防する方法

漏電の予防方法を以下にまとめました。

【アース線をつなぐ】

アース線とは、電化製品と大地をつなぐ線のことです。アース線を取り付けることによって、漏電が起きたときでも電気を地面に逃がし、感電を防ぐことが可能です。

【漏電遮断器を使う】

漏電遮断器とは、漏電が起こったときに電気を遮断する装置のことです。漏電遮断器によって、漏電による感電や火災のリスクをなくすことができます。

このほか、水がかかる場所で電気機器を使用しない・電気コードを折ったり曲げたりしない・濡れた手での電気機器の使用を避けるなどの予防策も有効です。漏電を起こさないためにも、試してみてください。

故障したブレーカーは早めの取り換え工事を

ブレーカーが故障している場合は、業者に依頼して早めに新しいものと交換しましょう。ちなみに、ブレーカーを交換するときにかかる費用は、2万円程度です。より正確な費用を知るためにも、一度業者に見積もりを取るとよいでしょう。

また、賃貸物件でブレーカーが故障した場合には、契約内容やブレーカーが故障した原因によって、貸主と借主のどちらが交換費用を払うのかが異なります。そのため、賃貸でブレーカーが故障したときは、管理会社や大家さんに連絡しましょう。

自分で直すのは危険!電気工事はプロに頼もう

漏電が起きた場合やブレーカーが故障している場合、「自分で直したい」と思う方もいらっしゃるかもしれません。しかし、修理や交換は電気工事業者に依頼してください。

漏電修理やブレーカー交換は、電気工事士の資格が必要になることがあるのです。自分でおこなうとうまく交換できないおそれがありますし、感電のリスクもあります。

安全かつ確実に修理・交換をおこなうためにも、電気工事のプロである業者に依頼しましょう。

弊社では、電気工事業者をご紹介します。弊社加盟店では、見積もりは無料でおこなっています。また、正確な見積もり後からの追加料金はかかりません。

「漏電したかも」「ブレーカーが故障しているかも」という場合は、弊社までご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a