電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> BSアンテナの室内設置は設置条件が重要!詳しい手順も解説します

2019.11.27更新

BSアンテナの室内設置は設置条件が重要!詳しい手順も解説します

BSアンテナの室内設置は設置条件が重要!詳しい手順も解説します

BSアンテナを室内に設置する場合は、事前に設置可能な場所であるかどうかを必ず確認するようにしましょう。なぜならBS放送は決められた条件が揃っていないと受信することができないからです。

そこで本コラムでは、BSアンテナを室内に設置する条件や設置の手順などをご紹介していきます。一戸建ての住宅にお住まいの方は、ベランダ以外にも最適な設置場所があるので、合わせて確認しておくと便利でしょう。もしBS放送が見られるか不安な方は、業者に相談してみるのも一つの手です。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BSアンテナの室内設置に必要な条件

ここでは、BSアンテナを室内に設置するとき必要となる条件についてみていきます。室内にBSアンテナを設置したいとお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

1.しっかり電波が届く場所であること

1.しっかり電波が届く場所であること

BSアンテナは、しっかり電波が届く場所に設置する必要があります。室内に設置する場合は、通信衛星から電波が届きやすい窓辺に置くとよいでしょう。窓辺に設置することで、生活に支障をきたすことなく、快適に電波を受信することができます。

2.南西方向に障害物がないこと

BS放送の通信衛星は南西の方向にあります。そのため、南西の方角に大きな木などの障害物があると、電波を遮っていることもあります。また、室内の観葉植物や、外に植えている庭木や柵なども電波を遮断してしまうことがあるため気をつけなければなりません。

3.カーテンや窓ガラスが薄手であること

二重ガラスの窓や、分厚い遮光カーテンなどを使用している家庭では、BSアンテナの電波が遮断されてうまく届かないことがあります。カーテンの素材や窓の厚さによって、電波の入りやすさが変わってくるので、きちんと確認しておくとよいでしょう。

あくまでBSアンテナは屋外に設置するもの

基本的にBSアンテナは屋外に設置するものなので、室内に設置するとどうしても電波の受信状況が悪くなる場合があります。室内にアンテナを設置する際は、近くに電波を遮る障害物がないか、正しい方角に向けて設置しているかなどを確認しましょう。

室内・室外共にアンテナを設置できないときは、ケーブルテレビに加入することで、BSやCSを視聴することができるので、検討してみるとよいでしょう。

BSのアンテナを設置するときには、設置場所の選定や確度の調整などが必要になるため、自分ではうまく設置できないこともあります。自分の家にBSのアンテナが設置できるか確認したいときや、設置したのにうまくBSが映らないときはお気軽にご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BSアンテナを室内に設置してみよう

これまでBSアンテナの設置に必要な条件を見てきました。ここからは、実際にBSアンテナを室内に設置する手順についてご紹介していきます。

用意するもの

用意するもの

BSアンテナを室内に設置する際に必要な道具は以下のとおりです。ひと通り確認して、手元に準備しておきましょう。

  • 室内用のBSアンテナ
  • 土台となるポールやつっかえ棒
  • BSチューナー
  • 六角レンチやプラスドライバーなどの工具類
  • 電波状況を確認するためのスマートフォン

室内用のBSアンテナは家電量販店などで、数千円で購入することができます。またポールやつっかえ棒は、アンテナを固定するために使用します。さらに、電波が入りやすい場所を探すために、スマートフォンのアプリを使用すると便利でしょう。

設置の手順

BSアンテナを設置する手順は以下のとおりになります。正しいやり方で、室内にBSアンテナを置きましょう。

  1. 設置場所を決めたら、そこに土台となるポールやつっかえ棒を立てる。
  2. アンテナを組み立てる。ここでアンテナの上下角を合わせておくと後で調整するときに楽です。
  3. 付属の取り付け金具を土台に取り付ける。
  4. アンテナを金具に取り付け、通信衛星のある南西の方向にアンテナの角度を調節する。
  5. テレビの「アンテナ入力」が表記されている端子やチューナーをケーブルでつなぐ。
  6. アンテナレベルを確認しながら、BSアンテナの角度を微調整する。
  7. 電波状況を良好に保つことができればアンテナを固定して完了です。

室内設置には専用スタンドがおすすめ!

BSアンテナを室内に設置する場合は、専用スタンドを使うと便利です。もし自宅に、ポールやつっかえ棒しかないときは、専用のスタンドを購入するとよいでしょう。BSアンテナの専用スタンドは、通販などで数千円で購入することができます。

しかし、BSアンテナを室内に設置しても、電波状況が悪かったりして、BS放送が映らないかもしれません。そのため、もし不安であれば、アンテナ工事の専門業者に設置の相談をしてみるとよいでしょう。

業者に依頼することで、金具がうまく取り付けられないことや、うまく電波をキャッチできないなどのトラブルを解決してくれるでしょう。弊社は全国に優良な業者を携えているので、トラブルが起きた際は現地に優秀なスタッフを手配いたします。BSアンテナの取り付けにお悩みの方は、まずは一度弊社にお電話をしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

戸建ての場合ベランダ以外の選択肢もある

BSアンテナを室内に設置する場合、一戸建てにお住まいの方はベランダ以外の場所に置くことが可能です。ここでは、BSアンテナを室内以外に設置する場所やメリット・デメリットをご紹介していきます。

1.外壁

1.外壁

BSアンテナは外壁に取り付けられることも多いです。外壁に取り付けるメリットは、工事費用が格安であることや、取り付け工事が簡単に完了することが挙げられるでしょう。一方デメリットは、外壁に取り付けることで家の外観があまりよくなくなってしまうことがあります。

2.屋根の上

屋根の上は衛星からの電波を一番受信しやすい場所ですが、アンテナを設置することで家の外観が崩れてしまうことがあります。また、台風や鳥などの影響を受けやすくなってしまいます。

屋根の上にアンテナを設置する場合は、高所での作業になるため、素人の方がおこなうのは非常に危険がともないます。

アンテナの設置工事を依頼する場合は、どこに相談すればよいのかお悩みになる方もいるでしょう。ここでは、おもなアンテナ設置工事の依頼先について取り上げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・家電量販店に依頼する
家電量販店にアンテナ工事を依頼した場合、BSアンテナを購入したついでに工事の依頼ができることや、ポイントを使うことができたりして安心感があります。一方で、設置工事の保証がつかないことや、担当するスタッフによって技術力に差があったりするため、事前にきちんと確認しておくことが重要です。

・リフォーム会社に依頼する
大規模なリフォームをおこなう場合は、一緒にアンテナの設置工事も依頼するとよいです。アンテナを外壁や屋根の上に設置する場合は、目立たなくするなど、ご要望に合わせた工事をおこなってくれるでしょう。一方で、専門知識に乏しい担当者の方や、工事の保証がつかない会社もあるので、事前にきちんと信頼できる会社であるか確認しておくようにしましょう。

・電気工事会社に依頼する
電気工事会社は、専門会社であるため、アンテナ設置に関して知識や経験が豊富です。また、「地デジアンテナ+BS/CSアンテナの設置」や「4K/8K対応アンテナの設置」など、様々なプランから自分に合った工事方法を選ぶことができます。そのため、アンテナ設置をどこに依頼しようかお考えの方は、ぜひアンテナ工事の専門会社に依頼すると安心できるでしょう。

このように、アンテナの設置工事の依頼先は様々ありますが、もし電気工事業者をお探しの場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社は、全国に様々な業者を携えており、ご要望に合った電気工事業者をご紹介いたします。24時間365日いつでも電話対応をおこなっておりますので、まずは気軽にお電話をしてみてください。

設置工事の依頼先は様々

アンテナの設置工事を依頼する場合は、どこに相談すればよいのかお悩みになる方もいるでしょう。ここでは、おもなアンテナ設置工事の依頼先について取り上げてみましたので、ぜひ参考にしてみてください。

・家電量販店に依頼する
家電量販店にアンテナ工事を依頼した場合、BSアンテナを購入したついでに工事の依頼ができることや、ポイントを使うことができたりして安心感があります。一方で、設置工事の保証がつかないことや、担当するスタッフによって技術力に差があったりするため、事前にきちんと確認しておくことが重要です。

・リフォーム会社に依頼する
大規模なリフォームをおこなう場合は、一緒にアンテナの設置工事も依頼するとよいです。アンテナを外壁や屋根の上に設置する場合は、目立たなくするなど、ご要望に合わせた工事をおこなってくれるでしょう。一方で、専門知識に乏しい担当者の方や、工事の保証がつかない会社もあるので、事前にきちんと信頼できる会社であるか確認しておくようにしましょう。

・電気工事会社に依頼する
電気工事会社は、専門会社であるため、アンテナ設置に関して知識や経験が豊富です。また、「地デジアンテナ+BS/CSアンテナの設置」や「4K/8K対応アンテナの設置」など、様々なプランから自分に合った工事方法を選ぶことができます。そのため、アンテナ設置をどこに依頼しようかお考えの方は、ぜひアンテナ工事の専門会社に依頼すると安心できるでしょう。

このように、アンテナの設置工事の依頼先は様々ありますが、もし電気工事業者をお探しの場合は、ぜひ弊社にご相談ください。弊社は、全国に様々な業者を携えており、ご要望に合った電気工事業者をご紹介いたします。24時間365日いつでも電話対応をおこなっておりますので、まずは気軽にお電話をしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【アンテナに関する記事はこちら】

アンテナの利得ってなに?じつは重要なアンテナを選ぶ基準について!
BSアンテナにも寿命がある!映りが悪いと感じたら交換を考えよう
アンテナブースターの役割や選び方を知ろう!テレビをもっと快適に!
アンテナブースターの効果でテレビ映りが激変する!選び方・設置方法
アンテナの分配器とは?分波器、分岐器との違いと分配後のトラブル!
テレビの同軸ケーブルは無線化できる?テレビを無線接続にする方法!
テレビアンテナの修理方法は?故障の原因から業者の修理費用まで解説
BSアンテナの向き調整方法|スマホアプリ使用で設置もラクになる!
デザインアンテナのデメリットとは?アンテナ選びで迷った時の選び方
テレビアンテナの設置工事|UHFアンテナ(地デジ)以外の種類も
地デジアンテナを設置したい人必見!種類・価格・取り付け方法を紹介
パラボラアンテナ|BS/CSだけじゃない!特徴や設置費用について
UHFアンテナの種類と選び方|VHFアンテナとの受信電波の違い
VHFとUHF|VHFアンテナではテレビは見れない!?特徴・利点
TVアンテナの設置|UHF・BS/CS・4K/8Kの違いについて
テレビアンテナの種類にはどんな違いがあるの?設置できる場所や費用
テレビアンテナ設置工事は種類を決めて業者に依頼!費用相場もご紹介
BSアンテナを屋根裏に設置したらテレビは映る?適した場所の選び方
テレビアンテナ工事の設置方法と費用相場を徹底解説!【地デジ・BS】
BS/CSアンテナの設置マニュアル|手順・費用・工事の方法・調整
アンテナ設置工事の費用|地デジ・BS/CSから4Kテレビ対応まで
BSアンテナの取り付けは地デジより簡単…設置場所・方向・手順紹介
BS/CSアンテナの設置条件と手順|4K放送受信に必要なものも!
テレビにe202が表示されたらアンテナが原因かも!対処法をご紹介
アンテナレベルを確認!地デジテレビが見れない原因と対処法について
強電界地域なのにテレビ映りが悪い!地デジアンテナの種類と選び方!
アンテナの台風対策を考えよう!アンテナが強風に負けたときの対処法も
室内アンテナって実際どうなの?購入前に知りたいメリットデメリット
地デジを室内アンテナで快適に!利点・注意点から屋外アンテナと比較
室内アンテナ大解剖!テレビで地デジ放送をスタイリッシュに視聴する
4K放送を受信するには、テレビの買い替えやアンテナ工事が必要?
地上デジタル放送視聴にはUHFアンテナが必須!住宅別の視聴方法
BSを見るには対応テレビとアンテナが必要!一軒家でのBS視聴解説
地デジ映らない原因と対策|テレビアンテナ受信レベルを確かめる方法
BSが映らない原因トップ3!自力でできる対処法をわかりやすく解説
テレビが映らない原因はアンテナ?症状別に対処法を解説します
テレビでBSが見れないときの対処法|原因を確認して正しい対処法を

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼