電気工事110番 トップページ > エアコン工事費のムダはこう抑える!取り付け・配管・追加料金の相場

2019.11.27更新

エアコン工事費のムダはこう抑える!取り付け・配管・追加料金の相場

エアコンの設置を検討していても、エアコンの工事費がいくらくらいになるのかわからない状態では、業者に依頼するのも躊躇(ちゅうちょ)してしまうかもしれません。エアコンを設置するときの費用は、標準取り付け料金のほかに追加料金が発生することがあります。そのため、業者の選び方で費用に差が出ることがあるのです。

そこでこの記事では、エアコンの設置にかかる費用についてご紹介します。業者に依頼したときの費用相場や、どのようなことに追加料金がかかるかを理解しておくことで、業者への依頼がしやすくなるでしょう。よい業者を選ぶためのポイントについてもまとめてありますので、ぜひ参考にしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコン工事費|標準的な取り付け料金

エアコン工事費は、標準取り付け工事でかかる費用と、追加作業でかかる費用の合計で決まります。ここでは標準取り付け工事でかかる費用相場についてご紹介します。

標準的な費用相場とは

標準的な費用相場とは

標準取り付け工事でかかる費用とは、配管工事やコンセントの増設などの作業が必要なく、新しいエアコンを設置するのみの場合の費用です。エアコンの標準設置費用は10,000円~15,000円が相場となり、エアコンの能力(容量)が大きいほど設置費用は高くなるようです。

もともと設置されていたエアコンの撤去作業や処分などは、標準設置費用には含まれていないことが多いです。また、室外機を置く場所によっては、追加料金が発生することがあります。

エアコン室内機と同じ階で、なおかつ地面やベランダなどに置ける状態であれば、室外機の設置が標準設置費用に含まれている場合が多いです。しかし、室外機を別の階や壁面に取り付ける必要があれば、別途費用が必要になります。

このようにエアコン工事費が標準設置費用内でおさまると思っていても、状況によっては追加で費用がかかってしまうこともあります。次の章では追加で費用がかかるケースについてご紹介しますが、すぐに正確な金額が知りたいのであれば、業者に見積りを依頼してみてはいかがでしょうか。弊社であれば無料で見積りをお出しできますので、お気軽にお問合せください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

配管・穴あけ・室外機取り付け……エアコン追加設置の料金

今まで設置されていなかった場所に新しくエアコンを設置する場合は、先ほど紹介した標準設置費用より高くなることがあります。標準の設置よりも作業工程が増えることが理由です。追加でかかる費用についてみていきましょう。

エアコンを設置するときにかかる追加費用とは

エアコンを設置するときにかかる追加費用とは

今までエアコンを設置していなかった場所に新しく設置するときには、コンセントの増設や電圧の変更が必要になったり、設置する場所の壁に穴を開けたりと追加で費用がかかります。

コンセントの増設や電圧の変更などの電気工事の場合、例えば100Vから200Vへの電圧変更であれば、費用相場は4,000~6,000円ほどとなります。壁に穴を開ける場合、壁の材質が木造やモルタル壁であれば1か所3,000~5,000円ほどが相場となります。壁の材質や必要な穴の数によって作業内容や金額が異なる場合が多いです。

古いエアコンを撤去する場合の費用

家電リサイクル法により、エアコンは粗大ごみとして出すこができません。エアコンを買い替えるときには、リサイクル料を払って家電量販店や小売店などに引き取ってもらわなければならないのです。エアコンのリサイクル料は1,000円ほどですが、メーカーや機種により異なります。

そのほかエアコンの取り外し費用相場として、4,000円~6,000円ほどがかかります。取り外しについても、エアコンの能力が大きいほど費用が高くなることがあります。

室外機の設置場所によっては追加料金がかかることも

作業内容が標準取り付け工事に含まれる範囲内だとしても、室外機を設置する場所の状況によって費用が異なることがあります。標準取り付け工事に含まれる室外機を置く場所はエアコン室内機と同じ階で、なおかつ地面やベランダなどに置ける状態の場合に限られることが多いです。

室外機を地面に置くことができない場合は、天吊工事として14,000円ほどの費用がかかります。屋根に設置するときも設置工事として13,000~14,000円ほど追加費用がかかります。それぞれの費用は相場となりますので、詳しい金額は業者に確認するとよいでしょう。

まとめることで安くなるかも

ひとつひとつに追加費用がかかるため、合計すると高く感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかしすべての作業をまとめて依頼することにより、セット料金のようなかたちで安くなる業者もあるようです。

エアコンを設置する場所や家のつくりによって必要な作業や費用が異なります。実際に作業を依頼する前に、ご自身の場合はどのような作業が必要なのかを業者と相談してみるとよいでしょう。弊社であればご依頼前のご相談も受け付けております。ぜひお気軽にお電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコン工事費用を相場より抑えたいなら

エアコンの工事を業者に依頼するのであれば、信頼できる業者を選びたいですよね。エアコンの工事費もなるべくおさえたいものです。ここでは、よい業者の選び方や、業者に依頼したときのながれについてご紹介します。

よい業者の選び方とは

よい業者の選び方とは

標準設置費用でおさまると思っていても、エアコンの設置には追加で費用がかかることがあります。そのため、作業を依頼する前にはいつくかの業者から見積りを取るようにしましょう。業者によっては標準設置費用の料金や、追加でかかる費用が異なります。そのため、必要な作業内容や費用の内訳を確認し、比較しながら検討することが大切です。

また、見積り金額以外に費用がかかることがないかなども確認しておくとよいでしょう。設置する場所を実際にみたら、追加工事が必要となり見積りよりも費用がかかる、などとなるとトラブルにもなりかねません。現地調査をし、無料見積りを出してくれる業者に依頼するとよいでしょう。

費用だけでなく、担当者が誠実な対応をしてくれるかどうかも大切です。依頼したときの対応や実績なども確認することで、安心して依頼できる業者を選ぶことができるでしょう。

依頼したときのながれ

まずは、業者のホームページ上にあるお問合せフォームやフリーダイアルから依頼をします。その際、エアコンの品番や年式、設置する場所の状況についても伝えておくとスムーズです。

作業当日は業者がすぐに作業に入りやすいよう、周りにある家具など邪魔になりそうなものはどかしておきましょう。エアコンの設置作業自体は業者に任せておけば問題ありません。作業が終了したら、エアコンが問題なく作動するか確認をして作業が終了となります。

専門知識や実績がある業者に依頼すれば、しっかりとエアコンの設置をしてくれるでしょう。しかし、設置にかかる費用は、設置する場所の状況や業者によって異なります。そのため、依頼する前にはしっかりと見積りをとり、比較・検討して業者を選ぶとよいでしょう。

弊社であれば無料見積りはもちろん、現地調査も可能な業者をご紹介いたします。いつでもご相談いただけるよう24時間お電話を受け付けております。ご希望の状況に合わせて業者を紹介いたしますので、まずは一度お電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a