電気工事110番 トップページ > パラボラアンテナ|BS/CSだけじゃない!特徴や設置費用について

2019.11.27更新

パラボラアンテナ|BS/CSだけじゃない!特徴や設置費用について

BSやCSといった衛星放送を見たいときは、業者に依頼してパラボラアンテナを設置しましょう。なぜなら、地デジに使われているアンテナでは衛星放送を見ることができないからです。

ただ、「パラボラアンテナとは何かよくわかっていない」「設置するにはどうしたらいいの?」という疑問を持つ方も多いでしょう。

そこで、本コラムでは、パラボラアンテナの特徴・設置方法について解説します。衛星放送を視聴したい方は、ぜひ参考にしてみてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

パラボラアンテナとは

パラボラアンテナとは、丸いお皿の形をしている白いアンテナのことで、上空にある人工衛生からの電波を受け取る役割をしています。まずは、そんなパラボラアンテナの概要についてご説明します。

パラボラアンテナは丸いお皿の形

パラボラアンテナは丸いお皿の形

パラボラアンテナは、丸いお皿の形をしているのが特徴です。丸いお皿の形をしている理由は、電波を一点に集めやすくするためです。

人工衛星からは平行な電波が送られてきますが、パラボラアンテナが丸いお皿の形になっていることで、電波が反射したときに一点に集まりやすくなります。その結果、アンテナが電波を受信しやすくなるのです。

パラボラアンテナが白い理由

パラボラアンテナは、ほとんどのものが白色をしています。その理由は、太陽によって熱が吸収されるのを避けるためです。

黒い物体は、光を吸収しやすく温まりやすいという特徴があります。つまり、パラボラアンテナが黒いと、光を吸収して温まってしまいます。その結果、アンテナがゆがんで電波をうまく受信できなくなってしまうのです。そのため、パラボラアンテナは太陽からの光を吸収しにくい白色を採用しているのです。

パラボラアンテナの設置でできること

パラボラアンテナを設置すれば、以下のことが可能となります。

【BSやCSの視聴が可能】
パラボラアンテナを設置すれば、BSやCSといった衛星放送を視聴することが可能です。BSやCSは地上波では放送していないような、専門性の高い番組や海外のスポーツ中継も視聴することができます。

BSやCSの視聴には、チャンネルによっては月額料金を払わなければならないこともありますが、「たくさんの種類の番組を観たい」「BSやCSに観たい番組がある」という方は、設置を検討してみてもよいでしょう。

【電波望遠鏡が使える】
星の中には、電波でしか観測できないものがあります。そのような星は、パラボラアンテナを利用して星からの電波を受信し、電波望遠鏡の鏡に電波を集めることで観測できるようになります。

【マイクロ波通信】
パラボラアンテナを設置すれば、マイクロ波通信をおこなうことも可能です。マイクロ波通信とは、電波の中で最も短い周波のことです。たとえば、携帯電話などに用いられています。

パラボラアンテナのメリットデメリット

BSやCSを視聴するには、パラボラアンテナ以外にもフレッツ光やケーブルテレビを利用するなどの方法があります。なかには、どの方法がよいのか迷っている方もいらっしゃるかもしれません。ここでは、パラボラアンテナのメリットやデメリットについてご紹介します。BSやCSの視聴を検討している方は、参考にしてみてください。

【メリット】
パラボラアンテナのメリットは、一度設置すれば、BSの無料チャンネルなら受信費をかけずに視聴できる点です。パラボラアンテナはCSの有料放送の契約が必要なケーブルテレビや、インターネットの契約必要なフレッツ光とは違い、何かに契約する必要がないのです。

そのため、維持費を安く抑えることができるでしょう。無料チャンネルのみ視聴したい方は、費用を抑えるためにもパラボラアンテナを設置するとよいかもしれません。

【デメリット】
パラボラアンテナは、基本的に屋根に設置するため、天候によって映りが悪くなったり映らなかったりすることがあります。また、台風や強風によって、アンテナが破損してしまうこともあるかもしれません。

さらに、パラボラアンテナは、基本的に屋根やベランダなどの屋外に設置するため、外観に影響を及ぼします。外観へのこだわりがあり、「パラボラアンテナを設置すると外観が気になる」という方は別の方法を検討したほうがよいかもしれません。

ここまでパラボラアンテナについてご説明してきました。ここまで記事を読んだ方の中には、「パラボラアンテナを設置したい」と思った方もいらっしゃるのではないでしょうか。そういった方は、電気工事の業者に依頼して設置してもらうとよいでしょう。

弊社では、電気工事をおこなう業者をご紹介します。パラボラアンテナの設置にも対応しているので、ぜひお問い合わせください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

パラボラアンテナの設置場所

パラボラアンテナは、「南南西」の方角に向けて設置してください。一般的には、屋根の上・家の外壁・ベランダなどに取りつけることが多いようです。

ただ、南南西に向ければどこに設置してもよいわけではありません。以下から、パラボラアンテナの設置に向かない場所をご紹介します。ほかにも、パラボラアンテナを設置する角度や、設置にかかる費用相場についてご説明します。パラボラアンテナの設置を考えている方は、ぜひ参考にしてみてください。

パラボラアンテナの設置に向かない場所

パラボラアンテナの設置に向かない場所

パラボラアンテナは、受信方向に庭木や建物などの障害物がある場所は設置には向きません。なぜなら、障害物があると、電波をうまく受信することができないおそれがあるからです。

受信方向に障害物がある場所には設置しないようにしましょう。ただ、「家が建物に囲まれていて設置できそうな場所がない」という場合は、アンテナの高さを上げることで受信が可能になることもあります。

アンテナの高さを上げるためには、高所での作業となり危険なため、作業に慣れている業者に依頼するとよいでしょう。

パラボラアンテナの角度は地域ごとにちがう

パラボラアンテナを設置するとき、うまく受信ができるように縦方向と横方向の角度を調整する必要があります。

縦方向の角度は「仰角」と呼ばれ、アンテナの取り付け部分に書かれている印のところに合わせて調整します。仰角は、地域によって異なります。たとえば、東京は38度、大阪は41.5度です。仰角は、パラボラアンテナの取扱説明書に記載されているため、お住まいの地域を確認してみてください。

横方向の角度は、先ほどもご説明したように、南南西に調整します。近隣の建物のパラボラアンテナを確認すればおおまかな方向を把握できるでしょう。おおまかな方向を確認したら、テレビ画面に映る受信レベル(受信感度)を確認しながら微調整をおこないます。

ここまで、パラボラアンテナの設置場所や調整についてご説明してきました。ここまで記事を読んだ方の中には「パラボラアンテナを自分で設置したい」と思った方もいらっしゃるかもしれません。

ただ、自分での設置はやめておいたほうが無難です。なぜなら、アンテナの設置は高所での作業となることが多く、落下して怪我をするリスクがあるからです。さらに、設置やアンテナの向きの調整方法を間違えるとテレビの映りが悪くなるため、素人は業者に任せたほうがよいでしょう。

ただ、業者に依頼するとなると心配なのが、費用ですよね。そこで、以下からはパラボラアンテナの設置を業者に依頼したときにかかる費用についてご紹介します。

パラボラアンテナ設置にかかる費用相場

パラボラアンテナの設置を業者に依頼した場合の費用は、10,000円~35,000円程度が相場です。これには、アンテナ本体代・作業費・出張費・電波調査費などが含まれるようです。正確な費用を知るためにも、一度業者から現地調査や見積りを依頼するとよいでしょう。

弊社加盟店では、見積りは無料でおこなっております。また、見積り後からの追加料金はかかりません。まずは費用だけ知りたいという方でも、お気軽にご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a