電気工事110番 トップページ > お手軽ウィンドウエアコン!導入前の注意点と選び方を解説!

2019.11.28更新

お手軽ウィンドウエアコン!導入前の注意点と選び方を解説!

エアコンの導入を考えているならウィンドウエアコンがおすすめです。ウィンドウエアコンは価格が安く、取り付けが簡単という特徴があります。大掛かりな工事も必要ないので、誰でもすぐに導入することができるでしょう。

しかし、ウィンドウエアコンとはどのようなものか、その特徴やくわしい機能を知らずに導入を決めるのは得策ではありません。

本記事を参考にウィンドウエアコンについての理解を深め、自分の生活にあったものを取り入れましょう。

ウィンドウエアコンは安価で取り付けも簡単!

ウィンドウエアコンという名称を聞いたことはあっても、どのようなものか具体的には知らないという方がいるかもしれません。ここではウィンドウエアコンの特徴を解説しますので、導入の際の参考にしてください。

ウィンドウエアコンとは?

ウィンドウエアコンは安価で取り付けも簡単!

ウィンドウエアコンとは、室内機と室外機がいっしょになっている、窓に取り付けるタイプのエアコンのことをあらわすものです。古いものは冷房専用のものが多く、ルームクーラーと呼ばれていました。現在でも、冷房機能しかないものは多く存在します。

現在では、室内機と室外機が分かれた壁掛け式のエアコンが主流になっていますが、壁掛け式のエアコンの設置には大掛かりな工事が必要です。そのため、工事不要のウィンドウエアコンは、今でも手間やコストを減らしたい方に人気なのです。

ウィンドウエアコンのメリット

ウィンドウエアコンのメリットはおもに4つです。それぞれくわしく解説しますので、参考にしてください。

・工事が不要

今ある窓に取り付けるだけなので簡単に設置することができます。難しい配線などもないので、大掛かりな工事をする必要がありません。

・室外機を置くスペースが不要

壁掛け式の場合は室外機が別に存在するので、屋外に室外機を置けるだけのスペースを確保しなくてはなりません。対してウィンドウエアコンには室外機がないので、急に設置を決めても設置できる窓さえあればよく、景観を崩す心配もないでしょう。

・壁に穴を開ける必要がない

ウィンドウエアコンの場合、不要な水の排出は窓から直接おこなうことができます。壁に穴を開ける必要がないので、構造に傷がつくなどのリスクもありません。

・価格が安い

ウィンドウエアコンは機能がシンプルなため、エアコン自体の価格が比較的安くなっています。あまりお金をかけたくない、という方にはおすすめでしょう。

ウィンドウエアコンのデメリット

デメリットも、メリット同様おもに4つあります。それぞれくわしく解説していきましょう。

・冷房以外の機能がついていないものが多い

前述の通り、ウィンドウエアコンはもともと冷房機器として使われていたものなので、暖房や除湿の機能がついたものはあまりありません。寒さや湿気の対策をするためには別の機器を購入しなければならないのです。

・電気代が高い

ウィンドウエアコンには消費電力を抑制する機能がついてないものが多いです。そのため、電気代が高くなってしまうことが多いのです。

・作動中の音が大きい

壁掛け式であれば室外機で音がしているだけの場合でも、一体型のウィンドウエアコンでは作動している間すべての音が室内に響いてしまいます。大きな音が出ることもあるので、そういったことが苦手な方は使用を控えたほうがよいかもしれません。

・光をさえぎる

窓に取り付けるタイプなので、そのぶん室内に入る光は遮断されます。比較的部屋が暗くなる可能性があるので覚えておきましょう。

ウィンドウエアコンも壁掛けエアコンもそれぞれにメリット・デメリットがあり、家の構造や生活スタイルで適したものが異なります。どちらがよいか迷ってしまう、もしくはどちらが適しているのか自分では分からないという方は、弊社にご相談ください。エアコンの設置を含む電気工事をおこなうプロの業者をご紹介します。

お電話にてご要望をお聞きして、プロの技術で適切な対処をいたします。24時間対応ですので、ぜひご利用ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ウィンドウエアコンを導入するときの2つの注意点

ウィンドウエアコンは手軽に導入することができるエアコンですが、注意点が2つあります。場合によっては現状のままではエアコンの設置ができないケースも考えられますので、事前の調査は忘れずにおこないましょう。

1.事前に窓枠の大きさを測っておこう

ウィンドウエアコンを導入するときの2つの注意点

エアコンのサイズは、変えることができません。あらかじめ窓枠の大きさを測っておいて、その大きさに合うエアコンを選択しましょう。

また、窓枠の素材や立ち上がりの違いによって、取り付け可能な窓の高さが異なります。わずかな違いでも取り付けができなくなるおそれがあるので、細かい数字まで確認しておきましょう。

基本的に窓のどちら側に取り付けても問題ないように作られているものが多いですが、窓やエアコンの構造によってはエアコンを取り付けた側の戸締りができなくなることもあります。防犯上あまりよくないので、窓用の補助錠などがついたものを選ぶと安心でしょう。

2.窓枠の取り付け枠の加工が必要な場合もある

窓の高さによっては、直接取り付けができない場合もあります。そのときはエアコンとは別売りの取り付け枠を購入・または枠などを加工する必要があるので、それが必要かどうかの確認も忘れずにおこないましょう。

自分で調査をおこなうことが面倒、不安と感じる方や、自分の調査結果では導入が可能かどうか分からないという場合は、業者に相談してみましょう。

弊社がご紹介する業者は、工事をおこなう前には現地調査をおこないます。ご希望のエアコンが取り付け可能かどうかしっかりと見極めて対処することはもちろん、取り付けできない場合は代わりのものについて相談することもできるでしょう。

取り付けができるかできないかも含めて、調べてみなくてははじまりません。まずは一度無料相談窓口までお電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

ウィンドウエアコンの選び方

ご紹介したポイントを確認していただき、導入できることが分かったら、最後は3つの観点から考えるウィンドウエアコンの選び方について解説します。

1.機能で選ぶ

ウィンドウエアコンの選び方

ウィンドウエアコンには冷房機器としての機能しかないものが多いものですが、それだけではありません。冷暖房兼用のものや除湿機能がついたもの、脱臭・換気機能がついたもの、人感センサーのついたものなどさまざまな種類のウィンドウエアコンがあります。

設置場所や生活に合わせて、どのような機能が必要か考えて選択するのもよいでしょう。

2.静穏性で選ぶ

ウィンドウエアコンは、設置が簡単で、比較的コンパクトな大きさです。その代わり、広い部屋で効果を発揮するには性能が低いという特徴があります。

また作動中の音が大きいものが多く、適当な選択では騒音に悩まされてしまうかもしれません。そのため、狭い部屋で使うことも多いウィンドウエアコンを選ぶ際には、できるだけ作動中の音が静かなものがよいでしょう。

3.価格で選ぶ

予算を決めて、価格で選ぶという方法もあります。ウィンドウエアコンは、30,000円程度のものから100,000円を超えるものまでさまざまな種類のなかから選択が可能です。

この価格は機能や効果のある部屋の広さの違いなどで変わるので、価格と性能のバランスを考えて選びましょう。

4.どれを選んでも取り付けは簡単

機能や価格はさまざまで、自分の生活に合わせて自由に種類を選ぶことができますが、取り付け方はほとんどどれも同じです。手順だけを考えたら難しいものではないでしょう。

しかし、エアコンの重さは1つ20~30kgのものが多く、取り付け作業はかなりの重労働になります。女性や高齢の方など、力の弱い方はもちろん、男性でもひとりでおこなうのは大変でしょう。

ご希望のエアコンを安全に取り付けるなら、業者の力を借りましょう。エアコンの取り付けをおこなう業者は数多く存在しますが、せっかく安価なエアコンを選択したのであれば、工事費用もおさえたいところです。

そこで、弊社のサービスをおすすめします。弊社の加盟店の多くは、現地調査と見積りを無料でおこないます。ご相談は24時間365日対応可能となっているので、お気軽にお電話ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a