電気工事110番 トップページ > エアコン専用電源の必要性!コンセントの増設・設置工事の費用も紹介

2019.11.28更新

エアコン専用電源の必要性!コンセントの増設・設置工事の費用も紹介

エアコンは、壁の下のほうにある一般的なコンセントではなく、エアコン専用電源で使用することをオススメします。コンセントはタイプによって対応可能な電力が決まっているのですが、エアコンは消費電力がとても大きいため、一般的なコンセントで使っていると、ブレーカーが落ちたり、火災に発展したりするおそれがあるからです。

この記事では、エアコン専用電源の必要性や確認方法、専用電源が設置されていなかった場合の対処法などをご紹介します。これからエアコンを取り付けるという方は、快適かつ安全にエアコンを使用するためにも、ぜひご一読ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコン専用電源の必要性と確認方法

エアコンは専用電源を設けて使用することを強くオススメします。専用電源を使うことで回避できる危険があるからです。ここでは、エアコン専用電源とは何かという基本的なことから、必要性と専用電源の確認方法などをご紹介します。

エアコン専用電源とは

エアコン専用電源とは

エアコンを使うことを目的に、ブレーカーから回路をつなげて設けたコンセントのことを、『エアコン専用電源』といいます。エアコンのためだけにブレーカーから電力を流すことができるコンセント、と考えればイメージしやすいでしょう。

『標準回路』といわれる一般的なコンセントは、表側から見ただけでは独立したものに見えますが、裏側では複数のコンセントが回路によって連結しています。電力も連結しているコンセント同士で分け合って使っているのです。

役割と必要性

エアコンは消費電力がとても大きい電化製品です。そのため、ほかの電化製品にも電力を分け与えている標準回路で使用すると、標準回路で対応可能な電力の上限を超えてしまうおそれがあります。対応可能電力の上限を超過すると、ブレーカーが頻繁に落ちたり、コンセントから発火したりといった事故に発展するおそれがあるため、大変危険なのです。

そのため、エアコンのような消費電力が大きい電化製品を使う場合は、専用電源を設けることによって安全性を確保します。専用電源を設置することで、ブレーカーからの電力をほかの電化製品と分け合うようなことにはならないため、発火などを防げるのです。

エアコン専用電源は『位置』と『形状』で見極める

エアコン専用電源は、一般的なコンセントとは違って、『天井付近』に設置されています。また、2本の縦線が並んでいるような挿入口の一般的なコンセントとは違って、専用電源の挿入口は以下のような形状をしています。

  • Lを逆向きにした線と縦線
  • 郵便マークを横に倒したようなもの
  • 穴がみっつあるタイプ

上記の形状以外にも、専用電源と考えられるものはあります。そのため、天井付近を探してみて、『一般的な縦線2本のコンセントとは異なるコンセント』を見つけたときは、専用電源の可能性が高いでしょう。挿入口の形状にあったプラグのエアコンを購入して、正しく取り付けることができれば、安全に使うことが可能です。

もしエアコンの取り付けで困ってしまうことがあれば、無理に自分で作業を続けようとはしないで、エアコンの取り付けを請け負っている業者にご相談ください。

いくらエアコン専用電源が設置されていたとしても、エアコンの取り付け作業に失敗してしまえば、使用の安全性は約束されません。そのため、安全性を確かなものとするために、取り付け作業も業者にやってもらうことをオススメします。

エアコンの取り付けには、『真空引き』という、真空ポンプを使ってエアコン内部を真空にするといった作業が必要です。真空ポンプを所持していない場合はおこなうことができませんし、仮に所持していたとしても正確におこなうには知識と経験が欠かせません。ひとつひとつの作業の正確さ、のちの安全性のためにも、業者にやってもらいましょう。

また、取り付け作業のなかには脚立や椅子に乗らなければできないこともあり、不安な状態でおこなえば足を踏み外して転落するといった危険性もあります。業者に依頼して、安全かつ的確に、取り付けてもらうとよいでしょう。

とはいえ、これまでに業者に依頼したことがない場合は、どういった業者に依頼すればよいのかわからないかと思います。もし業者選びで困るようなことがあれば、ぜひ一度弊社にご相談ください。多数の業者が加盟している弊社であれば、エアコンの取り付けに関して、ご要望どおりの業者をご紹介することが可能です。お電話お待ちしております。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

専用の電源がない場合は必ず『増設工事』を依頼しよう

エアコンの専用電源がない場合は、火災などの事故を防ぐためにも、増設工事をおこないましょう。

増設工事は電気工事を請け負っている業者に依頼することになります。しかし、業者に依頼するとなると、費用もかかってしまうイメージがあるため抵抗のある方もいらっしゃることでしょう。

そこで、ここでは増設工事の基本的な部分から、工事にかかる費用や時間などをご紹介します。専用電源の増設を業者にやってもらって、安全にエアコンを使いましょう。

増設工事とは

増設工事とは

これまでなかった場所に、新しく専用電源を設けることを『増設工事』といいます。ブレーカーから、新しく電源を設置したい場所まで回路を伸ばすといった内容の工事です。配線工事は『電気工事士』の資格をもつ人にしかおこなえないため、業者に依頼することになります。業者が作業している間は、基本的に見ているだけで問題ないでしょう。

依頼するときは、電気工事を請け負っている業者に連絡をして、「エアコン専用電源をつくってほしい」と伝えるだけで大丈夫です。ただし、気になることがある場合は、「まあいいか」と流すのではなく、疑問が解消されるまで質問するようにしましょう。

賃貸のアパートやマンションで生活している場合は、業者へ依頼する前にオーナーや管理会社に「専用電源の増設をおこなってもよいか」といった確認を、必ずおこなってください。無断でやってしまうと、あとでトラブルになってしまうおそれがあるからです。

増設工事の費用

エアコン専用電源の増設工事にかかる費用の相場は『およそ10,000円から25,000円』です。上限と下限に開きがある理由は、専用電源を増設する場所によって、ブレーカーから伸ばす回路の長さが変わってくるためです。ブレーカーから増設したい場所までの距離が長くなればなるほど、費用は高くなっていくと考えてよいでしょう。

また、業者によって同じ施工内容でも費用は異なります。そのため、増設工事を依頼する前には、見積りをとるとよいでしょう。エアコンの使用までに多少時間を要しても問題ない場合は、複数の業者から見積りをとることをオススメします。見積り書にある施工内容と金額を比較することで、より納得のいく依頼ができるようになるからです。

業者選びで何か困ることがございましたら、ぜひ弊社にサポートさせてください。お電話いただければ、ご要望を満たすのに最適な業者を、弊社がご紹介いたします。無料で見積りや現地調査をおこなっている業者だけをピックアップして紹介することも可能です。ご相談は1日中、年間を通して休むことなく受け付けております。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

使っていて電源が入らなくなった場合の対処法

取り付けを万全におこなっていても、使用中に突然不具合が発生することがあります。エアコンだけでなく、あらゆる電化製品に当てはまることです。そのため、突然何が起きてもいいように、代表的なトラブルの内容とその対処法はできるだけ知っておきましょう。ここでは、『電源が入らない』というトラブルについて、対処法から原因までご紹介します。

電源が入らない場合の対処法

電源が入らない場合の対処法

まずはリモコンの電池を新しいものに交換して、再度電源ボタンを押してみましょう。それでも電源が入らないときは、エアコンの試運転をおこなってみます。

試運転のやり方は、室内機前面部のパネルを開けて、ペンなどの先の細い道具を使って『応急ボタン』を押すだけです。ただし、メーカーや機種によって方法が異なる場合もあるため、取り扱い説明書がある場合は、確認してからおこないましょう。

試運転が問題なく作動した場合は、エアコン本体に問題はないといえます。試運転を中止してから、電源プラグの抜き差しをおこなってみましょう。

直らない場合の対処法

リモコンの電池を新しいものに交換しても電源が入らなかったり、試運転すらおこなうことができなかったりしたときは、室内機もしくは室外機が故障しているおそれがあります。エアコンの修理を請け負っている業者に依頼して直してもらいましょう。

ただし、上記の対処法はあくまで基本的なことですので、業者の目で見れば故障していない場合も十分に考えられます。そのため、すぐに修理を依頼するのではなく、まずは現地調査を依頼してエアコンの状態を点検してもらうとよいでしょう。

エアコンの電源が入らない・直らないといったトラブルを含め、エアコンに関するトラブルが発生したときは、ぜひ弊社にご相談ください。電気工事だけでなく、エアコンの取り付けから修理まで請け負っている業者も、弊社には多数加盟しております。そのため、ご要望に合った業者をご紹介することが可能です。

ご相談は24時間、年中無休で承っております。「とりあえず調査だけでもやってもらいたい」「見積りだけとろうかな」といったご連絡にも喜んで対応させていただきます。ご都合のよろしいときに、ぜひお電話ください。お待ちしております。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a