電気工事110番 トップページ > エアコン移設の費用ってどれくらい?料金の相場や工事方法も紹介

2019.12.02更新

エアコン移設の費用ってどれくらい?料金の相場や工事方法も紹介

引越しなどでエアコンの移設を考えるうえで、一番気になるのは費用ではないでしょうか。どこにエアコンの移設を依頼するかによって費用は大きく異なるため、まずは見積りをとりましょう。業者によって費用だけでなく、サービスの質も変わってきます。そのため、自分にあった業者に依頼することによって納得いく施工ができるのです。

このコラムでは、エアコンの移設の費用の相場からエアコン移設の方法、業者の選び方についてご紹介します。これらを参考にして信頼できる業者をみつけましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコンを移設するときにかかる費用の相場

まずはエアコンを移設する際にかかる費用相場をから見ていきましょう。依頼先によって費用やサービスが異なりますので、ご自分の求めるサービスに近い業者を選ぶことが大切となります。

引越し業者の場合

引越し業者の場合

引越しの際に、引越し業者にオプションとしてエアコンの移設を依頼するときには、費用は14,000~20,000円ほどが相場としてかかります。引越し業者に依頼するメリットとしては、移設や輸送になれているため、全国どこへでもエアコンを故障のないように運んでもらえることです。

ただし、デメリットとしてエアコンの取り外し、取り付けは引越し業者が提携している業者となります。引越し業者から担当業者まで要望がうまく伝達されていなかったり、追加費用が発生したりする場合があるのです。

また、新たな設置先にエアコン用のコンセントがなかったり、配管の穴がなかったりすると、工事が必要となります。その際にも別途費用がかかったり、当日中に設置が難しい場合もあったりするため、事前に確認しておくとよいでしょう。

エアコン工事業者の場合

エアコン工事業者に依頼する場合には、10,000~15,000円ほどが相場となります。業者には、ホームページなどから依頼できるようになっていることが多いです。このような場合には、引越し業者など仲介に入る業者がいないため、費用は比較的安く済ませることができます。

エアコン工事業者に依頼するメリットとしては、エアコンの専門であることから、しっかりと取り外しから取り付けをしてもらえるということです。コンセントの設置や配管の穴を開けるというのも、安心して任せられます。

デメリットとしては、対象エリアが限られている場合があるということです。業者によっては近隣の移設のみというような場合や取り外し・取り付けは可能だが運送はおこなっていないという場合があります。業者選びの際には確認してください。エアコン工事業者をお探しでしたら、弊社にご相談ください。ご要望にあう業者をご紹介できます。

DIYの場合

自分でエアコンの取り外し・取り付けをおこなうことは可能です。しかし、専門の道具が必要であり、手順通りに作業をしないとエアコンが故障するリスクがあることを把握しておきましょう。DIYのメリットは、自分のタイミングで作業ができるということです。そして、自分でやることから依頼費用がかかりません。

ただし、エアコンの取り外しは、うまくいかないとエアコンや室外機が故障するおそれがあるため、注意が必要です。

とくに、エアコン内に冷媒ガスを閉じ込めるポンプダウン作業はとても大切です。冷媒ガスが漏れるとエアコンの機能が低下するだけでなく、オゾン層の破壊など環境破壊のおそれがあります。DIYに不慣れである場合には、業者に任せることをおすすめします。

また、取り付けの際にもエアコン用のコンセントを新設となると、電気工事士の資格が必要です。配管を通す穴を壁にあけるなど、工事が必要となる場合には業者に依頼しましょう。自分でやるのが難しいと感じたときや、電気工事が必要となった場合には、プロに任せると安心です。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコンを移設する方法

エアコンの移設には、取り外しと取り付けの2工程あります。どちらも作業するうえで知識やスキルが必要です。どのような作業となるのか確認していきましょう。

取り外し作業

取り外し作業

エアコンの取り外し作業です。ただ「取り外すだけ」というわけではありません。取り外しに必要な作業をしっかりしないと故障してしまうため、気を付ける必要があるのです。

〇必要な道具
・ドライバー
・モンキーレンチ
・六角レンチ
・ニッパー
必要であれば、脚立も用意してください。

1.ポンプダウン作業
室外機の側面についているカバーをプラスドライバーで外し、配管のつなぎ目のバルブキャプをモンキーレンチで外します。2つあるので両方とも外してください。次に、この状態のまま冷房を付けます。室外機のファンが回り始めてから数分後、まずは細い方のバルブを六角レンチでしっかり締めます。

数分経ったら、冷媒ガスが室外機にたまった状態になり、太いバルブを六角レンチでしっかり締めます。冷房を切り、プラグを抜いてください。そうしたら、バルブキャップを取り付けます。

2.配管・配線を外す
ポンプダウン作業が終わったら、室外機の配管と配線を取り外します。室外機と配管のつなぎ目のナットを外します。モンキーレンチで緩めて外してください。配管を両方とも外したら、3本ある配線も外します。

3.室外機と室内機を外す
室外機の台座を、モンチーレンチやドライバーを用いて外します。室内機が高い位置にある場合には脚立を使いましょう。室内機を取り外すときには、結露が漏れてしまうことがあるため、床はビニールシートなどを敷いておくと安心です。室内機は配線や配管、排水ドレーンを抜いてから取り外すことになります。

配線カバーをドライバーで外してから、配線を外します。配管や配線を引き抜くようにして取り外したら、室内機を上に持ち上げて据付板から外してください。据付板をドライバーで取り外し、パテやフタで穴を埋めたら完了です。

取り外しで一番大切なのは、ポンプダウン作業です。これをしっかりしないと、室外機が爆発してしまうこともありますので、正しい方法をとって作業をおこないましょう。また、作業中は、配線や配線を再利用することも考え、無理に引っ張ったり折ったりしないように気を付けてください。

また、エアコンによっては、取り外し方が異なる場合があります。作業に入る前にはまず取扱説明書をよく読んでおいてください。

取り付け作業

次は、移設先での取り付け作業です。取り付けもしっかりおこないましょう。

〇必要な道具
・ドライバー
・モンキーレンチ
・六角レンチ
・ニッパー・
・パイプベンダー
・インパクトドライバー
・真空ポンプ・
・ゲージマニホールド
・パイプカッター
必要であれば、脚立も用意してください。また、壁に穴を開ける場合には、コアドリルも用意しましょう。

1.据付板の取り付け
エアコンを固定するために据付板を取り付けます。水平に取り付けられるよう、位置を決めます。水平器やスマートフォンの水平器のアプリケーションを使用することをおすすめします。据付板設置のための穴をインパクトドライバーで開け、設置します。

2.配線・配管の取り付け
エアコンの配線を基盤に差し込んで固定します。配管は、壁の穴から通します。配線と配管を外に通したら、室内機の取り付けです。壁に穴が開いていないときには、コアドリルで開けましょう。配管と配線の周りをエアコン用のパテでふさぎ、雨風が入らないようにします。

3.室外機に配管をつなぐ
外にある室外機に配管をつなぎます。まずモンキーレンチで配管をつなぎます。配管を2つともしっかり締めてください。

4.真空引き作業
真空引きとは、接続した配管内の空気を抜くことです。この作業をおこなわなければ、エアコンは正常に動きません。ゲージマニホールドを配管のナット付近にあるサービスボードに取り付け、ゲージマニホールドの反対のホースを真空ポンプに取り付けます。

真空ポンプを稼働させると、20分ほどで配管内の空気と水分が取り除かれます。ゲージマニホールドを外し、配管のバルブを前回にすることで、冷媒ガスを流すようにしてこの作業は完了です。

5.室外機に配線の取り付け
室外機に配線を取り付けます。3本の配管を取り付け部の色に合わせ固定具を取り付けてください。配線カバーをつけて完了です。

6.エアコンを稼働する
コンセントにプラグをさして、試運転をします。問題なく動けば完了です。

この作業で一番大事なのは、真空引きの作業です。真空引きをしなければ、水分がエアコンの中で凍りつき、詰まりなどが起きてしまうかもしれません。この作業をしっかりおこなわないと、エアコンの故障や不調の原因になってしまうのです。しっかりと作業をおこないましょう。

もし、自分で作業をおこなうのが不安というときには、取り付けを業者に依頼しましょう。万が一、エアコンを壊してしまったら取り付け費用以上の出費となってしまいます。どこの業者に選べばいいのか分からないというときには弊社にお任せください。お客様に適した業者をご紹介いたします。まずはご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

業者を選ぶときに大切なポイント4つ!

エアコンの取り外し方法と取り付け方法をご紹介しましたが、どちらもコツがいり、間違えてしまうと故障の原因になってしまいます。そこで、信頼できる業者を選ぶために、費用以外にも大切なポイントをまとめました。これらのポイントを踏まえて自分にあった業者を探しましょう。

ポイント1.安すぎに注意

ポイント1.安すぎに注意

費用相場と比べて安い価格をうたっている業者も多くありますが、その場合には大抵は追加費用がかかります。必要な作業も「追加」となってしまうことから、結果として高くついてしまうことも考えられるのです。自分である程度取り外し・取り付けの作業ができる人なら、専門的なこと以外は自分でやれるため、お得に使えるかもしれません。

しかし、そうでない場合には、追加費用が重なってしまうことがありますので、依頼の前にしっかりと費用の内訳や作業内容を確認しておきましょう。

ポイント2.しっかり見積りをしてもらう

ポイント1でも触れましたが、追加費用がかさんでしまうと想定以上の設置費用となってしまうことがあります。そうならないためには、しっかり見積りをしてくれる業者に依頼しましょう。見積りは無料という業者もあります。エアコンの状態を確認してもらい、追加費用のないように見積りで費用の概算を出してもらえたら安心です。

ポイント3.サイトや口コミを確認する

業者の公式サイトや口コミを確認してみましょう。最近では、業者の名前を検索することで公式サイトや口コミが確認できます。しっかりした会社なのか・口コミは悪くないのかなどを確認してみてください。

ただし、口コミは当事者によって状況が異なるため、とくに費用は参考程度にとどめておくのが無難です。

ポイント4.取り付け後の保証があるのか確認

取り外し・取り付け業者では、作業後に不具合があったときには決まった期間なら、作業が原因の不具合は無償で対処してもらえるという保証をおこなっている業者があります。このような業者なら、万が一不具合があったときにも安心ですよね。業者によって異なりますので問い合わせましょう。

業者選びで困ったときには、弊社にご相談ください。いつでも電話相談を受け付けています。エアコンに関するお困りごとがある方へ、適した業者をご紹介いたします。まずは、お気軽にご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a