電気工事110番 トップページ > 地上デジタル放送視聴にはUHFアンテナが必須!住宅別の視聴方法

2019.12.03更新

地上デジタル放送視聴にはUHFアンテナが必須!住宅別の視聴方法

新しい戸建ての家やマンションに引っ越した場合、地上デジタル放送を視聴して楽しみたいと思うかたも多いのではないでしょうか。地上デジタル放送を視聴するためには、通常はUHFアンテナを設置しますが、それ以外にも方法があります。

UHFアンテナを設置したい方は、業者に依頼しましょう。UHFアンテナはおもに屋根上に設置するため、そのような高所に素人が設置するのは危険だからです。

本コラムでは、戸建てと集合住宅それぞれで地上デジタル放送を視聴する方法やテレビに映像が映らない原因と対処法を解説してあります。ぜひ参考にしてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

地上デジタル放送の視聴方法【戸建て編】

アパートやマンションのような集合住宅ではなく、戸建て、すなわち独立した一軒家で地上デジタル放送を視聴するためにはUHFアンテナの設置が必要です。そして、UHFアンテナの設置は場所によって業者に依頼したほうがよい場合があります。

ここでは、UHFアンテナの種類、設置工事の依頼先を紹介していますので、アンテナ選び・設置工事業者選びで迷われている方はぜひ参考にしてみてください。

受信にはUHFアンテナが必要

受信にはUHFアンテナが必要

地上デジタル放送を受信するためには、UHFアンテナが必要です。UHFアンテナには屋外用のアンテナと屋内用のアンテナがあり、屋外用のアンテナのほうが、電波を受信する力が強いです。電波が強くない地域では屋外用のアンテナを設置するとよいでしょう。

そして屋外用のアンテナの種類としては八木式アンテナと平面アンテナがあります。八木式アンテナは魚の骨のような形をしており、屋根の上や壁面に取り付けられます。一方平面アンテナは薄い箱型で、デザイン性の高いものが多いです。おもに壁面やベランダに取り付けられます。

屋内用のアンテナは、机の上において使用できるほどコンパクトですが、屋外用のアンテナよりも比較的電波を受信する力が弱いです。そのため、電波が強い地域でしか使用することができない場合が多いです。また、室内アンテナは設置方法が簡単で、設置場所も安全な室内であるため、業者に依頼する必要はほとんどありません。

しかし、屋外用のUHFアンテナは電波を受信しやすい高所に設置することが多く、足場が不安定で危険ですから業者に依頼したほうがよいでしょう。そんなUHFアンテナの工事の依頼先としては、おもに以下の4つがあります。

工事依頼先1.ハウスメーカー

UHFアンテナの設置工事の依頼先のひとつにハウスメーカーがあります。ハウスメーカーに依頼すると次のようなメリット・デメリットがあります。

・メリット
家を新しく購入する方法のひとつに注文住宅で購入する方法があります。注文住宅とは、ハウスメーカーに注文して家を建ててもらい、その家を購入するという方法です。この注文住宅によって家を購入する場合、建築段階でハウスメーカーに相談すれば、電波状態を考慮したうえで、自分が希望する場所にUHFアンテナを設置することができるというメリットがあります。

・デメリット
このようなメリットがハウスメーカーにありますが、その反面工事料金が高くなる傾向があります。そして、アンテナ工事後に不具合などがあっても保証をしてもらえないことがあるので注意しましょう。

工事依頼先2.ホームセンター

ホームセンターにUHFアンテナの設置工事を依頼すると、アンテナに取り付ける部品をホームセンターにあるもののなかから自分で選ぶことができます。

ただし、一般的にホームセンターで売られているアンテナや部品の種類は家電量販店よりも少なく、そのなかに自分が使いたいものがないことがあります。また、ホームセンターと提携している工事業者は受注する件数が少ないため、スムーズに作業できないことがあるというデメリットがあります。

工事依頼先3.家電量販店

家電量販店の多くは大会社であるため、知名度が高く、安心感があります。また、UHFアンテナの設置工事代金をポイントやクレジットカードで支払うことができますので、支払方法にバリエーションがあるというのも家電量販店に依頼するメリットのひとつです。

ただし、ハウスメーカーと同様にアンテナ工事後に不具合が発生しても、保証してもらえないことがあります。また、エアコンの取り付けの繁忙期である夏は人手が足りず、アンテナ工事の予約を希望する日時にとれないことがあるというデメリットがあります。

工事依頼先4.アンテナ設置業者

アンテナ設置業者はアンテナ専門に工事をおこなっていますので、知識と経験が豊富です。そのため、ほかのどの依頼先よりも工事品質が高いですし、環境に応じた方法でUHFアンテナを設置してくれるというメリットがあります。デメリットは、アンテナ工事以外には対応していない場合があるということが挙げられます。

アンテナ設置のことだけを考えると、依頼先のなかでもっともオススメなのは、「アンテナ設置業者」です。どの業者に依頼しようか迷われている方は、アンテナ設置業者に依頼するとよいでしょう。

どのアンテナ設置業者に依頼すればよいかわからない方は、弊社にご依頼ください。弊社にはアンテナに関する知識と経験が豊富な業者が多数加盟しておりますので、工事品質が高いお近くの業者を紹介することができます。通話は無料ですので、ぜひ一度お電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

地上デジタル放送の視聴方法【集合住宅編】

集合住宅で地上デジタル放送を視聴するためには、「共同UHFアンテナを使用する、光回線を利用する、ケーブルテレビで受信する」の3つの方法があります。これらの3つの方法で地上デジタル放送を視聴する方法をご紹介いたしますので、順にみていきましょう。

共同UHFアンテナがあるか確認しよう

共同UHFアンテナがあるか確認しよう

集合住宅に引っ越してきた場合、そこで地上デジタル放送を視聴するためには、まず共同のUHFアンテナが設置してあるかどうかを確認しましょう。共同のUHFアンテナがあれば、地上デジタル放送に対応したテレビ、または地上デジタル放送用のチューナー(電波を受信し映像化する装置) に接続して視聴することができます。

共同のUHFアンテナがなければ、集合住宅の大家さんか管理会社に相談して許可を得て、個人でアンテナを新たに設置するか、アンテナ以外の方法で視聴することになります。アンテナ以外の方法で視聴する場合、光回線もしくはケーブルテレビを利用することになります。

視聴方法1.光回線

光回線とはインターネット回線のことです。インターネット回線にはADSL、ケーブル回線、モバイル回線もありますが、これらの回線のなかでもっとも通信速度が速い回線が光回線なのです。そして、光回線がアンテナの代わりに地上デジタル放送を受信することにより、視聴可能になるのです。

光回線で地上デジタル放送を視聴する場合、大家さんまたは管理会社の許可を得て光回線を提供する会社から光ケーブルを引き込む工事が必要です。工事してもらうまで、申し込んでから約1ヶ月かかりますので、引っ越してすぐに視聴したい方は、できるだけ早めに申し込むようにしましょう。

視聴方法2.ケーブルテレビ

共同のUHFアンテナがなくても大家さんまたは管理会社の許可を得て、ケーブルテレビに加入すれば、地上デジタル放送を受信して視聴することができます。ケーブルテレビの場合も光回線と同様に工事が必要になりますので、申し込んでから工事までにどのくらい日数がかかるのかをケーブルテレビ会社に確認しましょう。

また、ケーブルテレビの伝送方式によってはケーブルテレビ局の専用端末がないと地上デジタル放送が視聴できない場合があります。そのため、加入する前に専用端末が必要か、専用端末の使用に料金が発生するのかなどを確認するとよいでしょう。

地上デジタル放送が映らないときの【症状別】対処法

地上デジタル放送が視聴可能な状態であるにもかかわらず、映らないときは症状に応じて対処しましょう。ここでは、症状別の対処法を紹介いたします。地上デジタル放送が映らなくて困っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

エラーコードが表示されている

エラーコードが表示されている

地上デジタル放送が映らず、テレビの画面に「E201」「E202」「E203」というエラーコードが表示されている場合は、エラーコードの意味をまず理解しましょう。そして、各エラーコードごとに適切な対処をすることで改善されることがあります。

・E201の意味と対処法
E201というエラーコードがテレビの画面に表示されたときは、アンテナが受信する電波のレベルが低いことが原因で、映らない場合があります。この場合、自宅の周辺に大きな建物が新たに建設されたか、木が大きく成長したことによって電波が弱くなっていることが考えられます。そのため、受信電波を増幅させるブースターという装置を設置することで映像が映ることがあります。

・E202の意味と対処法
このエラーコードが表示される場合、テレビに電波が届いていない可能性が高いです。そのため、まずアンテナが折れたり曲がったりしていないかを確認し、問題なければアンテナケーブルの接続具合を確認しましょう。アンテナとケーブルの接続部分が緩んでいれば、しっかり締めてください。ケーブルが断線していれば新しいものに交換しましょう。

・E203の意味と対処法
放送が休止されている場合、E203が画面に表示されます。この表示がでたら、まず番組表を確認しましょう。放送が休止されていなければ、テレビに電波が届いていないかもしれませんので、E202の対処法と同様にアンテナやケーブルに不具合がないか確認してみてください。

一部のチャンネルの映りが悪い

アンテナと電波塔との間に建物など大きな障害物がないにもかかわらず、地上デジタル放送の一部のチャンネルの映りが悪いときがあります。その場合は、住んでいる地域がテレビ局の放送サービスエリアから外れており、受信する電波が弱すぎることが原因かもしれません。

そのため、E201のときと同様に受信電波を増幅して電波を強化するブースターを設置してみましょう。設置しても改善されないようでしたら、業者に一度相談してみるとよいでしょう。

どの業者に相談してよいかわからないときは、ぜひ弊社にご相談ください。弊社にはテレビが映らない原因に詳しい業者が多数加盟しております。テレビが映らない原因がわからなくてお困りの方は弊社に一度お電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼

a