電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> テレビでBSが見れないときの対処法|原因を確認して正しい対処法を

2019.12.05更新

テレビでBSが見れないときの対処法|原因を確認して正しい対処法を

テレビのBS放送が見れないときは、具体的な症状をもとに、何が原因なのかを確認しましょう。それは原因によって対処法が異なるからです。

この記事ではBSが見れないときの原因と対処法を解説していきます。原因と対処法はたくさんあるので、ご自身で調べられる場合は、この記事を参考にしてみてください。すぐにでもBSを見られるようにしたいという方は、修理業者への依頼も検討してみましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

BSが見れないときの対処法一覧

BS放送が見れないときの対処法は、次のようなものがあります。

  • テレビがBS放送に対応しているか確認する
  • エラーコードを確認する
  • B-CASカードを挿し直す
  • テレビの設定で、アンテナへ電源を供給しているかを確認する
  • テレビを再起動する
  • 最新のチャンネル情報を反映させる
  • 配線が正しく接続されているか確認する
  • アンテナがBS放送に対応しているか確認する
  • アンテナの向きや角度を調整する
  • アンテナの近くに遮蔽物がないか確認する
  • 降雪時は、アンテナに雪が積もっていないか確認する
  • ブースターを使用している場合、アンテナレベルが適正か確認する
  • アンテナを買い替える/li>

このように対処法はたくさんあるので、自分ですべて試すのは大変かもしれません。ただし、テレビの症状によっては、どの対処法がよいのかある程度しぼることができます。よくある4つの症状と、そのときの対処法を紹介しますので、参考にしてみてください。

もしあれこれと試すのではなく、すぐに直したい場合は、やはり修理業者に連絡するのがおすすめです。弊社では修理業者をご紹介するサービスをおこなっています。ぜひ一度、ご連絡ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

症状1.地上波・BSともに見れない場合

まずは地上波放送もBS放送も見れないときに考えられる、原因と対処法から確認していきましょう。

テレビの調子が悪い

テレビの調子が悪い

テレビそのものが故障してしまえば、地上波放送・BS放送にかかわらずすべての放送が見れなくなってしまいます。それまでは地上波放送もBS放送も映っていて、配線などもさわっていないのに突然見れなくなってしまったという場合は、テレビの故障の可能性が高いです。

その場合は、テレビを修理に出すか、買い替えるかすれば、また見ることができるようになるでしょう。

B-CASカードが正しく挿入されていない

B-CASカードは地デジ対応のテレビを購入したときに同梱されているカードです。このカードをテレビに正しく挿入しないと、番組を映すことはできません。それは、著作権保護のために暗号化された電波を、B-CASカードがテレビに映るように変換しているからです。

対処法としては、B-CASカードが挿入されているかを確認することはもちろん、向きが正しいかや、ほこりなどで接触不良をおこしていないかなどを確認してください。ただし、近年ではB-CASカードの代わりに、ACASチップというテレビに内蔵されているタイプの受信機に変わったため、この場合はB-CASカードは使用できません。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

症状2.地上波は見れるがBSは見れない場合

次は、地上波放送は見れるけれど、BS放送が見れない場合の原因と対処法について解説していきます。

BSが見れる環境が整っていない

BSが見れる環境が整っていない

BS放送を見るためにはアンテナ・チューナー・ケーブル・テレビが必要です。そして、それらがすべてBS放送対応のものでなければ映りません。

ご自宅のテレビがBS放送対応かどうかはリモコンを見ればわかります。対応しているテレビであれば、リモコンにBS放送に切り替えるボタンがあるはずです。

また、そのボタンを押してもBS放送が映らない場合、代わりにエラーコードが表示されることがあります。このエラーコードがわかれば、BS放送が見れない原因が特定しやすくなるので、一度試してみるとよいでしょう。

アンテナの問題

BS放送を視聴するには、専用のアンテナが必要です。そのアンテナは一方向からの電波しか受信できない形状になっているため、アンテナの向きや角度などによっては、電波をうまく受信できなくなってしまいます。アンテナの向きや角度を調整できれば、BS放送が映るようになるかもしれません。

ただ、アンテナの調整は高所での作業ですし、意外と大きいので、作業するときには細心の注意が必要です。また、調整をしながらテレビが映るようになったかの確認もしなければいけないので、作業するときは最低でも2人以上でおこないましょう。

アンテナの向きには問題なくても、その周りに高い建物などの遮蔽物があると、電波を遮られてしまいます。この場合は、アンテナの設置場所を変えることになります。この作業は大変危険なので、業者へ依頼しましょう。

また、アンテナは外に設置されているため、天候の影響を受けやすいです。雪がアンテナに積もってしまうと、電波がうまく受信できません。また、雨風によってケーブルなどが劣化してしまうので、その場合は新しいものと交換することになります。

配線が間違っている

お使いの機器に問題がなくても、配線が間違っていては映りません。とくにアンテナとテレビの間に、レコーダーやチューナー、ブースターなどがあると、配線の数もかなり増えてしまいます。配線をつなぐ先があっているか、よく確認してみてください。

アンテナの電源供給できていない

アンテナの電源供給はテレビで設定することができます。もし、テレビで電源供給が「切」になっていると、アンテナへ電源が供給されていないため動きません。

電源供給について確認するには、テレビで本体設定のメニューを表示させます。そこにアンテナの設定に関する項目があるはずなので、さらにその中から電源供給に関する項目を探してみてください。

電源供給が「切」になっていたら、「入」に変更しましょう。もしはじめから「入」になっていた場合でも、一度「切」にしてテレビを再起動後、再び「入」にすると映るようになることもありますので、一度試してみてください。

分波器につないでいない

分波器は電波を周波数の高さによって分ける機器です。必ずないといけないものではありませんが、ご自宅のアンテナ端子によっては分波器が必要になってくることがあります。

アンテナ端子には、地デジ用とBS・CS用の2つあるものと、1つしかないものがあります。このアンテナ端子が1つしかない場合には、分波器が必要になってくるので用意しましょう。

ブースターの問題

ブースターは電波を増幅させる機器です。こちらも必ずないといけない機器ではないですが、電波が弱い場所でもこのブースターを使ってテレビを映るようにできるため、お使いのご家庭も多いでしょう。

しかし、このブースターが電波を増幅させすぎると、かえって正常に電波を受信できないことがあります。電波の強度はdBという単位で表され、衛生放送では50dB~81dBが推奨されています。

ご自宅の電波の強度は、アンテナの電源供給と同様に、テレビの本体設定メニューから確認することができます。メニューの中に「受信強度表示」といった項目があるはずなので、そこで数値を確認しましょう。もし、数値が81dBより大きい場合は、ブースターを調整して数値を調整してください。

症状3.一部のテレビだけBSが見れない場合

次は複数のテレビをご使用の際、一部のテレビでBSが見れないという症状です。この症状の場合は、先述の項目でも解説した原因が考えられます。詳しくは次のような原因です。

  • テレビが故障している
  • B-CASカードが正しく挿入されていない
  • 配線が間違っている

これらの原因が考えられるので、一度確認してみてください。

症状4.すべてのテレビでBSが見れない場合

今度は複数台のテレビを使用していて、すべてのテレビでBSが見れないという症状です。こちらも同じく、先述の原因が考えられます。

  • BSが見れる環境が整っていない
  • アンテナの問題
  • アンテナに電源供給できていない
  • ブースターの問題

このように、BS放送が見れない原因はさまざまですし、対処法もたくさんあります。これらすべてを確認するのは時間がかかりますし、アンテナの調整など大変な作業もあるので、BSが見れない場合は、業者へ相談することをおすすめします。

弊社では無料の相談窓口を用意しており、お客様のご要望に合わせた業者をご紹介しています。また、ご紹介させていただいた業者が現地調査にうかがい、無料で見積りをお出しすることもできますので、ぜひ弊社のサービスをご利用ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【アンテナに関する記事はこちら】

アンテナの利得ってなに?じつは重要なアンテナを選ぶ基準について!
BSアンテナにも寿命がある!映りが悪いと感じたら交換を考えよう
アンテナブースターの役割や選び方を知ろう!テレビをもっと快適に!
アンテナブースターの効果でテレビ映りが激変する!選び方・設置方法
アンテナの分配器とは?分波器、分岐器との違いと分配後のトラブル!
テレビの同軸ケーブルは無線化できる?テレビを無線接続にする方法!
テレビアンテナの修理方法は?故障の原因から業者の修理費用まで解説
BSアンテナの向き調整方法|スマホアプリ使用で設置もラクになる!
デザインアンテナのデメリットとは?アンテナ選びで迷った時の選び方
テレビアンテナの設置工事|UHFアンテナ(地デジ)以外の種類も
地デジアンテナを設置したい人必見!種類・価格・取り付け方法を紹介
パラボラアンテナ|BS/CSだけじゃない!特徴や設置費用について
UHFアンテナの種類と選び方|VHFアンテナとの受信電波の違い
VHFとUHF|VHFアンテナではテレビは見れない!?特徴・利点
TVアンテナの設置|UHF・BS/CS・4K/8Kの違いについて
テレビアンテナの種類にはどんな違いがあるの?設置できる場所や費用
テレビアンテナ設置工事は種類を決めて業者に依頼!費用相場もご紹介
BSアンテナを屋根裏に設置したらテレビは映る?適した場所の選び方
テレビアンテナ工事の設置方法と費用相場を徹底解説!【地デジ・BS】
BS/CSアンテナの設置マニュアル|手順・費用・工事の方法・調整
アンテナ設置工事の費用|地デジ・BS/CSから4Kテレビ対応まで
BSアンテナの室内設置は設置条件が重要!詳しい手順も解説します
BSアンテナの取り付けは地デジより簡単…設置場所・方向・手順紹介
BS/CSアンテナの設置条件と手順|4K放送受信に必要なものも!
テレビにe202が表示されたらアンテナが原因かも!対処法をご紹介
アンテナレベルを確認!地デジテレビが見れない原因と対処法について
強電界地域なのにテレビ映りが悪い!地デジアンテナの種類と選び方!
アンテナの台風対策を考えよう!アンテナが強風に負けたときの対処法も
室内アンテナって実際どうなの?購入前に知りたいメリットデメリット
地デジを室内アンテナで快適に!利点・注意点から屋外アンテナと比較
室内アンテナ大解剖!テレビで地デジ放送をスタイリッシュに視聴する
4K放送を受信するには、テレビの買い替えやアンテナ工事が必要?
地上デジタル放送視聴にはUHFアンテナが必須!住宅別の視聴方法
BSを見るには対応テレビとアンテナが必要!一軒家でのBS視聴解説
地デジ映らない原因と対策|テレビアンテナ受信レベルを確かめる方法
BSが映らない原因トップ3!自力でできる対処法をわかりやすく解説
テレビが映らない原因はアンテナ?症状別に対処法を解説します

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼