電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> コンセントプラグの交換方法!コンセントのトラブルチェック3つ紹介

2019.12.11更新

コンセントプラグの交換方法!コンセントのトラブルチェック3つ紹介

電源が入らなくなったり、電源コードが接触不良を起こしてしまったりしたときには、コンセントプラグを交換してみましょう。しかし、まずはなぜトラブルが起こってしまっているのかの原因を突き止める必要があります。また、コンセントプラグの自力交換は失敗やリスクをともなうことがあるので、手順や注意点をよく確認しておこなうことが重要です。

この記事では、自力でコンセントプラグを交換する方法や道具をご紹介していきます。あわせて、コンセントプラグを交換しても解決しなかったときの対処方法もみていきますので、ぜひ参考にしてください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コンセントプラグの交換方法

電気に関する工事をおこなうときには、電気工事士の資格を必要とします。しかし、コンセントプラグを交換する際には資格は必要としないため、DIYでもおこなうことができます。しかし、自力でおこなうには危険性もともないますので、かならず手順を守り、安全を確保しておこなうようにしましょう。

この項目では、コンセントプラグを交換する際に必要な道具や手順、また、自力で交換をおこなう際のリスクもご紹介していきます。コンセントプラグを交換する前にはぜひご確認ください。

道具の準備

道具の準備

コンセントプラグの交換を自力でおこなう際に必要な道具は以下のものです。

  • 新しいコンセントプラグ
  • ニッパー
  • ワイヤーストリッパー
  • プラスドライバー

ワイヤーストリッパーとは、コンセントプラグの配線をカバーしているビニールをはぎ取る際に使用するペンチのようなものです。普通のペンチやカッターナイフでも代用可能ですが、ワイヤーストリッパーはより簡単、安全にビニールをはぎ取ることができるので、あると便利です。

コンセントプラグ交換の手順

それでは早速、コンセントプラグの交換方法をみていきます。

  1. コンセント本体からコンセントプラグを抜く
  2. コンセントプラグについている電気コードをニッパーで切り落とす
  3. 2本くっついた電気コードを5~8センチメートルほど割く
  4. 新しいコンセントプラグを用意し、割いてふた手にわかれた電気コードをプラグに合わせ長さ確認をする
  5. 長さの確認ができたら、ワイヤーストリッパーを使用して電気コードのビニールをはぐ
  6. 新しいプラグに留まっているネジをプラスドライバーで外し、中のネジも緩める
  7. 端子のネジに右回りで銅線を巻きつけていく
  8. 巻きつけできていない銅線のひげが出ていないか確認して、カバーをプラスドライバーで固定する

もし、銅線のひげが出てしまっていると、コンセントにプラグをつないだ際に火花が散ることがあります。注意して巻きつけ作業をおこなうようにしましょう。

自力交換をおこなうリスクも知っておこう!

前述にもあるとおり、コンセントプラグの交換をおこなう場合には資格は必要ありません。しかし、自力で交換をおこなう場合には、失敗してしまったり危険性がともなったりします。

〇失敗例

  • ワイヤーストリッパーで電気コードをはぐ際、サイズを間違えて銅線が切れてしまうおそれがある

〇危険例

  • 銅線のひげが出たままコンセントにプラグをつなぐと、火花が飛び散る
  • 火花だけにとどまらず、火災が起こってしまう場合もある

分解や改造をともなうコンセントプラグの交換ですが、上記のような失敗をしてしまうとメーカー保証を受けられなくなる場合があります。自分での交換に自信がない場合は、無理せずメーカーに相談するようにしましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コンセントプラグを交換しても改善しないときは

コンセントプラグの交換をおこなっても電源を入れることができなかったり、コンセントプラグが発熱していたりする場合には、コンセント本体が故障しているおそれがあります。コンセント本体を修理する際には電気工事士の資格を必要とするため、基本的にはDIYはできません。コンセント本体の交換は、資格を保持した業者に依頼しましょう。

ここからは、コンセント本体が故障しているのかどうかを確認する方法をご紹介していきます。業者利用が必要かなと思ったら、こちらの内容をご確認ください。

コンセントの故障を確かめる方法は3つ

コンセントの故障を確かめる方法は3つ

コンセントが故障しているかどうかは、以下の3つの手順を順番におこないましょう。大切なのは、故障をしているのがコンセントなのか、コンセントにつながっている電化製品なのかを見極めることです。

■ブレーカーが落ちていないか確認してみる

ブレーカーが落ちていると、建物全体に電気が通っていない状況になるので、電化製品をコンセントにつないでも使用することができなくなります。ブレーカーは電気を使いすぎると自然に落ちるものですので、まずはブレーカーが下がっていないかを確認するのが先決です。

ブレーカーが上がっていて、部屋全体に電気がいきわたっている場合(ほかの電化製品は使える場合)にも、電化製品が使えない場合は、コンセント本体が故障しているおそれがあります。原因究明のため、次のチェックに移りましょう。

■別の電化製品のコンセントプラグを挿しこんでみる

ブレーカーが原因ではないということがわかったら、次は、故障しているかもしれないコンセントに別の電化製品のコンセントプラグを挿しこんでみましょう。このとき、新しくつないだ電化製品が問題なく使えたら、問題はコンセントにあるのではありません。もともと差し込んであった電化製品の配線に問題がある可能性が高いです。最後のチェックに移りましょう。

■もともとつながっていた電化製品を別のコンセントにつないでみる

最後のチェックでは、もともとのコンセントにつながっていた電化製品を、別のコンセントにもつないでみましょう。このとき、一度だけ使おうとするのではなく、別のコンセントを転々としながら何度も試してみるのが大切です。別のコンセントで数回電源がつくか試してみて、電化製品の電源がつかなかったり作動しなかったりする場合は、電化製品側が故障しているとわかります。

以上のように、一見コンセントの故障に見えても、実は電化製品のほうが壊れている場合もあります。上記の3つの手順を使って原因を確かめ、コンセントの故障だと確認してから対処をすると、よりスムーズな問題解決につながります。

コンセント故障のおもな原因

ここでは、コンセントが故障してしまう原因についてみていきます。

〇コンセントが寿命を迎えている
コンセントにも人間と同じように寿命があり、10年ほどといわれています。同じコンセントを使用し続けて不具合が生じている場合は、コンセントの寿命を疑いましょう。

〇コンセントを使用している環境がよくない
コンセントプラグをコンセント本体に挿しっぱなしにしている場合、プラグの上にゴミやほこりが溜まっている場合があります。そうなると、火災が起きてしまうなどのトラブルのもととなります。コンセントが故障しないためにも、プラグの上にほこりなどが溜まっていたらこまめに掃除するようにしましょう。

しかし、コンセントの交換が必要であるかどうか判断が難しい場合もあります。そのような場合には、プロの業者に調査を依頼するようにしましょう。弊社は、全国に多くの加盟店が存在しますので、依頼者様に合った業者を手配することが可能です。業者選びに困っているという方はぜひ、弊社のサービスをご利用ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

コンセント本体の交換は業者に依頼しよう

ここからは、コンセントの交換をするうえで必要となる資格について、また業者を利用した際にかかる費用をご紹介していきます。それでは早速確認していきましょう。

コンセント修理・交換は電気工事の資格が必要

コンセント修理・交換は電気工事の資格が必要

先ほどもご紹介したとおり、コンセント修理や交換をおこなうためには、「電気工事士」という資格が必要になります。そのため、万が一コンセントプラグではなくコンセント本体にトラブルが起きてしまっている場合は、自力で修理をおこなうことができないのです。

もしDIYでコンセントの修理や交換をおこなってしまうと、3か月以下の懲役、または3万円以下の罰金が科せられてしまうおそれがあります。“資格がない”ということに限らず工事には危険がともないますので、身の安全を確保するためにも業者を利用するようにしましょう。

コンセント修理・交換にかかる費用相場

コンセント修理や交換にかかる費用は、6,500~20,000円程度となっています。かかる費用に関しては、修理や交換が必要となるコンセントの数によって異なります。

もともとコンセントがあった箇所の取り換え工事だと費用は比較的安く済みますが、まったく新しい場所へのコンセント増設工事になると、20,000円ほどかかる場合があります。

コンセントの修理や交換をおこなう場合には、複数社で見積りをおこなうようにしましょう。複数社で見積りをとることによって、自分に合った業者を見つけることが可能です。

もし、業者選びに迷ってしまったり急いでいたりする場合には、一度弊社にお問い合わせください。弊社には多くの加盟店が存在しますので、依頼者様のご要望に沿うことのできる業者をご紹介させていただけます。また、24時間コールセンターでお問い合わせを受け付けておりますので、いつでもご連絡していただけます。

費用に関して不安を感じているという場合にもご安心ください。弊社は、プロによる調査のあとに見積りを出します。どんな些細なご不明点にも迅速かつ丁寧に対応させていただきますので、ご都合のよろしいお日にちやお時間にお問い合わせください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【コンセントに関する記事はこちら】

新築のコンセントの位置は失敗しがち?便利な位置や高さはここです!
キッチンのコンセント位置は間取りと家電の数で考えよう!失敗防止策
コンセントの位置を考える!最適なコンセントの種類や設置のポイント
【DIY】コンセントカバーの外し方や交換方法を解説!注意点まとめ
壁コンセントの交換時期はいつ?交換方法から交換費用までご紹介
エアコン専用コンセントが必要な理由って?見分け方や設置時の注意点
200Vコンセントの増設工事は業者にお任せ!工事のメリットと内容
エアコン専用電源の必要性!コンセントの増設・設置工事の費用も紹介
住宅の床にコンセントをつけるメリット・デメリットとは?
エアコン専用コンセント不要論は間違い?必要性と増設工事の費用相場
電気自動車は充電用コンセントが必須!買う前に知っておくべき事とは
コンセントは分岐せずに増設しよう!コンセント増設のメリットとは
【トイレにコンセントがない!】ウォシュレット取付の際の対処法は?
屋外にコンセントを設置しよう!便利でかしこい設置の仕方と費用について
コンセント増設はマンションでもできる?3つの増設方法と設置計画
屋外にコンセントを増設したい!設置の仕方・便利な位置をご紹介
200V コンセント工事費用|100Vエアコンは損かも?電気代比較
防水コンセントの取り付け・配線工事にかかる費用とよりよい活用方法
コンセント増設・配線DIYでどこまでできる?事前に3つのチェック
コンセントの増設でお手軽リフォーム!配線方法・費用・場所・注意点
コンセントが通電しない場合
意外な原因!?コンセントから忍び寄る火災の影
コンセントにひび割れ、サビ…トラブル寸前のサインを知ろう!
たこ足配線が危険な理由を解説!たこ足配線でも大丈夫な場合もある?

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼