電気工事110番 トップページ > アンテナの分配器とは?分波器、分岐器との違いと分配後のトラブル!

2019.12.11更新

アンテナの分配器とは?分波器、分岐器との違いと分配後のトラブル!

テレビを増やしたい場合、アンテナの分配器の設置が必要な場合があります。テレビを見るためにはアンテナからの信号を受け取るテレビ端子(コンセントの横付近にある丸型の挿し口)が必要なため、端子が足りない場合は信号を分配して増やす必要があるのです。

このコラムでは分配器の仕組みと、分配器と似ている機器である分岐器、分波器についても解説します。分配器を設置したあとに起こりがちなトラブルについてもご紹介します。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビを増やすなら分配器を設置!BSを見るなら分配器の種類に気を付けよう

テレビ端子が足りない場合は分配器を使って端子を増やすことができます。また、分配器には種類があり、BSを見るかどうかで使い分ける必要があります。ここでは分配器の仕組みと種類について解説します。

分配器は電波信号を等分する機器

分配器は電波信号を等分する機器

分配器の役割はアンテナで受信した電波信号を等分して分配することです。テレビはアンテナで受信した電波信号をチューナーと呼ばれる機器でデジタルデータに変換し、映像として表示する仕組みになっています。

地デジであっても、電波信号の段階ではアナログデータで、チューナーはアナログデータしか受け取れません。アナログデータはパソコンなどのデジタルデータのようにそのままコピーすることができないため、テレビ端子を増やすにはアナログの信号を分配する必要があります。分配器はアナログの電波信号を等分し、各出力端子に分配する機器なのです。

分配器には2種類ある

分配器には1端子通電型と、全端子通電型という2つの種類があります。これらは電力を送ることができる出力端子の数を表しており、BS放送の視聴に関係しています。

BS放送に使われる電波は周波数が非常に高く、そのままではアンテナケーブルをほとんど通ることができません。そのため、BSアンテナには電波の周波数を変換する「コンバータ」と呼ばれる機器が取り付けられています。

コンバータを動作させるための電力はテレビから供給しなければならず、この2種類の分配器にはその電力を供給できるかどうかという違いがあるのです。

BSを見るなら全端子通電型

BSを各部屋で視聴したいのであれば、全端子通電型がよいでしょう。2つに分配する1端子通電型の分配器の場合、端子1(通電可能な端子)からの給電がなければコンバータが動作しません。つまり、端子2につながっているテレビでBSを視聴できるのは端子1につながっているテレビの電源が入っているときだけになってしまうのです。

迷った場合は、基本的にどの部屋からでもBSを見ることができる全端子通電型のほうが使い勝手がよいでしょう。ただし、1端子通電型よりも高価で、電波信号の損失が大きいという特徴があります。もし全端子通電型にしてからテレビ映りが悪いなどのトラブルがあった場合、アンテナ工事業者に相談して信号強度を改善してもらいましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

テレビの分配器・分岐器・分波器の違い

アンテナの分配器のほかに、分岐器、分波器と呼ばれる機器もあります。これらは外見と名前は似ていますが、役割が異なります。ここでは分岐器、分波器の役割について解説します。

分波器

分波器

分波器には電波を分けるという役割があります。テレビの電波には地デジ(UHF帯)と衛星放送(BS/CS帯)の2つの周波数帯があります。アンテナは別々になっていますが、家庭によってアンテナケーブルが別々になっている場合と、同じ1本のケーブルを使っている場合があります。1本のケーブルを使っている場合、地デジ用と衛星放送用でケーブルを分ける必要があります。

こういった場合に、地デジと衛星放送の電波信号を分ける役割をもつ機器が分波器です。ただ、最終的にはテレビのチューナー側でも必要な信号だけ抜き出すため、分配器で分けてそれぞれの端子に接続する方法で視聴できる場合もあります。

ただし、分配器では各端子から出力される信号強度が半分になってしまうため損失が大きく、映りが悪くなってしまうことがあります。分波器は電波信号の種類を分ける役割であるため損失が少なく、映りが悪くなる可能性が低いのです。

分岐器

分岐器の役割は文字どおり電波信号を分岐させることで、電波信号を複数に分けるという点では分配器と似ています。異なるのは、分けたあとの信号の強度の割合です。分配器では入力された信号を等分して出力しますが、分岐器では信号を9:1や7:3といったように分けるという違いがあります。

分岐器は基本的に、マンションやビルなどの大規模な建物で、分配数が多く、ケーブルが長くなる場合に使われます。分配器は必ず半分以下の信号強度になってしまうため、各端子ごとに分配器で分配していると、「2分の1、4分の1、8分の1……」というように減衰してしまい、アンテナから離れた端子の信号が極端に弱くなってしまいます。

アンテナから一度に全端子に分配すれば平等に分配できますが、今度は大量のケーブルが必要になってしまいます。そういった場合に分岐器を使って信号強度を少しずつ分けることで、各端子の信号強度を保つことができるのです。

分配器の代わりに分岐器を使うことはできる?

一般家庭で分岐器が必要になることはほとんどありません。分配器の代わりに分岐器を使うことも不可能ではありませんが、もともとの信号強度によっては分岐端子の信号強度が足りず、映りが悪くなってしまうおそれがあります。特別な理由がなければ分配器を使いましょう。

一般家庭でアンテナから離れたテレビの映りが悪い場合は、もともとの信号強度が低い可能性があります。その場合はより高感度のアンテナや増幅器を設置して信号強度を改善しましょう。信号強度に不安がある場合は一度業者に相談してみるとよいでしょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

分配したらテレビ映りが悪くなる!?その原因と対策

分配器を使ってテレビを増やすと、テレビ映りが悪くなる場合があります。先ほど解説したように、分配器を使用すると信号の強度が弱くなるためです。ここからは、テレビ映りが悪くなってしまう原因とその対処法についてご紹介します。

テレビ映りが悪い原因

テレビ映りが悪い原因

分配後にテレビ映りが悪くなる原因のほとんどは、電波信号が弱いためです。もともと1つの信号を分けて分配するため、新たに増やしたテレビはもちろん、問題なく映っていたテレビまで映らなくなってしまうこともあるでしょう。

そのほかに、端子の劣化や接触不良といった原因も考えられます。また、ケーブルが長すぎたり、より細いケーブルを使ったりした場合も、ケーブル自体の抵抗によって信号が弱くなってしまう場合もあります。

ブースターを設置しよう

映りを改善するには、信号強度を上げる必要があります。信号強度を上げるブースターを設置しましょう。ブースターとは増幅器のことで、その名のとおり信号強度を増幅することができる機器です。

注意点として、ブースターはアンテナのすぐそばの位置に設置するということがあります。分配後の配線につなぐことも可能ですが、ブースターは単純に入力された信号を強くするだけであるため、一度弱くなって消えてしまった信号を回復することはできないのです。映りが悪い場合は、アンテナにブースターを取り付けましょう。

ブースターの取り付け以外にも、アンテナを高性能なものに交換するという方法もあります。どちらの方法にするかは、費用や目的に合わせて決めましょう。悩んでいる場合の相談や各種機器の設置工事は弊社にご相談ください。アンテナ工事のプロを全国の加盟店の中からご紹介いたします。お見積りまで無料で承りますので、お気軽にお問い合わせください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 5.00 )
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼