電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> テレビの無線化は【無線LAN】を使えばすぐできる!必要なもの・方法

テレビの無線化は【無線LAN】を使えばすぐできる!必要なもの・方法

2021.08.26

テレビの同軸ケーブルは無線化できる?テレビを無線接続にする方法!

「テレビを無線化したいけど、どうすればいいのか分からない」とお困りではないですか?

テレビを無線化したいときは、無線LANを利用しましょう。

無線LANがあれば、ケーブルを使わずにデータのやり取りがおこなえるようになるため、必要なものを設置するだけで簡単にテレビを無線化することができます。

この記事では、無線LANを利用したテレビの無線化方法についてご紹介しています。また、その他の無線化方法もご紹介していますので、ぜひ参考にしてみてください。

もし、無線化するときに必要なものや配線方法がよく分からないということでしたら、電気工事110番にぜひご相談ください。電気工事110番では、配線作業などあらゆる電気に関するご依頼を承っております。

電気工事110番にお任せいただきましたら、面倒な作業をまとめておこなうことができるため、早めにお悩みが解決できます。電話は24時間365日受付ておりますので、いつでもご相談ください。

同軸ケーブルを無線化する方法

同軸ケーブルは、アンテナで受信した信号をテレビに送るために使用します。同軸ケーブルは受信した信号を外に漏らすことなく、また外部の電波を遮ることで効率的に信号を受信できます。テレビだけでなく、高周波の信号を必要とする無線機器などにも使用されるものなのです。

テレビを見るために重要な役割をしている同軸ケーブルですが、配線が邪魔に感じることもあるでしょう。テレビの裏にはレコーダーにつなぐ配線などもあり、テレビを壁際に置いているとホコリがたまりやすく掃除もしづらいですよね。

そこで、同軸ケーブルを使わなくてもテレビの信号を受信するために「無線化」という方法があります。ケーブルがなくなることで、掃除のわずらわしさが解消するだけでなく見た目もスッキリすることでしょう。

また、ケーブルをつなぐ端子が部屋になくてテレビが見られないという悩みも、同軸ケーブルを無線化すれば解決できるのです。テレビの同軸ケーブルを無線化するためには、いくつかの方法があります。それぞれに必要な機器や特徴について見ていきましょう。

DLNA対応の無線LANルーターを使う

DLNAとは、テレビやパソコンなどさまざまなメーカーの製品に共通して使うためのルールです。DLNAに対応しているテレビやレコーダー、パソコンなどに映像を電波で送信するため、無線LANにつなげることでアンテナがなくてもテレビ視聴が可能になるのです。

無線LANルーターがあれば、レコーダーとテレビが屋内の離れたところにあっても映像を送ることができます。スマートフォンでも活用できるため、楽しみ方はさまざまです。

DLNAに対応している機器同士なら、レコーダーに録画してある映像をパソコンやほかの部屋にあるテレビでも見ることも可能になります。

光回線やケーブルテレビを使う

光回線やケーブルテレビを使う

インターネットの通信回線として利用される光回線で、テレビを見ることができます。地上デジタル放送以外にも、BSやCSも受信することができます。パソコンにつなぐLANケーブルと専用のチューナーがあれば光回線でテレビの信号を送るため、アンテナ自体が必要なくなり同軸ケーブルもいらないのです。さらに、インターネットの接続環境も整います。

また、ケーブルテレビはケーブルテレビ局からの有線放送によってテレビを見ることができます。こちらもテレビアンテナが必要なく、BSやCSなど多数のチャンネルを使用することができるのです。

光回線やケーブルテレビを利用するためには、アンテナが必要ない代わりに月々の使用料がかかります。ご自宅の景観やインターネットの使用環境などを重視する場合におすすめの方法です。

室内用アンテナを使う

アンテナは、送られてきた電波を確実に受信するために屋外に設置されていることが多いです。しかし、地上デジタル放送に移行したことで以前よりも電波が届きやすくなり室内アンテナでもテレビの信号を受信することが可能になったのです。室内アンテナをテレビとつなげれば、テレビ端子が必要ありません。

室内アンテナは小型化してきていて、それほど邪魔にならずに設置することができます。ただし、電波の受信状況がわるい場所ではテレビが見られないこともあるため、利用するなら屋内の電波状況を確認しておく必要があります。

このように、テレビを無線化する方法はさざまざです。

しかし、「どの方法がいいのか分からない」と悩んでしまう方もいるかと思います。そのときは、ぜひ電気工事110番にご相談ください。ご紹介する電気工事業者が現地まで調査に伺い、最適な方法をご提案いたします

見積り後のキャンセルも可能ですので、ぜひお気軽にご連絡ください。

アンテナ端子の増設も視野に入れよう

ここまでテレビの同軸ケーブルを無線化する方法をご紹介してきましたが、機材や新たな契約が必要となり、費用が負担になることもあるでしょう。部屋にアンテナ端子がなくてテレビが見られないとお悩みなら、無線化とは異なる方法でテレビ視聴を可能にすることもできます。

アンテナがあるのに、部屋にテレビ端子がなければテレビが見られません。そこで、コンセントにアンテナ端子を増設するという方法があります。長い目で見ると、こちらのほうが費用を抑えられることもあるので参考にしてみてください。

アンテナ端子の増設にかかる費用と時間

アンテナ端子の増設にかかる費用と時間

コンセントにアンテナ端子を増設する際の費用や時間は下記の通りになります。

  • アンテナ端子増設の費用相場:約6,000円~15,000円
  • ブースター工事:約15,000円~18,000円
  • アンテナ端子増設にかかる時間:1~2時間程度

アンテナ端子の増設は電気工事業者などに依頼することができます。上記はあくまで目安ですが、もともとあるコンセントからではなく、新たに穴をあけてアンテナ端子を設置する場合や床下に配線を通す場合などはさらに費用が高くなるようです。

また、分配器といってひとつのテレビ端子からほかのテレビへ信号をわける機器があれば、複数のテレビが視聴できます。ただし、分配する数が多くなると信号の受信状態が弱くなってしまいます。信号の受信レベルを落とさないためには、電波受信を拡大させるブースターが必要です。

自分に合った方法でテレビを楽しもう

テレビの同軸ケーブルを無線化するためにはさまざまな方法があり、アンテナやケーブルをなくしてテレビを楽しむことが可能になります。しかし、無線化するためには契約による月々の支払いや工事費用がかかるものです。

アンテナ端子のない部屋にテレビを置きたい場合、室内の景観やケーブル配線のわずらわしさによる無線化にこだわらないのであれば、比較的費用が安く済むため増設をおすすめします。環境や予算にあった方法を選んで、より快適にテレビを視聴しましょう。

電気工事110番では、配線作業やアンテナ端子の増設・取替え工事などあらゆるご依頼に対応しております。

「配線方法がよく分からない」「自分の家の場合どの方法を選ぶのが最適なのか分からない」という方は、ぜひ電気工事110番にご相談ください。

電気工事110番では、全国に加盟している多数の電気工事業者のなかから最適な業者をご紹介いたします。業者による見積りは無料で、見積り内容にご納得いただいてから作業いたしますので安心してご依頼ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (4評価, 平均評価: 2.50 )
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼