電気工事110番 トップページ > トイレの換気扇はつけっぱなしでOK!こまめな切り替えは不潔の原因

2020.02.25更新

トイレの換気扇はつけっぱなしでOK!こまめな切り替えは不潔の原因

トイレの換気扇は、こまめに電源の切り替えをするよりも24時間つけっぱなしにしておくのが効果的です。

トイレは空気がこもりがちな場所なので、常に換気をおこなわないと湿気やニオイがこもります。湿気やニオイがこもってしまうと、壁紙にカビがはえたり悪臭が充満して空気が悪くなったりするおそれがあり、人の身体にとってよくない環境になってしまうのです。

そこで今回は、トイレの換気扇の効果とつけっぱなしにしておくメリットを紹介していきます。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

トイレの換気扇はつけっぱなしでも電気代はわずか

トイレの換気扇の電源をこまめに切り替えている方は、故障や電気代の心配をしているのではないでしょうか。しかし、トイレの換気扇は24時間つけっぱなしにしていても問題がないようにつくられている製品が多いのです。そのため、基本的に電源のつけっぱなしが原因で故障することはないでしょう。

また、トイレの換気扇は電気代もほとんどかかりません。トイレは空間が狭く小さなパワーの換気扇で空気の入れ替えができるため消費電力が少ないのです。24時間つけっぱなしにしても1日約2円しかかからないので、電気代の負担を気にする必要はないでしょう。

ファンの動きに不調があれば交換を

ファンの動きに不調があれば交換を

換気扇はつけっぱなしでも問題ないからといって、まったく不調が起こらないわけではありません。使用中にファンから異音がしたり稼働音が弱っていると感じたりしたら、換気扇の交換を検討しましょう。

トイレの換気扇は製品によって寿命が異なるため、一概に何年が交換の目安というものがありません。寿命が気になる場合は、製品の取扱説明書などに記載されている場合があるため、確認してみましょう。

また、製品自体の耐久性に関わらず掃除をしないなどメンテナンスを怠っていると、寿命が短くなって早く故障するおそれがあります。月に一度でもよいので、掃除をして清潔な換気扇を保ちましょう。

そして、換気扇の状態を見て交換が必要だと思った場合は、業者に相談しておこなってもらいましょう。換気扇の交換は電気配線の接続などをおこなうため、作業に電気工事士の資格が必要です。

業者選びに迷うようであれば、弊社にご連絡ください。資格を持った電気工事のプロをご紹介します。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

トイレの換気扇の3つの効果

トイレの換気扇は、つけっぱなしにしておいても問題ないどころかデメリットはほとんどありません。強いていうなら何度もつけたり消したりをしないことで、故障や違和感に気づきにくいことくらいです。

そこでここでは、換気扇をつけっぱなしにしておくメリットをご紹介します。トイレの換気扇にはおもに3つの効果があり、つけっぱなしにしておくことでこの効果をより活かすことができるのです。トイレを快適な空間にするために、換気扇の効果とつけっぱなしにしておく必要性を知りましょう。

ニオイを取り除く

ニオイを取り除く

トイレで用を足す際には、どうしてもニオイが発生します。そのニオイを取り除いてくれるのが、トイレの換気扇の役割としてもっとも知られていることでしょう。

狭い空間であるために、わずかなニオイでも放置しているとすぐにこもってしまいます。悪臭がこもったトイレを使いたいとは思いませんし、空気汚染は体調不良の原因になるので、ニオイの除去は重要なことなのです。

そして、ニオイがするのは用を足している間だけではありません。排泄物を水に流してもニオイまでその場できれいになるわけではないので、換気扇をつけっぱなしにして時間をかけて空気の入れ替えをおこなうことが大切なのです。

湿気を取り除く

トイレを含む水回りは、湿気がたまりやすいという特徴もあります。湿気の除去をおこなうのもトイレの換気扇の重要な役割のひとつです。

多少の湿気なら問題ないと思うかもしれませんが、湿気がこもると結露やカビの原因になります。結露が発生すればトイレ内に水滴が落ちて床や便器を濡らすことになり、カビは人体に悪影響を及ぼすのです。

カビが原因でぜんそくや鼻炎などを発症することもあるので、そういったアレルギー症状が出ないようにするためにも、換気扇の電源は切らないようにしましょう。

ホコリがたまりにくい

空気の入れ替えとともにおこなっているのが、ホコリの排出です。空気中には、細かいホコリがたくさん舞っています。掃除や換気をおこなわなければ、ホコリはたまる一方です。

しかし、常に換気扇の電源をオンにして空気の入れ替えをおこなうことで、ホコリは定着しにくくなります。目に見える清潔さを保つためにも、換気扇はつけっぱなしにしておくほうがよいのです。

上記のような効果が弱まったり効果を感じなくなったりしたら、換気扇が故障している可能性があります。換気扇の掃除をしても変化がなければ、業者に交換を依頼しましょう。

弊社では、換気扇交換をおこなう業者を迅速に手配できるように24時間365日ご相談の受け付け対応をしています。故障に気づいたのが深夜でも、できる限りの対応をいたしますので、ぜひご相談ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

トイレの換気扇交換費用|天井埋め込みタイプと壁付けタイプ

トイレの換気扇交換費用は、約1万~6万円が相場です。費用に幅があるのは、換気扇の種類が関係しています。トイレの換気扇には天井埋め込みタイプと壁付けタイプの2種類があり、工事の難易度が高いために天井埋め込みタイプの交換のほうが比較的高額になるのです。

また、換気扇交換工事には基本的に換気扇本体の金額も含まれているので、交換する換気扇の種類によっても費用が変わります。場合によっては、10万円を超える費用がかかる場合もあるので覚えておきましょう。

ただし、工事費などの詳しい内訳は見積りをとるまでわかりません。換気扇の交換が必要な方は、一度業者に見積りを依頼することをおすすめします。

費用を抑えるポイント

費用を抑えるポイント

トイレの換気扇交換の費用を抑えるポイントは2つあります。1つは、換気扇を自分で購入することです。通販サイトを利用したり中古品を購入したりすることで、換気扇本体の金額を下げることができる場合があります。

また、業者のなかには交換作業のみを請け負ってくれるところもあるので、安く換気扇が購入できる場合は、この方法を実践するとよいでしょう。

もう1つは、相見積りをとって工費の安い業者を探すことです。換気扇本体を安く購入できる場所を知らない、自分で適したものを見つける自信がないという方にはこちらの方法をおすすめします。

そして、そのときに活用していただきたいのが弊社のサービスです。弊社では業者のご紹介をおこなうことはもちろん、一度見積りだけでもとってみたいというご相談にも応じています。

ひとりで業者を探すよりは、弊社にご要望などを聞かせていただいてお近くの業者をご紹介するほうが手間も時間も省けるでしょう。弊社の多くの加盟店よりご要望に沿う業者をご紹介できるよう尽力しますので、まずはお気軽にお電話ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー
このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼