電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> エアコンの電圧は100Vから200Vに変更しても電気代変化なし!

2020.03.04更新

エアコンの電圧は100Vから200Vに変更しても電気代変化なし!

エアコンの電圧は100Vから200Vに変更しても電気代変化なし!

住環境に適したエアコンを設置するためには、100Vと200Vのエアコンの違いと分電盤の確認が必要です。

エアコンの電圧による違いや特性を知らなければ、どちらの電圧のエアコンが自宅に適しているのか判断することはできません。そして、200Vのエアコンが必要な場合は分電盤に200Vの電気機器が使える配線がされていることが条件になります。

本記事でエアコンの電圧の違いによるメリット・デメリットやエアコンの設置条件を知って、取り付けたいエアコンをトラブルなく設置できるようにしましょう。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコンの電圧は部屋の大きさで決めよう

設置するエアコンの電圧は、部屋の広さによって決めるのがおすすめです。8畳くらいまでの広さであれば100V、16畳以上の広さであれば200Vのエアコンが適切とされています。

しかし、9畳~15畳までの広さの部屋は100Vと200Vどちらがよいのか明確には決まっていません。以下の違いを参考にしてよいと思うほうを選択してください。

100Vと200Vのエアコンのわかりやすい違いは出力です。電圧は電気を押し出す力なので、電圧が大きくなると冷暖房を稼働させたときのパワーが大きくなります。つまり、冷暖房の効果が部屋に伝わる早さが違うのです。

これだけだと200Vのほうがよいと思うかもしれませんが、パワーが大きいぶん冷暖房が効きすぎるというおそれもあります。設置する部屋に適するものを自分で判断するのが難しい場合は、家電量販店の店員や電気工事の業者などに相談して適切なものを選ぶようにしましょう。

電気代はどちらも変わらない

電気代はどちらも変わらない

エアコン選択の際には、電気代も気になるポイントになるでしょう。しかし、基本的には100Vも200Vも電気代は変わりません。

電気代は、電圧×電流で導き出される消費電力や電気機器の使用時間などで決まります。そして、消費電力は電気機器によって決まった値があるので、電圧が変わっても対応する電流の値が変わるだけで電気代に影響はないのです。

ただし、広い部屋に100Vのエアコンを設置してしまった場合は、なかなか冷暖房の効果が部屋中に出ないために最大出力での稼働時間が長くなります。そのぶん電気代が高くなるおそれがあるので覚えておきましょう。

ここまでは電圧の異なるエアコンの特徴や選ぶ際のポイントをご紹介しましたが、どちらの電圧のエアコンを選んでも、業者に依頼して設置してもらいましょう。エアコンの設置は電気配線の接続があるため、電気工事士の資格を持った業者がおこなわなくてはならないのです。

弊社は、電気工事士の資格を持ったプロの業者を迅速にご紹介いたします。難しい手続きなどはなく、お電話にてお悩みやご要望を話すだけでよいので、ぜひお気軽にご利用ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコンを設置する前に分電盤を確認

設置したいエアコンが決まったら、自宅に設置できる環境が整っているかどうかを確認しましょう。最近は200Vのエアコンを設置する人も多くなっていますが、分電盤に引かれている配線が単相3線でなければ設置することはできません。

配線はブレーカーを見ればわかります。「30A」などの数字が書かれたブレーカーにつながっている配線を確認しましょう。単相3線は、電圧線2本と中性線1本の3本で構成されています。ブレーカーの上下に赤・白・黒の3色の電線が接続されていたら問題なく200Vのエアコンの設置が可能です。

しかし、接続されている線が白と黒の2本しかない場合は、単相2線という大きな電圧に対応することができない配線なので、100Vのエアコンしか設置できません。

なお、ブレーカーに書かれている数字が40A以上の場合は、基本的に単相3線になっています。配線が目視で確認できなくても、200Vのエアコンを設置できる状態になっているはずなので安心してください。

エアコンには専用のブレーカーが必要

エアコンには専用のブレーカーが必要

分電盤は、配線の確認だけでなくエアコン用のブレーカーがあるかどうかも確認しておく必要があります。エアコンは、電圧の大きさに関わらず基本的に稼働の際に必要な電力が大きい機器です。

ひとつの回路で使える電力には限界があるので、エアコンをほかの機器と同じ回路で使うと、電力が足りずにブレーカー頻繁に落ちるというリスクがあります。そのリスクを解消するために、エアコンには専用回路が必要なのです。

分電盤を見て、専用のブレーカーの有無を確認しましょう。専用回路がなかったとしても、追加工事をおこなえば問題ありません。エアコンの設置とともに、ブレーカーの追加も依頼しましょう。

200Vのエアコンはコンセントの形状にも注意

200Vのエアコンを設置する場合は、設置場所付近のコンセントの形状も確認する必要があります。一般的なコンセントは2つの穴が開いたものですが、200Vのエアコンを使用する場合は3つの穴が開いたコンセントが必要です。

コンセントの交換工事も業者にまとめて依頼することができます。事前にコンセントを確認しておいて、一度の工事ですべての作業が完了できるようにしましょう。

これまでにご紹介したポイントは、どれかひとつでも不足している点があればプロによる工事が必要です。少しでも不安なことがある場合は、すぐに業者に相談しましょう。

弊社では、エアコンの設置だけでなく付随するさまざまな工事に対応することができる業者をご紹介します。ご相談は24時間受け付けておりますので、ぜひ一度お電話ください。

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

エアコン設置やそれにともなう工事の費用相場

エアコンの設置は、引越しなどで新規設置をおこなう場合と交換をおこなう場合で費用が変わります。それぞれの費用相場をご紹介しますので、参考にしてください。

新規設置の場合は、エアコンの室内機設置以外にも配線や配管の接続、室外機の設置などさまざまな作業が必要です。業者ごとに細かい内容は異なりますが、前述したような作業をまとめて標準工事と呼び、多くの業者が1万円~1万5千円ほどで請け負っています。

そして、交換工事の場合はエアコンの取り外しと設置、古いエアコンの処分費用が必要です。すべて合わせて約2万円~4万円が相場とされています。

また、高性能のエアコンの設置を希望すると本体代金が高くなるので、上記の金額よりも費用は多めに見ておきましょう。

単相3線への切り替え工事

単相3線への切り替え工事

数字の書かれたアンペアブレーカーに接続されている配線を単相2線から単相3線に変更する場合は、ブレーカーや屋外につながる電線をつなぎ直します。費用相場は、約8万円です。

なお、単相3線への切り替えが必要な場合は、電力会社と契約しているアンペア数(ブレーカーに記載されている数字の大きさ)が小さいことがほとんどです。そのため、配線工事と同時に電力会社にアンペア数を上げる申請が必要になります。

電力会社への申請は、工事をおこなう業者によっては請け負ってくれる場合もあるので、申請が面倒という方はまとめて対応している業者を探して工事を依頼しましょう。

エアコン専用ブレーカー増設工事

ブレーカーの増設工事が必要だった場合の工事費用は、約1万3千円が相場です。ブレーカーをつけるだけでなく、専用の回路を増設することになるので、やや高めの費用がかかります。また、コンセントの交換は約2,000円が相場なので、あわせ

て覚えておきましょう。

エアコンの電圧の違いや適した機器の選び方、エアコンを設置する際のポイントなどをご紹介してきましたが、人によって選ぶ機器も必要な工事内容もさまざまです。複数の工事が必要な方は依頼先に困ることもあるでしょう。

そんなときは、一度弊社にご相談ください。弊社には、日本全国に数多くの加盟店が存在します。そのため、ご要望に応じて適切な業者を厳選してご紹介することができるのです。業者選びに迷ってしまうときは、弊社のサービスをぜひご利用ください。

【掲載料金は消費税を含んでおりません】

あらゆる電気のトラブルは電気工事110にお任せください!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

【エアコンに関する記事はこちら】

エアコンの除湿効果|冷房と除湿の違いや換気扇との併用について
業務用エアコンを選ぶ際に覚えておきたいポイントとは
この夏のエアコン省エネ対策はこれで解決!
エアコンの寿命は10~15年!買い替えのサインとお掃除方法まとめ
賃貸エアコン事情!設置・修理・撤去のルールと費用の負担者について
引っ越しのエアコン取り外し・移設工事の料金相場|業者選びでお得に
エアコン移設の費用ってどれくらい?料金の相場や工事方法も紹介
エアコンの取り付け手順を解説!エアコンや取り付け業者の選び方も
エアコンの修理は買い替えよりもお得!費用の比較と掃除・修理方法
エアコンの穴はどう開ければいい?開け方や費用、注意点を徹底解説
エアコンの取り付けをお得に!業者の選び方や工事の費用を確認しよう
エアコンの室外機|設置場所の条件や室外機カバーの取り付け方法
エアコンの取り付けをDIYでおこなう方法!注意すべきポイントも
エアコンの取り外しのリスクって?危険性や取り外し方法をご紹介
エアコンの取り付け時間の目安!取り外しなどの追加工事も確認しよう
エアコン取り付けを自分でする方法!費用も比較してから作業をしよう
DIYに挑戦!自分でできるエアコンの取り付け方を解説
エアコンの工事|取り付け料金の目安や追加でかかる料金について
エアコン工事費のムダはこう抑える!取り付け・配管・追加料金の相場
エアコン取り付け費用のめやす!安くすませるためのコツもご紹介
エアコンがつかない原因は故障以外にもある?原因に応じた対処法とは
エアコンが暖まらないからって故障とは限らない?原因ごとの解決法
【室外機がうるさい3つの原因】今すぐ室外機を静かにする対処法とは
エアコンのポコポコ音には消音バルブを!換気扇とドレンホースの関係
室外機が動かないのは故障?修理が必要な原因と不必要な原因について
エアコンの配管カバーが必要な理由!取り付け費用の相場もご紹介
エアコンのドレンから水漏れ!原因と自分で修理・掃除する方法を解説
エアコンホースの掃除で水漏れと虫の侵入防止!配管カバーで劣化予防
エアコンのドレンホース交換手順!劣化の原因や水漏れ修理について
エアコンのガスを補充する方法と料金の相場!症状の確認方法も解説
エアコンの真空引きの必要性と作業手順!DIYと業者どっちがいい?
エアコンのガス欠を見極めてチャージ・補充!冷房の効きが悪い方必見
お手軽ウィンドウエアコン!導入前の注意点と選び方を解説!
窓用エアコンの取り付け業者!安くするための方法と業者選びのコツ!
工事不要!窓用エアコンの取り付け方法を解説!隙間の対処法も紹介!

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (1評価, 平均評価: 3.00 )
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
利用規約プライバシーポリシー

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼