電気工事110番 トップページ> 最新情報・レポート> 電気スイッチ(家庭照明用)をDIYで交換する方法!業者に依頼したときの費用相場もご紹介

電気スイッチ(家庭照明用)をDIYで交換する方法!業者に依頼したときの費用相場もご紹介

2021.08.25

電気スイッチの交換方法!業者に依頼したときの費用相場もご紹介

「自力で電気スイッチを交換したけど、1ヶ所だけどうしても付かない!」

スイッチを自力で交換するなら、カバーまでにしておいて、配線作業は下手に手を出さない方がよいです。

というのも、そもそも配線を伴う電気工事には資格が必要で、感電のリスクを避けられる人物がおこなう必要があるからです。

この記事では、電気スイッチの交換方法注意点についてご紹介していますが、 スイッチを交換して不具合が発生してしまったなら、一度電気工事のプロに相談することをおすすめします。

感電や発火のリスクを回避しながら作業してくれるので、結果安全です。

電気スイッチの種類

電気スイッチはネットショップホームセンターなどで購入することができます。

スイッチには形状のほか、機能にもさまざまなタイプがあり、価格もバラバラです。安いものだとひとつ1,000円未満のものもあれば、高いものは9,000円近くすることもあります。

間違えて購入するとあとから買い直すなど無駄な費用が発生してしまうおそれがあるので、正しいものを選ぶようにしましょう。

この章では、電気スイッチの種類をご紹介します。交換しようとしているスイッチがどのタイプのものなのか確認してみてください。

ホタルスイッチ
電源が「切」の状態のときにスイッチ自身に付いたランプが点灯するスイッチのことをいいます。

暗闇のなかでランプが光っているため、スイッチの位置がわかりやすいです。トイレや洗面所、玄関先、階段などに設置されることが多いです。

パイロットスイッチ
ホタルスイッチとは反対に、電源が「入」の状態のときにランプが点灯するスイッチです。

パイロットスイッチは、電気の消し忘れ防止に効果があります。付いているのかがわかりにくい洗面台や換気扇などに設置されることが多いです。

パイロット・ホタルスイッチ
パイロットスイッチとホタルスイッチの両方の機能をもったスイッチで、「入」と「切」で光るランプの色が異なります。

消し忘れ防止につながるほか、1ヵ所でたくさんの照明を管理している場合に、点灯しているかどうかがわかりやすくておすすめです。

人感センサーつきスイッチ
人が通るとセンサーが反応し、スイッチを手で押さなくても電気を入り切りしてくれるタイプです。

トイレなどの消し忘れが多い場所に向いています。また、廊下のスイッチとして使うと、荷物を持っていてスイッチを押せないときにも自動で点灯してくれるので便利です。

換気扇タイマーつきスイッチ
換気扇と照明のスイッチがひとつになったタイプもあります。

なかには換気扇を自動で切ることができるものもありますので、省エネ効果が期待できます。

種類はさまざまで、換気扇のフィルター掃除のタイミングを教えてくれる機能があるものまであります。ご自宅のトイレやお風呂場の環境に合ったものを選びましょう。

また、スイッチには片切スイッチ「両切スイッチ」があります。

住宅の多くは片切スイッチが使われていますが、電圧の高い場所や水回りの場所は安全性の高い両切スイッチが使われていることがあります。

家のスイッチがどちらのタイプであるかは判断が難しいため、自信がない場合は部品の用意も業者に任せるのがおすすめです。

業者に依頼するときは、自分でスイッチを買って作業をお願いすることもできますし、業者に紹介してもらったものを購入することもできます。

作業代とスイッチ本体代のほかに、部品代もかかることを覚えておきましょう。

新しい壁スイッチへの交換を検討する場合、どんなスイッチがよいか業者に相談するとよいです。業者ならノウハウや知識をもっているので、環境にあったスイッチを提案してくれます。

また、スイッチを押したときに硬いと感じたりグラついたりしている場合は、故障する前兆ということもあります。業者に一度点検してもらいましょう。

配線に触れる作業は「電気工事士」の資格が必要!

電気スイッチの部品自体は手軽に手に入れることができますが、安易に自分で交換してはいけません。

なぜなら、電気スイッチを交換するときにおこなう配線作業は「電気工事士」の資格が必要と法律で定められているからです。

無資格で配線工事をおこなうと、3ヵ月以下の懲役または3万円以下の罰金が科せられます。

一般的な家庭には100~200Vの電流が流れています。知識がないまま配線に触れてしまうと感電する危険性があるだけでなく、火事などの命に関わる重大な事故につながるリスクもあるのです。

電気工事士の資格をもっていないという場合は、電気工事業者に交換を依頼しましょう。

また、賃貸住宅にお住まいの場合は、大家さんや管理会社に連絡をしてください。勝手に業者を手配してしまうと、費用などについてトラブルになることがあります。

電気スイッチの交換のご依頼は、ぜひ弊社をご利用ください。全国の加盟店よりお近くの電気工事業者をお探し、ご紹介させていただきます。

電話は24時間受け付けておりますので、お気軽にご相談ください。

DIYで交換ができるのはスイッチカバーまで

修理で済めば費用を安く抑えられることもある

電気スイッチ自体の交換は配線作業が必要になるため、資格がないとおこなうことができません。

しかし、スイッチカバーのみなら配線に触れることがないので、無資格でも交換することができます

スイッチが故障しているのではなく、「カバーが汚れて気になる」「もっとおしゃれにしたい」といった理由で交換したいなら、カバーのみ自分で交換するのもおすすめです。

電気スイッチのカバーは雑貨店やネットショップ、ホームセンターなどで販売されています。

さまざまな種類があるので壁紙の色や部屋の雰囲気などに合わせて替えてみるのもよいでしょう。

スイッチカバーの交換手順
  1. カバーの表面と土台プレートの隙間にマイナスドライバーを挿し込み、カバーを外す
  2. 土台プレートの上下にあるネジを、プラスドライバーで外す
  3. 新しい土台プレートをネジの穴に合わせ、そのままプラスドライバーでネジを締める
  4. 新しいカバーをかぶせたら完成

部屋の電気スイッチを交換する方法

電気工事士の資格をもっている方は、電気スイッチの交換をおこなうことができます。

片切ホタルスイッチの交換手順は以下のとおりです。

準備するもの
  • プラスドライバー
  • マイナスドライバー
交換手順
  1. ブレーカーを落とす
  2. 1.ブレーカーを落とす

    感電の危険性があるため、ブレーカーを落としてから作業をおこないます。

    分電盤の右にある小さなブレーカー(アンペアブレーカー)から、交換しようとしているスイッチの回路を切ってください。

    どれがスイッチの回路なのかわからない場合は、スイッチをつけたまま右のブレーカーを順番に切ってみてください。

    電気が切れたところのブレーカーがスイッチの回路ですので、作業が終わるまでブレーカーは切ったままにしておきましょう。

  3. カバーと金属の取り付け枠を外す
  4. 2.カバーと金属の取り付け枠を外す

    カバーの表面と土台プレートの隙間にマイナスドライバーを挿し込み、カバーを外しましょう。

    土台プレートの上下にあるネジをプラスドライバーで外してください。土台プレートをそのまま外します。金属の取り付け枠にあるネジも外しましょう。

  5. 配線を取り外す
  6. 3. 配線を取り外す

    スイッチを裏返し、配線の横にある取り外し用の穴にマイナスドライバーを真っすぐ挿し込みます。

    そのまま挿し込みながら配線を引っ張れば、抜くことができます。

  7. 新しいスイッチを取り付ける
  8. 4.新しいスイッチを取り付ける

    新しいスイッチを新しい金属の取り付け枠に設置し、先ほど外した配線を新しいスイッチに挿し込みます。

    もう片側の配線も外し、同じように新しいスイッチに配線を挿し込みましょう。

  9. 金属の取り付け枠とカバーをつける
  10. 5.金属の取り付け枠とカバーをつける

    先ほどとは反対に、金属枠をネジで止めて、カバーを外したら完成です。

    ブレーカーを上げて、照明器具が点灯するか確認してみましょう。

電気スイッチの交換費用相場

電気スイッチの交換を業者に依頼したときの工事費用は、スイッチの種類によって異なります。

業者によって「施工費+商品代」で料金を表示している場合もあれば、「施工費のみ」で別途商品代がかかるといった表示をしている場合もあります。

そこで、スイッチの「施工費+商品代」で表示している業者の費用相場を出したところ、6,300円~となりました。

業者によっては、その他にも出張費処分費駐車代が追加されることもあります。

正確な費用が知りたいという場合は、見積りを依頼するのがおすすめです。

電気工事をおこなう業者に依頼をすると、スイッチの交換だけでなく、スイッチの増設スイッチの延長などの依頼も受けてくれることがあります。

電気スイッチを交換するタイミングで、使いやすい環境にするためにスイッチの位置を変えてみるのもよいですね。

電気スイッチ交換のサービス料金一覧はこちら

※上表の平均価格は、電気工事業者6社のホームページに記載されている料金の平均値を算出したものです。(2020年12月時点)

修理で済めば費用を安く抑えられることもある

配線に触れる作業には電気工事士の資格が必要

使用する頻度にもよりますが、一般的に電気スイッチの寿命は約10年といわれています。

スイッチは経年劣化していくものですので、普通に使っていても一定期間以上使ったら部品の交換や修理が必要です。

電気スイッチの故障した原因が配線の断線やバネ部品などの場合は、スイッチ自体を交換しなくても簡単な修理で済むことがあります。

その場合、交換より費用を抑えることが可能です。ただし、古いスイッチは部品がメーカーにないことがあるため、交換しなければいけない場合もあります。

不具合があるままスイッチを使い続けると、ショートして停電したり、場合によっては発火して火事になったりするおそれもあります。

もしスイッチに不具合が見つかった場合は、トラブルになる前に早めの対処をしておきましょう。

交換が必要になるのか修理で済むのかわからない場合は、業者に調査してもらうのも方法のひとつです。

弊社では全国の加盟店よりプロの電気工事業者をご紹介しています。現地調査や見積りを無料で対応している業者もございます。

交換が必要かどうか見てほしい」「どれくらい費用がかかるのか知りたい」といった場合もぜひお気軽にお電話ください。

電気スイッチを交換する業者の選び方

せっかく費用をかけて業者に依頼するなら、業者選びには失敗したくないですよね。

この章では失敗しない業者選びのポイントについて解説します。

費用が明瞭で見積りや作業内容を説明してくれる
料金設定があいまいな業者は、あとから追加費用が発生することがありまするかもしれません。

見積りの際に明細書の内訳までよく見て、不明なことがあれば質問をしましょう。優良業者でしたら、きちんと質問に答えてくれるはずです。

ホームページや利用者の口コミなどを参考にする
事前に業者の実績や口コミを確認しておくと安心です。実績やよい口コミが多い業者には信頼して依頼することができますよね。

また、高い技術力の証明になる資格を所有しているかどうかもチェックしておきましょう。

電気スイッチでお悩みなら電気工事110番にご相談ください

電気工事110番では電気スイッチの交換はもちろん、増設や修理など、あらゆる電気工事に対応しております。

どうしてもスイッチが付かなくて困った」「深夜だけどすぐ直してほしい」など、電気スイッチを交換してくれる業者をお探しの方は、ぜひご相談ください。

電気工事110番では24時間年中無休でお電話を受け付けております。

全国対応しておりますので、電気工事業者をお探しの方のご要望にそって、お住まいの地域の業者をスピーディーにご紹介しております。

いつでもお好きなタイミングでご相談いただいてかまいません。スイッチ交換でお困りがあれば、ぜひお気軽にご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (20評価, 平均評価: 3.00 )
読み込み中...
蛍光灯の交換から配線工事まで、あらゆる電気工事に対応!
通話
無料
0120-949-684 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼