電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > OA機器の増加に対応しましょう

2015.07.06更新

OA機器の増加に対応しましょう

近年、どこの会社でもパソコンを使わずに業務を行うことは少なくなってきました。簡単な文書作成から経理の管理、取引先との連絡、社内システムのコントロールなど、パソコンが無くてはならない物になっています。 更に、パソコンはそれだけでなく、プリンタやスキャナ、複数のディスプレイなど様々な機器を接続することで、更に有機的に活用が可能です。 これらは全て電気が必要な機器ですが、オフィス内のコンセントの数はきちんと足りているでしょうか。 そのオフィスが建てられた当時は、まだまだ使用する電子機器の数は少なく、元々あったコンセントだけでも十分な数を確保できていたかもしれません。 しかし、ここ数年で電子機器の数は増え続け、オフィスに1台だったパソコンが2台、3台と増え、いつしか社員全員分のパソコンが用意されることになったオフィスも多いでしょう。 そうなると、元々あるコンセントだけでは足りず、延長コードやタップを利用して無理やりコンセントの数を増やして対応をしている場合もあると思います。 タコ足配線は火災の原因や、供給電力の不安定化を招く上、万が一元々のコンセントを引き抜いてしまうと、そこにつながっていた全ての機器の電源が落ちてしまうという危険もあるので、早めに電気工事をしてコンセントを増設されるのがお勧めです。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼