電気工事110番 トップページ > 最新情報・レポート > VVFケーブルについて

2016.01.06更新

VVFケーブルについて

VVFケーブルとは、(Vinyl insulated Vinyl sheathed Flat-type cable)の頭文字をとったケーブルの名称であり、「600Vビニル絶縁ビニルシースケーブル平形」のケーブルです。ビニル被覆の外側をビニルシースで覆っただけの単純構造です。VVFケーブルは低圧屋内配線で非常に多く使用される電線で、概ね15A程度までの照明・コンセント回路への電源供給用ケーブルとして普及しています。2心・3心・4心の3種類が生産されており、2心と3心を主に使い分けて配線がなされます。場合によって単相2線式回路で3心ケーブルを使用し、1線を接地線として代用する場合もあります。単線のVVFケーブルは、1.6mm、2.0mm、2.6mmなどが生産されており、特に1.6mmと2.0mmのVVFケーブルが非常に広く使用されています。VVFケーブルは平形のケーブルですが、丸形のケーブルもあり、VVRケーブルとして普及しています。屋内専用配線で使用される場合がありますが、CVケーブルが安価で使いやすいため、VVRケーブルの採用は、あまり多くないと考えられます。 このように、電気工事には電気工事の知識を理解しなくては困難です。やはり熟練した電気工事のプロの業者にお願いするのが安心です。配線設備設置などにお困りの場合は「電気工事110番」へご連絡ください。

このページの内容がお役に立てましたら、下の星ボタンからご評価ください。
1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars (未評価)
Loading...
0800-600-0608

暮らしと電気のお得情報

更に詳しく▼