電気工事110番 トップページ > コンセント修理、どこに依頼?費用や業者の選び方

コンセント修理、どこに依頼?費用や業者の選び方

いい業者を見分けるポイント 費用を左右する条件と依頼前にやるべきこと

「普段使っている家電製品が使えない」「コンセントの接続が悪くなった」
日常的に使っているコンセントにこのような不具合が起きると、困ってしまいますね。

このようなトラブルが起きたときには、早めの修理が必要です。

これらのトラブルの原因はコンセントの故障が考えられます。そのままにしておくと漏電感電のおそれがあるのです。

コンセントの修理前に知っておきたいこと
コンセントのトラブルを修理するとき、電線を触る必要がある作業には電気工事士の資格が必要です。
危険な作業も多く感電のおそれもあるため、修理は業者に依頼するようにしましょう。

この記事では、コンセントの修理を依頼するときの業者の選び方や、費用を紹介していきます。

納得して修理を依頼できるよう、業者選びの参考にしてください。

目次

コンセント修理は資格が必要?修理業者のかしこい選び方

コンセントにコードを挿しても反応しない場合や、異常なほどに熱を持っている場合は、コンセントが故障している可能性があります。

そんなときにおこなうのが、コンセントの修理です。

コンセントは電気が流れているものなので、故障を放置しておくと漏電火災が発生してしまうおそれがあります。

コンセントに異変を感じたら、できるだけ早く対応しましょう。

そもそも、コンセント修理は自分でできるもの?

「費用が発生するから自分でなおしたい!」と考えている方もいるのではないでしょうか。

しかし、コンセントの修理は自分でおこなえる範囲が限られています。

コンセントカバーの交換は、電線を触る必要がないので自分でできるでしょう。

ただし、電線を触る必要のある修理は、電気工事士の資格をもっている人がおこなう必要があります。

むやみに自分で作業すると感電してしまう危険性もあるので、おこなわないでください。業者にまかせるのが一番安心で安全です。

故障の原因によって修理内容も変わってきます。原因を探してもわからない場合は、業者に相談してみると原因を特定できるかもしれません。原因がわかれば修理もスムーズです。

コンセント修理業者はたくさんある…どう選べばいいの?

コンセントの修理をおこなっている業者は数多く存在しているので、どの業者にしようか迷ってしまいます。

「たくさんのランキングがでてくるけど、結局どこに依頼するのがいいのか」「業者比較がめんどうくさい!」…このようなときは、いい業者を選ぶためのポイントを参考にしましょう。

電気工事士の資格を持っている
コンセントの修理は基本的に電気工事をおこなうことが多いです。そのため、電気工事士の資格をもっている業者に依頼するといいでしょう。

電気工事を正しくおこなえると認められた人に与えられるものなので、技術面で期待ができます。

ホームページを見る
事前に業者のホームページを見ておきましょう。ホームページを見ることで、業者の雰囲気や設定価格を知ることができます。

また、電話番号や住所などの情報がきちんと記載されているかも確認しておくとよいです。

対応をみる
実際に見積りや相談をしてみましょう。そのときに、業者の対応をチェックしてください。

質問に的確に答えてくれるかを気にしておくと、知識をもっている人なのかを見極めることができます。

事前に業者について調べて、業者を絞っていくと安心です。すぐに決めてしまうのではなく、他の業者とも比較して、慎重に選びましょう。

コンセントの故障原因はさまざま。的確・安心の対処は業者へ

コンセントが壊れる原因や症状はさまざまです。

最悪の場合、漏電火災につながってしまう危険性もあるので、できるだけ早く対応しましょう。

むやみにコンセントを直そうとして悪化してしまうケースや、ケガをしてしまうおそれもあるので注意してください。

コンセントに異変を感じたら、業者にお任せしましょう。

電気工事110番では安心して生活いただけるよう、的確な対処がおこなえる業者をご紹介しております。

現地調査や見積りを無料でおこなっている業者もございます。検討段階の方でも、ぜひ気軽にご相談ください。

コンセント修理の費用ってどれくらい?業者依頼時は見積もりをしよう

コンセントの修理を業者に依頼したときの費用についてご紹介します。

費用が発生するものの金額をひとつひとつ明確にすることで、全体的にかかる費用を計算することができるでしょう。

また、業者にコンセント修理を依頼する場合は、事前に見積りを依頼することをおすすめします。

見積りについては以下で詳しく解説するので、参考にしてみてください。

コンセント修理の費用は?影響するもの

コンセントの修理にかかる費用を紹介していきます。

以下のものの金額を明確にすることで、おおよその費用を計算することができるでしょう。

作業費(電気工事の有無)
業者によって発生する費用(出張費など)
部品や本体価格
屋内か屋外か

このようなもので、費用が決まってきます。

故障状況によって作業内容や購入するものも変わるので、まずは原因を調べることが大切です。

自分で原因や症状を見極めるのは知識がないと難しいのです。そのため、業者に見積りを依頼することをおすすめします。

見積りを依頼するメリットを下記で紹介していきます。

コンセント修理を依頼するときは何をしたらいいの?

上記で紹介した業者の選び方を参考に業者を絞ったら、次は見積りを依頼しましょう。

見積りをするメリットを解説していきます。

≪見積りとは?≫

見積りとは、その業者に施工してもらったときに発生する費用のことです。

業者によって費用は違うので、見積りを出しておかないと思っていた金額と違い、トラブルになってしまうかもしれません。

そのようなトラブルをなくすために、見積りをして費用の内訳などをしっかり確認することが大切です。

≪見積りをするメリット≫

事前に見積りをすることで、費用をわかったうえでまかせられるので安心です。

また、複数の業者に見積りを依頼して比較することで、多額の請求をしている業者を見極めることができます。

いい業者を選ぶためにも、見積りを依頼することはとても大切なのです。

コンセントの困りごとは電気工事110番にご相談ください

電気工事110番では、コンセントの修理や交換、配線工事など、電気関係のあらゆるご相談に対応しております。

「コンセントが壊れて早めに直してほしい」「コンセントの接続が悪いから点検してほしい」などがあれば、ぜひご相談ください。

電気工事110番では見積りや現地調査を無料でおこなっている業者をご紹介しています。

また、24時間365日お電話やLINEにてご相談いただける手軽さも魅力です。

電気工事110番は、トラブルを最短で解決するスピーディーさも兼ね備えており、数々の電気トラブルを解決してきた実績も豊富です。

お困りがあればお気軽に、ご連絡おまちしております。