電気工事110番 トップページ > 鳥取市の電気工事サービス

鳥取市対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社セイユーデンキ
有限会社セイユーデンキは、これまで多くの電気工事を行ってきた実績を持つ鳥取市の業者です。電気工事、と一言で言っても、その内容は多岐にわたります。最近特に増えているのが、IHクッキングヒーター用にキッチンにコンセントを増設して欲しいという依頼だそうです。ガスと違って火を使わず、温度調整やお掃除がしやすいということで急速に普及しています。また、家庭内で使用する家電製品の数が、家を建てた時点と大きく異なる場合、コンセントの数が足りないということも考えられます。その為に、延長コードやタップを多数使って電源を確保しようとする事も多いでしょう。しかしそういったことをしていると、いずれタコ足配線となり、過熱して火災を引き起こす原因になることも考えられます。また、1つのコンセントから取れる電気の量は限りがあるので、停電の危険も考えられます。有限会社長原電化工事はそういった家庭内の電気使用環境に合わせて改善していく工事にも対応してくれます。

鳥取市の年間電気代と深夜電力電気代は?LEDのメリットについて

2014年の政府の統計資料によると、鳥取市内の世帯が年間に支払っている電気代の平均額は10万3834円、そのうちの深夜電力の電気代は1,496円となっています。月別の支払額を見た時はそれほど高く感じていない人でも、年間の支払額を見ると高いと感じてしまうのが普通です。とはいえ、電気を全く使わずに生活するのはほぼ不可能ですので、諦めてしまっている人が結構たくさんいます。しかし、家庭で使用する電化製品を省エネタイプの物に交換することによって、月々の電気代をかなり安くすることが可能になります。 鳥取市に限らず、全国的に増えてきているのが、照明器具をLEDに変えることによって電気代の節約を図るケースです。LEDの消費電力は同じ明るさで比べると白熱灯の8分の1から10分の1、蛍光灯の2分の1程度になっています。最近は夜型のライフスタイルの人が増えため、照明器具の電気代がたくさんかかっている家庭が多くなっています。しかし、LED照明に変えることで簡単に電気代を節約することができます。また、LEDは耐用年数がとても長いので、交換する頻度を減らすことができます。LED自体の単価は高いため、LED照明に変えることを躊躇ってしまう人が少なくありませんが、長い目で見ると、蛍光灯タイプの照明器具を用いている場合よりも安上がりになる可能性があります。 鳥取市内には、LED照明の設置工事を得意としている電気工事業者がたくさんいますので、利用できる電気工事業者を見つけ出すことができずに困ってしまう心配はほとんどありません。しかし、実際には、全く付き合いのない業者に直接電話をかけるのは気が引けてしまうという人が結構たくさんいます。そのような人は、電気工事110番のコールセンターに電話をかけてみるとよいです。電気工事110番のコールセンタースタッフは、電気工事に関することであれば何でも懇切丁寧に相談にのってくれます。また、鳥取市内で営業している優良電気工事業者を無料で紹介してもらうことができるため、重宝することができます。

鳥取市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2015年05月18日
    エリア
    鳥取県鳥取市
    参考金額
    3,000円

    コンセントの差し込み口が焦げているような状態なので、修理に来てほしいというご依頼が寄せられました。そのコンセントはご自宅の室内に設置されているものとおっしゃいました。お見積りのお日にちはスタッフとのご相談を望まれており、折り返しのお電話をお待ちしますとのことでした。